TTAGGG

グリップ

d0103236_22355449.jpg

ROLLEI CORD 3型+RVP shinsaibashi/osaka



LeicaM6をメインに使っています。
とても大好きなカメラで、愛着もあるのですが、難点が一つだけありまして、それはホールディングがあまりよくない、ということでした。持ちにくいわけではないのですが、ストラップを手に巻きつけて、数時間右手に持ち続ける撮影スタイルですと、当然ですが手が疲れてしまうのです。それで、これまでは長めのストラップで肩からたすきがけにしていましたが、これだとどうしてもシャッタチャンスを逃してしまうこともあります。

Leica純正のグリップを購入しようかとも思ったのですが、どうみてもプラスティッキーな質感と、それにそぐわない価格で、ためらっていたところ、 ディスカバーフォトでLeica用のMグリップが発売されていることを知って、注文することにしました。




d0103236_22435169.jpg

au MEDIA SKIN


黒いボディに黒い金属製のグリップはかなりしっくりくるデザインです。



d0103236_22461919.jpg

au MEDIA SKIN

持ったときの感触も上々。日曜日に数時間ほど街中でスナップしてきましたが、私が持っているレンズの中では比較的重いsummicron 50/2.0でも、あまり疲れを感じませんでした。
このグリップ、重さが110gもあるので、軽量コンパクトなLeicaの魅力をスポイルするのでは、との危惧からしばらく購入するかどうか迷っていましたが、持ちやすくなった分、あまり気にならなかったです。


 ただ、ここはちょっとなあ、と感じた点もあります。
 製品自体の精密度はあまり高くないです。底部とグリップ部分は2本のビスで留められていますが、削り出した跡がはっきり見えます。送られてきた時点では少しぐらつきもありました。(これは六角レンチで締めたらましになりました)塗装ですが、しばらく使用しているうちに剥げてくるような気もします。
 このあたりは、価格と考え合わせれば仕方のないことかもしれません。

 全体的には、非常に撮り心地が良くなったので、私は充分満足しています。撮る意欲が増加すれば、それだけで私は「買い」だと思います。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-03-26 22:59