TTAGGG

使い分け

d0103236_2145994.jpg

kodak ELITE CHROME


 複数のカメラを持っていても、次第に使うカメラは決まってくるものです。無理にローテーションを組んで、昨日はキミだったから今日はあなた、みたいな使い方もいいのですが、結局気分が乗らずに枚数も進まないという経験が何度もあって、だいたい同じような組み合わせになってしまいます。


 LeicaM6+summicron 50/2.0

 これ以上のベストマッチはない、と言い切れるくらい気に入っています。レンズは現行型のフード組み込み式なので不恰好という方もおられますが、フードを引き出して使わないのであまり気になりません。カラーでもモノクロでもオールラウンドに実力を発揮してくれますし、独特の柔らかい描写がいいのです。

 
 CONTAX167MT+Carl Zeiss Planar50/1.4

 コンタックスのレンズはこれ1本限りなので、ずっとつけたまま。一般的にも評価の高いプラナー、やはりいいです。カメラボディもコンパクトながらズシっとくる重さで持ち応えがあります。シャッタ音は独特の金属的な音がしますが、そこもまた魅力です。


 持ち歩くのはこのどちらか、というケースが増えています。具体的にどんなふうな使い分けをしているのか?と聞かれると、答えられないんですが。双方似たようなシチュエーションで使っていますし。その日の気分で持ち出すのですが、AEで撮れる167MTとフルマニュアルのM6、構図が撮りやすいのとファインダで切り取る感を持てるのと、どちらにも気に入る部分があって、迷うこともしばしばです。
 ただ、あくまでも私見ですが、撮る枚数は167MTが多いとはいえ、実際出来上がった写眞を見て、おおっ、と感じるのは若干M6のほうが多いような気がします。主観ですけどね。

 おそらく、その日がちょっとじっくり撮ってみようというときにはM6、カメラの操作をなるべく考えずに撮りたいときは167MTにしよう、という選択が無意識に行なわれているのでしょう。

 複数台持ち歩くことも以前はよくやっていましたが、今では一台のみ、多くても押さえでコンパクトカメラを入れておくくらいです。レンズの交換すらしなくなりました。交換しようにも35・40・50ミリのどれかですし。よほど積極的に寄ろう、と考えない限りはその日の気分で選ぶだけでも充分いけるものです。



Nikonがかわいそうなことになっています。F4,FAと2台もありながら、ほとんど使っていない状態はもったいないですよね。レンズもなんやかんやで5本以上あるのですが。50/1.4とゼニター16mm f2.8(fish eye)くらいしか使っていない状況です。手放す気もないんですが、友人が一眼レフを手に入れようかな、などといっていましたので、長期貸与してあげようかな。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-04-23 22:06 | Planar50/1.4