TTAGGG

notママチャリ?

d0103236_2432979.jpg

カジュアルスポーツってなに?(背景は気にしないでください)





 見た目ほとんどママチャリのマイバイクですが、そこはクロスバイク、スピードはそこそこ出ます。小学生の自転車集団を抜き去ったとき、「すげえ、めちゃ早えぇ~」という後方からの声を聞いてちょっと得意げになったテロメアですこんばんは。

 Chodaa Bloom Canaff-CS2.4のママチャリとは違う点

その1 前3段・後7段のシマノ製コンポーネント搭載している
 といってもシマノの製品一覧にも載っていないほど、一番下のランクですが。カセット式の後ギアは1000円くらいの安物です。それでも前48T・後14Tの最高ギアでケイデンス100回転まわすと時速40キロも出ます。(参考資料)シャカリキになって漕いで45キロまでは出ました。ほんの数百メートルでしたが。


その2 軽い
 一般的なママチャリは、おおよそ20キロ前後の重量があるのに対し、この自転車は14キロ。このくらい軽いと、漕ぎ出すときや登坂でびっくりするほど楽です。でも、もっとロードよりのクロスバイクは10キロほど。14キロというのはまだまだ重いほうになるでしょう。ちなみに、トップクラスのロードバイクになると総重量が6キロとかになります。人差し指一本で持ち上がる脅威の軽量。


その3 ブレーキ 
 ママチャリのブレーキはハブに内蔵されたブレーキ(カブなどの原付バイクのブレーキと構造はおなじ)ですが、ロード、及びクロスバイク(MTBも)はホイール(車輪)を挟み込んで減速するブレーキを搭載しています。いわゆる、カンチブレーキとかVブレーキと呼ばれている機構です。効きでいえばママチャリのものでも問題なしですが、重さの点でかなり不利。ただし壊れにくく、メンテナンスがそれほど必要ではないという利点があります。ボクのクロスバイクもVブレーキです。ただし、廉価版の自転車にありがちなTEKTRO製の安いグレードなので、効きはイマイチ(ぇ


 ということで、やはりボクのChodaa Bloom Canaff-CS2.4はれっきとしたクロスバイクであることがわかっていただけたかと思います。誰を納得させようとしているのかは定かじゃありませんが、たぶん自分自身をだと思います。


 次回は、ママチャリ的な部分を挙げてみます(ぉぃ
[PR]
by telomerettaggg | 2008-11-07 03:21 | RICOH caplio R5