TTAGGG

ノーファインダ撮影

d0103236_2251592.jpg

kodak PORTRA160NC  nagano


 昨日、今日と連続して風の強い日でした。スクータに乗るときも半キャップタイプのヘルメットに出来るくらい暖かい日だったのですが、風のせいで埃が巻き起こって目が大変なことになったテロメアですこんばんは。走行中目をつぶれませんからね。



さて、先日長野へ行った際、ご一緒させていただいた銀治さんが、まだ使ったことがないとおっしゃるので、ボクのsummicron50mmf2.0を短時間ですが使っていただいたところ、その写眞をアップしてくださいました。
その記事はこちらからどうぞ。

 街中スナップが撮影の大半を占めるのですが、人通りの多い路上でカメラを構えると、露骨に嫌がる人がいらっしゃいますね。いえいえ、別にそれが悪いということではありません。むしろ当然のことだと思っています。
 路上に立った男がカメラをこちらを向けてくる、撮られたくないからよける。ごく自然な反応だと思います。

 実際のところは、そうやって写真を撮っていても、特に気にも留めず通り過ぎていかれる方のほうが大半です。
 ボクの写真の中には、そうやって撮った、通行人の顔がはっきり写ったものも数多くあるのですが、それをブログでアップしてこなかったのは、単純にこれまでのエントリに乗せてきた全体の流れから考えて、あまりリズムが合わなかったから、というだけのことです。

 そろそろ、そういった写眞をアップしようかなとも思っているのですが。


 話を戻して、長野での撮影中、いつものとおり通行人にあまり警戒されないように、腰あたりにカメラを構えてノーファインダ撮影をしていました。警戒されないように、と書きましたが、それ以外にも歩きながらの撮影なのでなるべく歩調に合わせてブレを減らすことや、目線を下げることでの効果を狙った上でのノーファインダです。

 それを横目見ておられた銀治さん、駅のファーストフードでカメラ談義をしているときに、ボクの(テオの、ですが)K100Dを触っておられるなあ、と思ったら、こんなノーファインダ撮影されてました。お見事^^

d0103236_2385623.jpg

PENTAX K100D+FA43mm F1.9 Limited
撮影者:銀治さん
[PR]
by telomerettaggg | 2007-05-11 23:14 | summicron 50/2.0