TTAGGG

カテゴリ:E PZ 16-50mm F3.5-5.( 32 )

Xperia acro HD SO-03Dその後

d0103236_19070553.jpg

 普段、祝祭日などおかまいなしに出勤の仕事の反面、夏季休暇は9日間あります。今日からその連休に入りました。台風でお出かけ予定を少し延ばしましたが、今回は東北方面へツーリングに行く予定です。
 そんな初日からいきなり風邪をひきました。昨日から喉が痛いなあとは感じていたのですが、ものの見事に悪寒と発熱とあいなり、鎮痛薬でごまかしています。休みの日に楽しい出来事を控えて熱を出すとか子供かよ。テロメアですこんにちは。


 エントリごとに文体を変えているのは、なんとなく同じだと恥ずかしいという感情に起因しています。たまにバラエティ番組で見かける竹中直人さんが急に怒りだしたり変な表情をしたりしますよね、あれと似たようなものだとお考えください。

 相変わらず通話専用にP-05C、MVNOのSIMでXperia acro HD SO-03D使用しています。出かけるときにはNEX-3Nもあるので、無駄にカメラを三台持ち歩いているようなものですが、速写性の高い05C、ツイッタに画像アップしたりとネット連携にはSO-03D、じっくり撮るのにNEXといった具合に使い分けはうまくいっています。

 方向音痴の私にとってオートバイで移動するときにはナビアプリも必須なので、その点からもスマホは欠かせないのですが、少し困ったことが。
 Xperia acro HD SO-03Dは防水携帯のため、コネクタ類は全てパッキンつきのカバーがあります。そのせいなのか、熱に非常に弱いのです。直射日光の下、オートバイのハンドルにマウントして走り出すと1時間せずに本体温度が40度にまであがります。そしてそのまま放っておくとフリーズです。カバーを全て開けてもそれほど効果はないので、もうこの機種自体の仕様だと諦めるしかありません。それ以外にこれといった難点はないので残念ですが、使えなくなるのは致命的ですのでそろそろ次機種を考えているところです。


 NEX-3N用に新しいレンズを手に入れました。
 SIGMA 30mmF2.8DNです。実店舗で購入したのですが、帰宅後いそいそと装着しようとしたら嵌らない!お店で店員に確認したのになぜかフォーサーズマウントのレンズでした。慌ててお店に電話を入れて交換をとりつけました。そこには在庫がほかにないとのことでチェーン店の在庫から月曜日には取り寄せられるとのこと。火曜日にツーリング出発するつもりだったので前もってテスト撮影したかったのですが、どうやらぶっつけ本番になりそうです。

 本来ならズマロンがメインレンズになってもおかしくないし、レンズの描写も一番気に入っているのですが、NEX3-N購入時には気にもしていなかった欠点が浮かび上がりました。
 液晶モニタを見ながらMF操作が非常にやりづらい……
 ファインダつきのモデルを購入したときなら活躍する機会もあるでしょうが、現時点でつまみ式のピント合わせしか方法のないズマロンは使う頻度が極端に減ってしまいました。防湿庫をもっていない部屋の環境ではカビを生やしてしまう可能性大なので、一旦処分しようかと考えています。(欲しい方にはお譲りしますよ:応相談で)








[PR]
by telomerettaggg | 2014-08-09 19:34 | E PZ 16-50mm F3.5-5.

記憶をなくしたヤギさんと

d0103236_05551864.jpg

 「速読法」を覚える気が全くない。
 時間のない人が本を少しでも早く読むために開発された手法らしいが、僕にはそれを使う意義を見出せない。
 そもそも、僕にとって読書とは娯楽であり、ゆっくり時間のあるとき、あるいは寝る前のひと時に楽しむものであって、必要に迫られて読むものではない。何事にも初めては一度きりしかないのに、要点だけかいつまんで内容を知るだけでは、たとえ理解できたとしてももったいない。劇場公開された映画が2倍速で再生されていたら、と考えると恐怖と怒りがこみ上げてくる。

