TTAGGG

d0103236_13465472.jpg



朝、屋根を叩く雨音で目が覚めた。

時折激しく打ちつける雨は、なぜか耳に心地いい。

部屋のガラス越しに見る雨を見るのが好き。

テラスへ通じる戸を開けて、吹き込んでくる雨粒を手のひらに 頬に感じるのもいい。

苦しくはない。驟雨の中に立って 全身に浴びるような水滴に比べれば、

ああ、今日は雨か、そう考えながらぼんやりと外を眺めるボクはなんてのどかなのだろう。

いつの間にか雨は上がっていた。

けれどもうすぐ、アジサイの季節がやってくる。

カタツムリの喜ぶ梅雨がやってくる。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-05-17 13:53 | FA43/f1.9 Limited