TTAGGG

勘違い

d0103236_22361165.jpg

NEOPAN PRESTO400


  CONTAX167MTで撮るのはとても楽しいです。かなりの愛着を持ってこれから使っていけそうな予感がします。唯一の欠点は、というか私が単に慣れていないだけかもしれないのですが、レリーズボタンを半押ししてもAEロックが利かないことくらいでしょうか。
 電源オフの状態からスライドスイッチを一つ動かすと、中央部重点測光になるのですが、この状態では露出補正するしか手はないようです。マニュアル露出で撮ることもできますが、これも(先ほどのとはまた別の)スライドスイッチでシャッタスピードを可変させるので、ちょっとやりづらいのです。故障しやすいとも聞きますし、あまりさわりたくはないのですいや消極的。
 で、もう一段スイッチをスライドさせると、スポット測光、もう一段で動かすと、スポット測光でAEロックします。う~ん、むつかしい。もう少し訓練がいるようです。


 テストがてら撮り歩いたフィルム(モノクロ2本)を見ていて、私が思うよりもほんの少し露出オーバ気味のネガが上がってきたので(少しアンダなほうが好みなんです。カメラの露出計は正確だと思います)今回入れたフィルムはISO400のところを最初から25%だけ落とした感度設定(ISO320)にして撮り終わりました。
 167MTはフィルムパトローネのDXコードに対応して自動でISOをセットしてくれるのですが、2本目のフィルムを入れて、さて、もう一度同じように減感させようとおもって、ふと気づきました。

 ISO400のフィルムで快晴のときなら、計算上、感度分の16で1/400secになります。それを320にしたら1/320secでシャッタスピードは遅くなって出来上がるネガ(現像時間が同じなら)は逆にオーバ露出になるじゃないか、と。

 減感するつもりで、増感していたんですね、、、私。慌てて今のフィルムはISO500にしました。わりとアバウトな露出決定でも、自由のきくネガフィルムですからほとんど影響は出ていないと思いますが、ありそうでそう間違えないだろう、と思っていたミスをあたりまえのようにやらかしてましたね・・・。

 ちなみに、去年の12月は、LeicaM6で感度400のフィルムを使ったあとに100のポジフィルムを入れて感度設定し忘れたという経験もございまして(皆が通る道なのでしょか?)
 さすがに2段分もマイナス露出で撮影された数コマは見事にくらーい写眞になっておりました。


 わりとおっちょこちょいなんですよ。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-04-06 23:00 | Planar50/1.4