 話は変わるが、オートバイにとっての高速道路も、僕にとっては速読法とたいして違いはない。オートバイは走る行為そのものを楽しむものであって、目的地に早く到着すること自体にさほど意味を感じない。約束があったり、必要があればやむを得ず利用することもあるが、楽しみは半減してしまう。

 急げ 急げ 辛い 辛い

 目的地に何かしらの楽しいことが待っているとしても、それはオートバイで走ったことの結果として付随するものであって、それが主目的になることはほとんどない。目的が猫に会いに行くことだと……ううむ、どちらも同じくらい楽しい。







[PR]
by telomerettaggg | 2014-07-29 06:06 | E PZ 16-50mm F3.5-5.

あの日のたわごと銀の箱につめて

d0103236_04563760.jpg
 結婚の約束を反故にしたことがある。


 なぜだか知らないが、子供に妙になつかれる。
 特に子供が大好きというわけでもない。自分の子供が欲しいと思ったこともない。よって、他人の子供に接するときもこれといった感情はない。さりとて嫌いというわけでもないから、ごく当たり前に話す。大人に対するときのそれと同じである。もしかすると、それがある種の子供には新鮮に映るのかもしれない。自分を子供扱いされることに辟易している類である。

 その子は友人の娘だった。
 小学3年くらいだったか、親に切りそろえられた髪をうざったそうに掻き分ける仕草がすこしだけ大人を意識している、そんな微妙な年齢の女の子。
 そんな子に、初対面からいきなりなつかれてしまった。2歳下の弟にもなつかれてしまい、ちょっとこまったな、と思いながらもなりゆきにまかせた。責任を伴わない子供というものはかわいがるも適当にあしらうも自由なのがいい。深く考える必要がない。
 
 弟は構ってくれる人がいないからか、僕の膝に座ってくる。それを見て少女も僕の膝に座る。友人が言う。「めずらしいわね。この子そういうことしないんだけど」正直、悪い気はしない。子供に好かれる事はあっても、大人の友人は非常に少ない僕にとって、どんな存在であれ好意を示してくれるのは嬉しい。

 反故にした結婚の約束は、その女の子とのもの。
 もう、10年以上前の話である。そんな他愛のない約束、きっと女の子も忘れているだろう。そういう僕もつい最近思い出したのだから。

 いつの間にかその友人とも疎遠になり、その少女とも会うことはなくなってしまった。
 だけど、いつの日か君とまた会えたらいいな。






[PR]
by telomerettaggg | 2014-07-16 05:12 | E PZ 16-50mm F3.5-5.

雨です

d0103236_20570008.jpg


 久しぶりの連休ですが、雨で一歩も外に出られませんでした。
 窓の外は雨音と、カエルの大合唱。この間はキジがいました。このあたりも田舎です。

 こんな日は、のんびり映画を観て、お酒でも飲むのが最高の過ごしかたでしょう。買い溜めてあったウイスキー、スコッチの飲み比べをしています。オールドクロウ、H&B、そしてラフロイグクォーターカスク。CAMUSのVSOPコニャックはとっておき。







[PR]
by telomerettaggg | 2014-06-07 21:02 | E PZ 16-50mm F3.5-5.

虚空を見つめる

d0103236_19462629.jpg
 

 一番かわいがってた猫なのに最後まで慣れなかったのがこの子。
 それでも帰る前日にはこの距離まで寄っても平気になったんですが。

 視線の先には何もない。そんな場所をずっと眺めている猫には何が見えているのか。
 人間の私には判りません。







[PR]
by telomerettaggg | 2014-05-26 19:49 | E PZ 16-50mm F3.5-5.

境界線

d0103236_01543801.jpg
「あの~、そちらに入ってもよろしいでしょうか?」


 とかなんとか。








[PR]
by telomerettaggg | 2014-05-25 01:55 | E PZ 16-50mm F3.5-5.

いぢめる? animal

d0103236_05123470.jpg


いぢめないよぉ







[PR]
by telomerettaggg | 2014-05-23 05:13 | E PZ 16-50mm F3.5-5.

