TTAGGG

くだらないことをあれこれと

d0103236_17382620.jpg






 なんとか平常心にもどりつつあるのでなにげなく通常更新。とはいえ、写真をほとんど撮っていないので載せるべき現物がないのですが。

 寝ぼけて録画した番組を見ていて、いつの間にか眠ってしまい、そのまま惚けた頭でデータを消去してしまうことが何度もあります。あ、HDDレコーダです。続きもののアニメとかでこれをやらかすとものすごくやってしまった感はいなめないのですが、あまり確認していなかったPCのマイピクチャフォルダを見ていたら、なぜか当ブログにアップした写真のデータのみすべて消えていました。なぜだ?
 バックアップはとっているし、そもそも消えたフォルダはブログ用にリサイズしてレタッチしたもので、さらにいうならほとんどフィルム撮影したものばかりなのでまったく問題はないのですが。
 しかし、さすがに買い替え時期に来ているのかもしれません。vistaを飛ばして次の7が出るまで持たせたいんですが、さあ、どうなることやら。


 体を動かしていない今、アルコールはほとんど飲みませんが、基本的に好きです。しかし、甘いものも好き。俗に言う「両刀使い」ってやつです。しかも、酒は苦手な種類がある(芋焼酎とか)のに、甘いもの(スイーツっていう言い方は嫌い)は和洋中なんでもござれ。羊羹片手にバーボンを傾ける、という傍目にはウゲッと思われそうな組み合わせでもまったくお構いなしの嗜好を持ち合わせています。中菓子ってなんだ。月餅とか胡麻団子とか?

 今の部屋に引っ越してきてからは、オーブンがないので、そんなに凝ったものは作っていませんが(あっても作っていませんが(そもそも作れませんが))簡単な蒸しパンくらいならレンジで気軽に作ってむしゃむしゃと食べております。

 と、前々から、どうも炊飯器でケーキが作れるらしい、ということは知っていたのですが、ようやく「なら作ってみようかい」ということで、リンゴケーキみたいなものをこしらえてみました。

1 薄力粉  110g
2 ベーキングパウダ 小1
3 リンゴ   1個
4 砂糖   80g
5 卵    2個
6 サラダ油  50g

1) 1・2はふるいにかけておく
2) リンゴは芯を抜いていちょう切り
3) 砂糖と全卵をざらざらしない程度に泡だて器で混ぜる
4) 1)に油を加えて混ぜ、さらに3)をくわえてよく混ぜる
5) 炊飯器の釜に油を塗り、底にリンゴを敷く
6) 残ったリンゴを生地に入れて少しかき混ぜ、釜に流し込み、軽くしたからトントンと叩いて空気を抜く
7) 炊飯器スイッチON。炊き上がってもまだよく焼けていないようならもう一度スイッチONすればよし。

ほんとはサラダ油じゃなくて、バターを使えと指示されていたんですが、バター高いし。
サラダ油のほうが軽く仕上がるので好みです。しっとりが好きな人はバターでいくべし。
あ、香り付けにシナモン入れるとなおよし。

炊飯器をスイッチONするまでなら20分もかからずにできるので、お手軽です。
かなりの大食漢な僕でも全部食べるのはちょっと苦しい(いやなぜ一気に食べようとする?
ちなみに、回転寿司だと20皿くらい食べれます。
このケーキだと原価200円もしないので、コストパフォーマンスもかなりよさげ。いや、毎日食べるわけにもいきませんが。次はみかんの缶詰でやってみようと思っています。

あ、写真は蒸しパンのほうです。
リンゴケーキもどきは撮る前に食べてしまいましたのでまた今度お披露目しますね。
いや、見たい人いるのだろうか。

cookpad.comで「炊飯器 ケーキ」で検索するとこういうレシピが山ほど出てきますよ。






 
[PR]
by telomerettaggg | 2009-04-05 18:19 | RICOH caplio R5