TTAGGG

カテゴリ:FA43/f1.9 Limited( 35 )

等間隔平行線

d0103236_1793189.jpg


交差しない等間隔の平行線

同一線上に立っていても決して近づくことはない

半分近づいてまた半分 半分は永遠に半分なのだから

結局はそういうものだと割り切ってみれば それも心地いい関係なのかも

More
[PR]
by telomerettaggg | 2013-06-21 17:19 | FA43/f1.9 Limited

明日は猫をモフってこよう

d0103236_2012955.jpg



晴れていたら江ノ島に行ってこようかと。
[PR]
by telomerettaggg | 2013-06-07 20:12 | FA43/f1.9 Limited

(再掲)連携プレーなど考えてない

d0103236_13414023.jpg



ツイッタもやっています。FBもやっています。
しかし、ブログのアクセスを伸ばしたいような欲求はなく、このままのんびりとやりたいのでことさらに誘導することもしません。更新通知をツイッタで行っていますが、向こうとこっちで書いてる内容が全然違うので、「ツイッタで知り合いだけどブログではその流れで面白い文章を書いてるぞ」とはならずアクセスアップには繋がりません。

FBは顔を合わせた方、友人のみのつながりでやっているのと、FBでブログをやっていること、ツイッタでつぶやいてることはほとんど書いておらず、アカウントも晒していないのでまず連携はありません。

たぶんこれは保険です。とりたてて危ない発言をしているつもりはありませんが、誰かタチの悪い人に目をつけられて炎上することは充分考えられます。ツイッタで堀江氏に質問しただけでわけのわからないリプライを飛ばしてくる人もいるくらいですので。
そういった際、連携していると芋づる式にすべてに影響が及びます。それを避けるための措置でもあります。根気よく探せばアカウントは本名みたいなものなので洞察力のある方は僕の本名を知っていればつながりに気づく程度の防御策しかとっていませんけれど。

謙遜ではなく、そうたいして内容のあること書いているわけではありませんが、このブログはネットにおいて長い時間をかけているので、そういった外的要因で閉じることにならないようありたいものです。非常時にはコメント欄を閉じて、悪質な人のIPをしかるべきところに報告することくらいは行うつもりではあります。

とはいっても、現在そういった攻撃を受けているというわけではありません。
ただ、久しぶりに少し長めの文章を書きたくなったので、いろいろと考えていることを連ねました。
[PR]
by telomerettaggg | 2013-04-07 13:57 | FA43/f1.9 Limited

平和が首を長くして待ってる

d0103236_1965775.jpg

[PR]
by telomerettaggg | 2013-03-11 19:07 | FA43/f1.9 Limited

逆ドロップ

d0103236_1782116.jpg





 小説でもアニメでもいいが、夢オチという結末のつけ方は大概ブーイングを食らうものだ。
 たいていの謎についての説明がそれでついてしまうし、どんな終わり方にでもできるから、見ているものにとっては納得がいかない、ということなのかもしれない。そういう作品の中には、伏線の回収すらできていないものもある。

 ただ、物語を筋の通った、万人が納得できるものにすれば、それがイコール、リアリティのある話になる、というわけではない。普段生活していて、あれはいったいなんだったんだろう、そう思ったことがあったとしても、必ずしも腑に落ちる答えが準備されているわけでもない。
 謎を謎のままにしている者のほうが多いのではないか。いちいち気にしていたら暮らしていけない、という理由もあるだろう。何も考えずにそういうものだから、と勝手に納得している場合もあるだろう。

 最初から最後まで夢の中だけで終わり、オチも結末も納得する展開もない物語というのはどうだろう。
 そんな作品を書いてみたらどうだろう。全く人気が出ないだろうな。

 夢の中の非現実感。
 現実ではとんでもないことでも、そこではなぜか既成の事実として取り扱われていることがある。
 自分は夢を見ている、と夢の中で自覚しているときもある。
 または、夢から覚めた、という夢をみている場合もある。
 どこからどこまでが夢で、どこからが現実なのか、境界が曖昧な、ややもするとSFやファンタジーにすらなりうる物語。





 
 
[PR]
by telomerettaggg | 2009-02-26 17:31 | FA43/f1.9 Limited

またつまらぬものをとってしまった

d0103236_11563082.jpg




 「名は良い油に、死ぬ日は生まれる日に勝る。」(伝道の書7:1)

 キリスト教徒でも何でもありませんが、この言葉は好きです。
 とりたくなくてもとってしまうのが歳ですが、すごくだらないことでも、経験は経験。生まれた日を祝うよりも、死ぬときに積み重なったその人の人生は、それよりもっと素晴らしいもの。

 生まれる日は選ぶことができませんが、死ぬ日はある程度自分で選べるのもいいですね。あまりその自由は今の日本ではないようですけど。


 まあ、そんなことを書きつつ、だらだらと生きてしまうのでしょう。
 それはそれで、また楽しいのかもしれません。
 せめて死ぬときは椿のようにバッサリと逝きたいものですが。



 なにはともあれ、昨日で37歳になりました。
 ようやくまともになってきたような気もしますが、過去最低の誕生日だったことには違いありません。
 はやく、笑って「あの時はまったくひどいもんだったよ」と言えるようになりたいものです。

More
[PR]
by telomerettaggg | 2009-02-23 12:14 | FA43/f1.9 Limited

無題ルイガノ

d0103236_1741991.jpg






 
[PR]
by telomerettaggg | 2009-02-21 17:05 | FA43/f1.9 Limited

時空間

d0103236_064779.jpg

nagoya



 時の流れは絶えず緩急をつけながら変動して ボクの周りをグルグルと漂う

 ずっと同じところを行ったりきたりしているボクは なにかが変わったのかな

 なにかを変えてこられたのかな 少しは成長してこれたのかな


 流れには乗れない 一瞬たりとも留めることすら出来ない

 そんなボクには切実に願っていることが一つだけあって

 あとわずかだけでも こちらに引きとめていることが出来さえすれば

 もう 消え去ってもいいとさえ思うんだよ
[PR]
by telomerettaggg | 2007-07-31 00:12 | FA43/f1.9 Limited

こっちを見ている

d0103236_0385020.jpg

クリックで大きな画像が表示されます。


サムネイルでは気づかなかったのですが、拡大すると、一人だけこっちに気づいている子が。

よ~く見ると、偶然ではあるものの、ものすごくタイミングのいい写真が撮れていることがあって(撮ったのではなく撮れていただけですけど)そういうのを見つけると、なぜか嬉しくなってしまいます。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-05-26 00:39 | FA43/f1.9 Limited

何を思ふ?

d0103236_1721542.jpg



 流れるようになびく

 風の音が聞こゆる

 泥濘に足を取られ

 そこで何を思ふ?

 空が高すぎる

 間隙を埋めるように鳥が舞ふ

 縫いつけることはできないのに

 そう知りつつ我が身を思ふ
[PR]
by telomerettaggg | 2007-05-23 17:27 | FA43/f1.9 Limited