TTAGGG

Schott ダブルライダース618

d0103236_20300086.jpg

 英語には非常に疎いのですが、「EXILE」には放浪やさすらうものという意味があるそうです。ならば、何度も引越しや旅を重ねてきた私にはエグザイルに加入する権利があるってことですよね?むしろエグザイルのメンバーはずっと東京ですよね?テロメアですこんばんは。「追放された」という意味もあるそうなので私の場合そっちのほうかも。

 ほんの少し前のエントリでライダースジャケットを購入した書いているのに、また買ってしまいました。前回のはシングルで、お値段も数千円だったので質もそうよいものではなかったのですが、体にぴったりフィットするので気に入っています。

 週末になると雪や雨で全くツーリングに行けないので腐っていましたが、昼過ぎから曇天ながら雨が上がったので市内の探索がてら走っておりました。引っ越して早半年経つにもかかわらず、限定された範囲のお店にしか行く機会がなかったのです。
 少し走ると、看板だけは確認していたリサイクルショップで、そのライダースジャケットに出会いました。シングルを購入したお店は数も少なく、予算の中で買えるものが限られていましたが、ここは古着が店舗の半分を占めるほど多く、革ジャンも数十着ほど吊るされています。じっくり2時間ほど試着しながら悩みまくって618に決めました。

 Schottのダブルライダースといえばワンスターか618かというほど定番モデルなだけあって、数も売れているのでしょう。胸囲98で身長163の横に背が高い(物は言いようです)私の体型で38がぴったりでした。お腹は若干きつめですが、ウエスとベルトを締めればそれほど目立ちません。
 肩幅の広い人にはシングルよりダブルの方が似合う、と聞いたことがあるのですが、たしかにこっちのほうが私の好みです。そして、さすがに定価8万はするものだけあって、革や縫製がしっかりしています。

 古着とはいえ、あまり着られていないのか、そもそもカウハイドスキンの牛革だからなのか、かなり固めの着心地ですが、オイルを塗りこんで着込んでいけば体型にフィットしてくるでしょう。革製品には育てていく楽しみがあるのがいいですよね。






 

[PR]
by telomerettaggg | 2014-03-02 20:52 | SO-03D