TTAGGG

自分の目線

d0103236_231865.jpg



 現在、腰をほとんど曲げられない日々が続いております。
医者には、安静に、と言われたものの、全く外に出ないわけにも行かず(例えば買い物とか、通院とか)
それならばせっかく外出するのだから、カメラは持っていかないとなあ、という半ば強迫観念にも似た感情に支配されて、
散歩がてら目に付いたものを撮っているのです。

 ですが、前述したとおり、今は腰を曲げられません。
至近距離でのピント合わせでは、無理な体勢で撮ることもありますし、体を前後させることも多いので、現状では撮ることのできる体勢はかなり限られてきます。ほぼ立った状態で見下ろすか、目の高さにあるものだけです。

 なんとなく、常識的な視点という気がして、これまであまり撮っていなかったのですが、こういうのもありかなと思います。というより、多分こちらが基本であって、いままでどれだけ非常識な撮り方をしてきたかってことですね。マナーさえ守っていれば撮影スタイルに常識も非常識もないとは思いますけれど。

 私の身長は成人男性としてはかなり低い部類に入るので(底の厚い靴を履いて165そこそこです)自分の目の高さで見えるものは、180センチの人よりは低いものが、そして猫よりは高いものが見えています。この高さだからこそ見えるもの、見つけられるものがあるはずです。それは皆さんも同じことです。



d0103236_23122597.jpg




_ _ _ _ _ _ _

 全く関係ない話題で済みませんが、数日前から写真の下にカメラ、レンズその他の情報を載せていません。写眞はどの機材で撮ったから素晴らしい、と判断するものでもないですしね。ちなみに今日のはPENTAX K100Dとsmc TAKUMAR 28mm f3.5です。まあ、デジタルの場合はEXIFを見ることのできる方は判ると思いますし、そうでなくともカテゴリとタグを見ていただければ一目瞭然なんですけどね。 
稀に書くこともあるかと思いますが、それはカテゴリやタグに入れていない機材の場合だけですので、ご了承くださいませ。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-04-02 23:16 | smc TAKUMAR 28/3.5