TTAGGG

東北ツーリング2.3日目とシグマ30/2.8レンズの使い心地

d0103236_03555383.jpg

 今回の旅は初めから波乱含みでした。
 そもそも体調がすぐれないのにバイクに乗るなって話ですが、大事を取るほど酷いわけでもなく、さりとてあまり無茶をする気にもなれなかったので、先の予定はあまり決めずに出発して状況に応じてルートを変えていく事にしていました。

 2日目は新潟を4:30に出発。今日は弟が住む山形へ行くこの旅唯一の目的地があったため、比較的のんびり走ります。およそ160kmほどしか移動しないので急ぐ必要がありません。朝方の道路はガラガラでした。
 しかし体調はいまいちのままです。風邪は治っているはずなのですが、喉の微妙な痛みと痰が絡みやすい点だけが不安材料です。早めに山形に到着して温泉にでも浸かってゆっくりすることにします。
 昼前から弟家族に連れられて玉簾の滝を見に行き、夜は市内で飲んで終了。


 3日目。本来なら盛岡へ行くつもりだったのですが、天気も体調もまだ微妙なので次の楽しみにして仙台へ向います。この日も移動距離は200km弱です。
 10日以内の短期ツーリングだと、着替えは着ている分を含めて3日分しか持って行きません。途中で洗濯すればまず問題ありませんし、旅先で買うことも可能です。この日は青葉城址を見に行き、市内のコインランドリーで洗濯しながら宿を探しました。国分町にカプセルホテルを予約して16時にはチェックインすることができました。早めに入った理由は翌日以降に書きます。
 初めての仙台なので、牛タンのお店を見つけて晩御飯です。笹かまも食べることが出来ました。牛タンに関しては素直においしい、と思ったのですが、笹かまとはああいうものなのでしょうか?魚肉てんぷらとどこが違うのかいまいちわかりませんでした。(九州出身の私が言う「てんぷら」とはさつまあげのようなものを指します)いえ、おいしかったんですけどね。

 さすがに100万都市なだけあって、繁華街の国分町はにぎわっています。そのあと4件ほどはしごして痛飲してしまい、3時にホテルへ戻りました。お酒を飲んでも特に具合が悪くなるわけでもなく、今まで経験したことのない不思議な体調です。ちなみにこれを打っている今も、喉の痛みはほぼなくなったとはいえ、息を吐くとぜいぜいと音がして痰が絡みやすい状態です。ひょっとして私は死ぬのでしょうか?


 実のところ、4日間の旅で撮影した枚数は100枚にも及びません。バイクで走り始めると、走るほうが楽しくなってしまい、止まって写真を撮ることが面倒になってしまう時期のようです。
 それでも、新しく仲間になったSIGMA30mmF2.8DNレンズは非常に使い勝手のいいものでした。APS-Cサイズのセンサを積むNEX-3Nでは、フルサイズ換算で45ミリの画角になるため、標準レンズとして非常に親しみのある距離で撮ることができます。
 画質は文句なしにいいですし、AFモーターも速いとまでは言えませんが過不足ない速さで合焦します。付属のフードや正面から見たときのプラスチッキーな外観は安価ゆえのトレードオフとすべきでしょう。MF操作の際のヘリコイドも適度な抵抗があって使いやすいものでした。しばらくNEXでの写真はこのレンズがメインになるかと思います。

 このシリーズのレンズは他に18ミリ、60ミリも出ているのですが、中望遠の60ミリもちょっと欲しくなってしまいました。







[PR]
by telomerettaggg | 2014-08-17 04:24 | SIGMA 30mmF2.8DN