TTAGGG

灰色に埋もれる工場群

d0103236_1526291.jpg




うす曇の空の下に古い工場群を見るのが好きだ

なぜパイプがあんなにうねっているのだろう?

煙突から出る煙はいつか雲になるのだろうか?


工場が立ち並ぶ街で育ったボクは、そんなことを日々考えながら暮らしていた。

必要だからこそあの位置にパイプが這いまわり

必然性を持って煙突はその高さを設定され設置される

無駄を排した姿はスポーツカーでなくとも美しい

日々の稼動で錆が浮き

その場に鎮座したかのような姿が灰色の空に同化するとき

たとえようのない感情が沸き立つのだ。


それを郷愁と呼ぶには躊躇われる

つまり曖昧な世代
[PR]
by telomerettaggg | 2006-12-16 15:27 | SWH 15mm f4.5