TTAGGG

まあるくなって

d0103236_13331094.jpg

オリンパス ミュウ



 キミはいつだってまあるくなって寝ていたね。時々ボクたちのところにやってきては、ご飯をもらったりする半ノラだったのに、その警戒心のなさ。もともとの野性味はどこにいったんだい?いつもそう思っていたよ。
 仲間たちはそんなキミのことを冗談交じりに「俺たちの食糧がなくなったら、こいつを猫鍋にしてくっちまおうぜ」なんて話しててね、それでキミについた名前が「ナベ」ってわけさ。

 キミはどこからやってきたんだろう?
 食べ物はなにが好き?
 なにして遊びたい?

 そう話しかけるボクの目を、不思議そうに首を傾げながら見つめてたっけ。
 言葉もわからないのにどうして話しかけるの?といわんばかりだったね。

 気まぐれなキミは、いつもどこかへ不意に消えてしまう。そして、ボクの心配もよそにして、突然帰ってご飯をねだる。お腹が満腹になったら、いつもの通り、膝の上でまあるくなって眠る。

 ずっとこんな毎日が続けばいいなあ、そんなことを考えながら、ボクはキミの背中を優しく撫でているんだ。

 そっと、こっそり、キミを起こさないように。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-04-09 13:45 | OLYMPUS μ