TTAGGG

可変偏光の海

d0103236_12244269.jpg

NikonF3+Nikkor50mmf1.4 Ai-s neopan400presto shizuoka



その一つ一つが反射して波にさらわれて形を変えていくのをただ見ているだけのこと。
それだけのことが、こんなにもいとおしく思えるのはなぜなんだろう。
サングラス越しにも眩しい逆光気味の君はとても遠くて、近くて、そして遠い。

渚にて、君は蛹になって大きく羽化するのを待っている。
ボクはそれを見ている。

積み重なって、問い掛け合って、その燐粉で息が出来なくなるまで、見ている。
羽は美しく進化して、広がって、いまにもバタフライで空へ泳ぎだしそう。

でもね、もう少しだけ待って。もう少し離れないでいて。
願わくば、その「もう少し」が無限を刻むそのときまで。




**********************



さあ海へ行こう  きらきらと光るあの海を

ずっと二人で眺めていたいのに

波はざぶんざぶんと覆いかぶさって

離れ離れにしようとする

手をしっかりと握っていたいのに ギュッと抱きしめていたいのに

砂はどんどん削られて 足場はなくなってしまって

とうとう海に流されてしまうんだ

呼び求める大きな声は 潮騒に食べられてしまった

さあ海へ行こう  優しそうなあの海が

とたんにそっぽを向いて襲いかかる前に

離れ離れにして声も届かなくなる前に

二人で海へ忍び込むんだ

逆説の空回りの可変偏光の海へ





 
[PR]
by telomerettaggg | 2007-08-27 13:00 | Nikkor 50/1.4 Ai-s