TTAGGG

影と冬枯れ

d0103236_1741423.jpg


 幼心にも、日差しに照らされて地面にくっきりと刻まれる自分の影に生命を感じることなどなかった。
 だがしかし、大人になってみて思うに、死んでいるように見えて実は生きている生物があると知った。サンゴは石ではなく虫の一種であるのだから、もしかすると影も生きているのかもしれない、などと考えて空恐ろしくなることもある。

 恐ろしいといえば、冬枯れの木の佇まいも相応に恐ろしい。落葉して丸裸になった木に生命の息吹など感じられない。斧で斬りつければ生木が見えもしよう。だがそのままの姿は死を想起させてしまう。


d0103236_17413623.jpg


 そもそも、葉でさえ少し怖い。御存知のとおり葉は植物にとって光合成を行う命の源そのものの部位だが、「葉緑体」などと名づけられながらも、緑はいらないものなのだ。
 光合成するにあたって必要なのは光の三原色のうち黄と赤のみで、必要ない緑だけが透過して我々の眼に映るのである。だからあれは命の輝きなどではなく、植物の排泄物の色と表現してもおかしくはない。もっとも、排泄物も生命活動の一環ではあるのだが。

 そのような怖い木の、それも影となったらもう身震いが止まらない。いまにも影が分離して遊ぶ人たちに襲い掛かりそうな錯覚さえ抱いてしまう。公園にいる人々は僕がそんな恐怖に打ち震えながら歩いていることなど心に浮かびもしないのだろう。それがまとも。それが平和。
[PR]
# by Telomerettaggg | 2016-01-12 18:00 | SIGMA 30mmF2.8DN

無心で臨む

d0103236_3205936.jpg



 数ヶ月も更新しないかと思えば連日書くのもこのブログの特徴のひとつ、と言ってしまえば聞こえはいささかいいかもしれないが、実のところ面倒くさい病にかかってしまうといろんなことが瑣末に感じられてしまい、何もする気が起きなくなってしまうのだ。

 それから、急に文体が変わるのもこのブログの特色である。実は私、ですます調で文章を綴るのは非常に苦手なのだ。もともと語彙が貧弱な上に文体にこだわりがあるわけでもないから、連続して「ます」「です」「です」と連ならせてしまう。むしろ私自身がDEATHである。意味なしジョーク。

 やる気がないくせに新しい物好きで、いろんなサービスに手を出してしまう。
 現在このブログのほかにフェイスブック、ツイッターも長らく利用している。それに加えてインスタグラムもつい最近はじめることとなった。では、このブログはどういった利用方法にすればいいのか?

 ツイッターでは長文が書けない。つい昨日、どうやら140文字制限をなくし最大1万文字まで書き込めるようになる、という情報が持ち上がったが、そうなったら利用しなくなるだけのこと。ツイッターはあくまでも短文投稿が主目的である。
 フェイスブックはあくまで友人との交流プラス、日記のようなものを綴るだけになっている。いかんせん、40男の日常がそれほど変化に富んだものであるはずもなく、たまに起こった出来事を書く以外は友人のポストに「いいね」をクリックするか稀にコメントを残すのみとなりつつある。これはこれでよい利用方法なので特に異論はない。
 インスタグラムは写真を投稿するのみである。そこに芸術性もメッセージ性もなく、ただフィルム写真時代に撮り溜めたものを少しずつポストしつつ、スマホで撮ったものを織り交ぜていくようには、している。

 では、やはりこのブログは当初の目的どおり、写真と創作物語で行くべきか、との結論に達するわけだが、いずれにせよ毎日更新はない。自分にノルマを課すのが死ぬほど嫌いであるから、やりたいときにやるのが一番であろう。



 この件で急に思い出したことがある。私には3歳年下の妹がいるのだが、その影響もあって少女漫画も好きである。当時、かなりの人気を誇っていた、そしていまだに完結していない美内すずえの「ガラスの仮面」は私も相当引きつけられたものである。作者が亡くなるまでに完結するのかどうかは「王家の紋章」と並んで興味をそそる点ではあるが、それはさておき、ガラスの仮面では演劇が主題となっている。物語の主人公は少女二人であるが、サイドストーリーのひとつに忘れられないほど記憶に刻まれた話がある。

 舞台に立つにあたってサブキャラクタの青年に与えられた役柄は仏像を彫る「仏師」であった。彼は役柄をどう演じるか迷った挙句、実際の仏師のもとで生活することにより演技の糧にしようとする。仏師はどこかで修行をするわけでもなく、普段は役場に勤めている。妻と子供を愛し、数日、数十日の間全く仏像を彫ろうとはしない。ただ、一日のうちのわずかな時間、木の塊の前に座り、じっとそれを眺めるだけである。

 彼は言う。日常の中にこそ修行はあり、それは特別な場所に篭ったからといって見つかるものではない。ただじっと、優しく日々を暮らしていく中で、木の中に仏が見えるときが来る。その時が来たら、あとは余計なものをどかしていくだけです、と。

