TTAGGG

町へおいでよ どうぶつの森

d0103236_14493281.jpg





 今週末に予定していた引越しが都合によって早まってしまい、あと3日しか猶予がありません。慌てて荷物をダンボールに詰めつつ(でもすぐ近所だから超適当)ヤフオクの荷物発送の手配や各種手続きを平行処理しながら、なぜかどうぶつの森にはまっているテロメアですこんにちは。ハッ、警察署にいくの忘れてた・・・


 せっかくwiiをもっているのにwii fitは全く使わずじまいです。そもそも、自転車に乗ろうと思ったのも、周囲には説明が面倒なので「健康のため」などと言っていますが、本当は、単純に乗りたいから乗っているだけのことです。その結果として痩せるのは大歓迎ですが、痩せるために何かをする、というのが本末転倒に思えてしまうこのひねくれた性格。
 なのでトレーニングのためのローラー台にも全く興味がありません。
 人によっては、体を鍛えるということ自体が目的になるのでしょうけれど、ジムに通うなど僕には何のことやらさっぱりわかりません。
 そんな僕がwii fitのトレーニングを根気強く続けられるわけもなく、一月もせぬうちに、使いづらい体重計としての役割しか果たさなくなっていました。というわけで処分。

 もともとあまりゲームをするほうではありません。いちどはまるととことん集中してしまいますが、普段は他にしたいことが多すぎて、時間をとられるゲームにまで手が回らない、これが現状です。そんなある日、珍しく見たCM(テレビ番組は録画してCM飛ばしでみるのでめったに見ません)で夏帆さんがプレイしている町へおいでよ どうぶつの森を見たとたん、むしょうにやりたくなってしまいまして。

 ゲーム内容ですが、買う前には、現実世界と乖離した、動物たちの住む森で、のんびり暮らすだけのゲームだと思っていました。ときたま町に出かけたりとか(新しい機能らしいですね)
 始まるとすぐに、たぬきち商店のたぬきちくん(まうごとなき狸)が現れ、住む家を選ぶよう要求します。
 決めると、借金になるので返済するように言われます。ぉぃぉぃ、これってくれたのじゃなかったんかい、と無駄な抵抗の言葉を吐きつつ、素直に従うしかないわけで。
 このゲームは家の借金を返していくことがメインテーマのひとつになっているようです。返し終わったら即座に家を大きくしろよぉ~、と悪徳リフォーム業者のような勧誘。まさに守銭奴たぬきち。

 返済は、森になっている木の実や貝を拾ったり、川や海で釣った魚を売ることで行います。しかし、このゲームってどんな年齢層をターゲットにしているのでしょう?「イカを釣り上げた げっそー」とか「タコを釣った これでもうお墨つき」など、親父ギャグ連発のコメントが出ます。ちなみにwiiリモコンを使っての釣りはすごく簡単で、借金返済のほとんどを魚を売ったお金でまかなってしまえたほどです。少しだけ大きくなった家の中には売る前の魚の水槽がぎっちり詰まって文字通り足の踏み場もありません。

 たまに、もりの住民(カエルやら猫やら鳥やら)が欲しいものやお願いをリクエストしてくるので、かなえてあげると、お金でお礼してきます。いやー、むっちゃリアル。設定がファンタジーなだけに余計現実的すぎて、のんびりしている、という感覚がありません。ひねくれた性格なのでそういうところも気に入ったんですけどね。

 ところで、このゲームはWi-Fi通信でよその村へ遊びに行くことが出来ます。
 が、村の外へ外出しようとすると門番に「テロメアさんにはまだ友達が一人もいないので、どこにもいけませんです、はい」などとこれまた現実と同じ境遇を思い知らされる言葉に多少凹みがちです。

 お暇な方は、友達になってください(これが言いたいがための長文)

 ともだちコードは 4940-9184-2469 ビアンキ村のテロメアです。なんちゅう村の名前(笑)
 鍵コメで友達コードとお名前を教えてくだされば僕も即座に登録いたしますです、はい。

 登録すると他のゲームでも有効なのかな。いま、マリオカートにも興味があります。

 絶交しないでくださいね(21世紀少年的な意味で)




 
 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-12-08 15:45 | Nikkor50/f1.2 Ai-s