TTAGGG

Leicaで初めて使うレンズ

d0103236_18871.jpg

ROLLEI CORD 3型+フジフィルム リアラ100 


Leica、と始めに書いておいて写真はLeicaで撮ったものでないのはご愛嬌として、カメラの質感、持ったときのフィーリングが良いLeicaであっても、とどのつまり、写りに関係してくるのはレンズとフィルムです。ボディは選択肢が少ないことと合わせて予算の関係もあるでしょうからある程度決まってくるとして、問題は、まずどんなレンズを選ぶか、という点になるのでしょう。

偉そうなことを書いていますが、私はそんなにLeicaレンズを所有しているわけでもないので、たわごと程度に聞き流していただきたいのですが、まず始めにLeicaを手に入れて、ではどんなレンズを手に入れるか、ということになります。

ご存知の通り、Leicaレンズ、と言ってもLeica社(古くはライツですね)以外からもいろんなレンズが発売されていました。アダプタを介して使用できるスクリュウマウントまで入れれば、それこそ無数にあるわけです。

私が始めて手に入れたレンズは、コシナのCOLOR-SKOPAR 35/2.5(C)なのですが、これが素晴らしくシャープな描写をしてくれるので、最初は「おお、Leicaとはいえどもこんな素晴らしい(現代的な)写りをするものなのだなあ」と感心したことを覚えています。
 でも、しばらくすると、そういう描写には飽きてきました。現代的な写りをするレンズならば、特別Leicaを選ばなくとも一眼レフで間に合うわけです。もちろん一眼レフでもレンズはさまざまですから一概にすべてがシャープである、ということではありませんが、ちょっと私が求めているものとは違うな、と感じたのです。

 話は前後しますが、私が始めて購入したレンジファインダカメラはLeicaではなくコシナのBessa R2です。2年間ほど使い続けて、皆がいいと言うライカのカメラとは果たしてどんな感触なのだろう、と手に入れてみたのが現在愛用しているLeicaM6なのですが、同時に手に入れたレンズがsummicron 50/2.0でした。
 現行型のこのレンズは、フードが内蔵されていて、見た目はちょっと格好悪いのですが、その描写は、解像度が高いのに、どこか柔らかさを感じさせる写りでした。

 私に相談してくる人は今のところいないのですが、Leicaレンズでまず最初になにを手に入れる?と聞かれたならば、迷わずおすすめできるレンズだと感じています。現行型とはいえ、レンズの設計は70年代、充分オールドレンズの部類に入るものが比較的安価で手に入るのですから、これは買い、だと感じます。安価とは言っても10万を少し下回るくらいなのですが、そのあたりは金銭感覚が麻痺しています。

 モノクロで撮りたい、と考えておられるのならば、ズマロンでしょうか。私はF3.5のレンズしか持っていませんから(しかも、この時代のLeicaレンズは個体差が激しいと聞きますので参考になるかも判りませんが)話半分くらいで聞いていただきたいのですが、初めてポジフィルムの仕上がりを見たときと同じくらいの衝撃を覚えました。

 でも、CANON LENS 35/2.0やCANON LENS 50/1.4、M-Rokkor40/2.0なども、いい写りするんですよ・・・
 写り具合など、それこそ好みの問題になってきますので、やはり自分で撮り比べてみないとなんとも言えない、というのが真実でしょうか。今まで書いてきたことが台無しですけれど。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-03-26 01:40