TTAGGG

ずれ込んでいくパズル

d0103236_22483893.jpg






 なるべく明るいレンズを、そのためなら少しくらい重くなっても構わない、というのが少し前まであったのですが、腰を痛めてからというもの、今度は、できるだけ軽い機材にしなければ撮り歩くことができなくなり、いろいろと変更を余儀なくされています。
 といっても、買い足すほど経済事情に余裕があるわけでもなく、Nikkor50mmf1.2 Ai-sを処分して新たにレンズを買うことに。今日の写真はその新しい中古レンズです。表現がおかしい気もしますが、ほとんど初めてのズームレンズです。
 本当はこれ、買うつもりはなかったのですが、一眼レフカメラはF3のみ、レンズも売り払った一本のみで、このままでは撮影ができなくなるので、売ったお店でいろいろと物色することにしました。が、思うようにいい物が見つからず、まあ、これでいいか、となかば妥協して手に入れたものなんです。

 AFレンズですが、F3に装着できますし、いいんじゃないの、と思っていたんですが、あの明るくて見やすいスクリーンがやけにざらついて見えるのが気になって仕方ありません。
 やはり、単焦点レンズが必要だな、そう考えて地元のカメラ屋さんに足を運んで、ちょうどいいニッコールオートレンズを見つけました。こうなると、AF nikkorは必要ではなくなるのですが、そのときふとショーウインドウに並んでいたのが、操作性の悪さでは名高い、F70Dでした。裏ぶたが加水分解してベタベタになることでも有名なカメラですが、そのせいで、性能はいいのに安く売られていて、つい買ってしまいました。

 確かに操作はしにくいです。全ての操作がワンアクションではできず、なぜかフォーカススポットだけ特等席に設けられているという、妙なカメラですが、軽くて持ちやすくて、なかなかいい感じなので、暫く使ってみようかな、と思います。レンズとあわせても7000円なので、いつ壊れても惜しくないですし。ブンブン振りまわして使い倒します。


※F3に装着できます、と聞いて手に入れたnikkor autoですが、実は絞り込み測光しか出来ないことに気づいたのは、帰ってからでした。NDフィルタに開放オンリィで使う所存です。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-06-25 23:03 | Nikkor35-70/3.3-4.5