TTAGGG

オールドレンズでオールドバイクを撮る

d0103236_17504318.jpg

 大雪で災害対策本部が設置されているときに首相がテンプラ食べてたことを非難する人たちは、台風が来たときにジャニーズアイドル嵐の活動自粛も要請するのでしょうか?テロメアですこんばんは。微妙に遅れた時事ネタで攻めてみました。

 「オールドバイクを撮る」などと書いてしまいましたが2000年式のFTR223はほとんどそのままの姿で現行発売されているいわば、「今」のバイクです。年が明けて14年落ちになってしまいましたが、現役バリバリでエンジンブルブル絶好調♪です。足は上げませんけど。
 Fスプロケットをノーマルから1T上げて14Tにしたので、街乗りは非常に乗りやすくなりました。肝心の燃費は・・・まだ測れていません。このところの雪のせいで給油できるほど走っていないのです。もう少し暖かくなるのを待つしかないでしょう。

 さて、「オールドレンズ」ズマロンのほうです。こちらは「オールド」と胸を張っていえます。製造番号106万台は1953年の製造なので実に60年前のレンズと言う事になります。第2次世界大戦が終結したのが1950年なので、そのわずか3年後に作られたって事ですね。もちろん私も生まれていません。よくよく考えたら母が3歳のときだと考えると、やはり古いといわざるを得ません。お母さんごめんなさい。

 このレンズで撮る赤は、わずかに滲むような、鮮やかな赤になるのが気に入っています。カラー撮影することなど微塵も考慮されていなかったレンズ設計にもかかわらず、現代の最新デジタルカメラでこのような形で撮ると「温故知新」を感じることが出来るような気がしないでもないです。多分何も判ってないです。

 あと、さすがに背景に物が多いとボケが鬱陶しくなってしまいますね。主題とする被写体があるときは出来るだけ後ろに何もない状態で撮りたいものです。
 かと思えば木漏れ日のような背景は少し歪曲したぐるぐるボケでいいなあ、と思うこともありますし、このへんはなかなか難しいものですね。





 

[PR]
by telomerettaggg | 2014-02-28 18:11 | summaron 35/3.5