 そしてある日、こう言う。


 「仏像を彫りましょう」

 そこから仏師は一気呵成に仏像を彫り始める。
 仔細な描写はなにしろ25年以上前に読んだきりであるから違っているかもしれないが、大まかにはこのような話である。そして、なぜこんなに記憶に残っているのか、それは当時このシーンが非常に脳裏に焼きついていたため、妹と二人で「仏像を彫りましょう」ゲームをやっていたからであろう。

 ゲームと言うほど大層なものではない。ただ普段どおりの生活を送るだけである。そしてどちらかがそのことを忘れた頃になって、ふいに鹿爪らしい顔で「仏像を彫りましょう!」と宣言するのである。不意を突かれて笑ったら負けである。今思い返してもなにがそれほど面白かったのかは謎である。

 横道にそれてしまったが、要するにこのブログを書くにあたっては、前もってメモしたり書くことをまとめたりはしない。仕事を終え、帰宅後PCのスリープを解除する時までに、書きたいことが思い浮かばないときは更新しない。これをルールとしたい。普段は無心で過ごすのである。書きたいことがあるならばおのずと書きたい欲求のまま綴ればよい。メモしなければ覚えていられないほどの文であるならば書かなくてもよいではないか。

 書きたいことが物語であるか、はたまた撮った写真に対する講評であるか、あるいはなにがしかの言いたいことであるかはそのときにならねば判らない。極端な話、1ポストにつき写真を必ずアップせねばならないと言う事もないだろう。なぜかいつのまにかそれをしなければいけない、といった強迫観念で更新がストップした時もあった。

 いずれにせよ、思い立ったが吉日、である。
 このブログ内においてだけは、最低限のルールを守る限りにおいて私がルールであり、自分のやりたいことをやればいいだけの話なのであった。



 

More
[PR]
# by Telomerettaggg | 2016-01-07 04:10 | Zenfone5

あけましておめでとうございます

d0103236_340371.jpg



 松も明けそうな日になってしまいました、というより去年の9月から更新していなかったブログですが、お久しぶりです。そしてこのブログも9年目くらいに突入しました。

 まずは、明けましておめでとうございます。
 旧年中はいろんな出会いがあり、嬉しいことや、不勉強もあって失礼や迷惑もたくさんかけましたが、こうやって新しい年を迎えられたことを感謝、とか全然していません。ニヒルを気取るわけではありませんが、年が変わったからといって思いを新たにしたり、決意表明をする必要などないと思っています。毎日毎日が新たな旅立ちでもあり、いつも新しいことに挑戦したいと考えています。思いついたときが何事も始めるに相応しい時です。

 ですが、おめでたいと思っていないわけではありません。毎日朝を迎えられたことを感謝するのと同じくらいにはおめでたいと感じています。

 さて、なぜこんなひねくれた文章ではじまったのかというと、もとから当ブログを見てくださっている数少ない方は御存知かもしれませんが、このブログは他のSNSとほぼ連動させていません。わずかにツイッターに更新の呟きするくらいです。
 今回なんの気まぐれか、フェイスブックで数人の新たな友人に恵まれましたので、これを機会にFBとも連動させていこうか、と急に思い立った次第です。きっときまぐれですし、途中でまたあまり更新しなくなるかもしれませんが(というか毎日更新する気ははなからありませんが)、少しずつアウトプットしていこうかという気持ちになってきています。
 そして、数少ないFBのフレンドリストの中には、表面上取り繕わなくてはいけない人もいるわけです。そもそもFBは本音を吐き散らかす場所ではないと思っていますし。ですのでそういった人以外の方に私がどんなことを考えているのか、またたまに乱文ではありますが書き散らかす創作物がどういったものなのかを知っていただきたく、こういった形を取らせていただきました。FBから誘導された方もいらっしゃるかと思いますが、知らせたくない方には表示されない投稿にしています。

 以前からの知り合いの方も、これから仲良くなる方も、よろしくお願いいたします。
 よく、社会人になると仕事以外の知り合いを見つけるのは、特に友人を見つけるのは難しいなどと聞きますが、何のことはありません。自分が積極的に外に出ようとする意思さえあれば、そして他人の意見を謙虚に受け入れるつもりでいれば、見つかるものです。

 後悔先に立たず、などといいますが、同じ後悔でもやってしまった後悔とやらなかった後悔ならやらなきゃ損くらいの気持ちでいられたら、と今年の抱負を述べて締めさせていただきます。おい、最初と言ってること違うじゃないか、なんだその一年の計は元旦にあり、みたいな抱負は!といった苦情はスルーさせていただきますので、そこを御承知いただいた上で、当ブログとテロメアにお付き合いいただければ幸いです。
[PR]
# by Telomerettaggg | 2016-01-06 04:01 | Zenfone5