シージューライダー

d0103236_18025803.jpg
ご無沙汰しておりました。
 一旦書き始めると習慣になってしまうのですが、中断してみればそちらがデフォルトになってしまい、いつ更新すればいい のか判らない状態になっておりました。とりあえず、前回書いていた帰省ツーリングについて書いておこうと思います。日記を見ながらなので文体変えていま す。


 4/25(金)
 
 17時まで仕事。とるもとりあえず帰宅し、仕事着の洗濯を済ませてから18:30出発。ルートをどうするかギリギリまで迷ったが、行きは混んでようが迷おうがある程度は許される範囲なわけで、あまり通ったことのない長野ルートにする。
 気温は15度程度でレザーのライダースでも寒さは感じない。群馬県を抜けるのに2時間ほどかかる。居住地は南東の端で長野へ向うには西へ縦断する形になり、群馬の大きさを見せ付けられる。日も落ちた頃、富岡製糸場の横を通り、下仁田を経て長野県に入る。
 高度が上がるにつれて気温が下がっている。まだ我慢してそのまま走るが、下諏訪手前の和田有料トンネルを通るか迷って、オートバイで500円は高いだろ、と峠越えしたのが運のつきというべきか。

 狭い。九十九折れの街灯もない真っ暗な峠道を登っていくのだが先が見えない。対向車も来ない。そして寒さに我慢の限界を迎えた頃、ようやく頂上付近の短いトンネルに到達する。
  抜けたところでトラックが妙な体勢で停止している。故障かなと思いきや、鹿がのんびり道路を横断していた。さすが山奥、と感心している場合ではない。路肩 にFTRを止めてウインドブレーカ、ネックウォーマを装着する。ここからひたすら下る。国道19号、塩尻市のすき屋で休憩。ここからはひたすら19号を突 き進む。岐阜県中津川~多治見~愛知県は春日井市のネットカフェで宿泊、3:00


 4/26(土)

 9:00頃出発。少し肌寒いかな、と感じていた気温もぐんぐん上がり、革ジャンの下のシャツを一枚脱ぐ。

  今回のツーリングには紙の地図を持参していない。ハンドルにマウントしたスマホのgoogle mapのみを使っている。ところがこのナビ、ときたまこれでいいのか?と思うようなルートを指示してくる。渋滞をも加味したルート設定なのかもしれない が、なまじこの付近の土地勘があるばかりに交差点を曲がり間違うこと数回、なんとか名古屋を抜けて桑名~近江~京都山科に昼ごろ到着する。ファミレスで昼 食休憩後、またひた走る。
 FTRの燃費は普段の街乗りだと120キロ辺りでリザーブに入るのだが、長距離走行では170キロまで伸びる。おおよそ250キロを目安に給油するのだが、全行程を通じて燃費は約40km/Lだった。

 混み合う大阪市内を避けて通るルートをナビが指示するまま、北へ迂回する形で加古川で国道2号線に出る。2号線バイパスは順調に流れている。日が変わる直前頃、広島に到着。ネットカフェで宿泊。


 4/27(日)

  6:30出発。中国地方は国道2号線を走るルートしかなく、ただひたすら走り続ける。14:00、関門トンネル通過。少し寄り道してバイクパーツショップ でオイル交換に立ち寄る。福岡市内は多少混み合うも渋滞というほどではなく、国道385号線で坂本峠を超える。19:00過ぎに実家のある市内に到着す る。予定より意外と早く着いたのだが、夕食はいらないと伝えてしまった手前、ファミレスで食事して20:00過ぎに実家に到着する。



 4/28(月)~5/2(金)

 
 
d0103236_18371111.jpg

 実家では久しぶりに猫ともご対面。と思いきや、誰だお前?といった調子で6匹の猫が一目散に逃げていった。1年も不在だとそんなものだよな、と少し落胆するが、年長の猫のうち1匹はおそるおそる近づいて、差し出した人差し指をスンスンと嗅いだのち、「なんだ、お前だったのか」とすぐ思い出してくれたのは嬉しかった。
 猫の記憶力は個体差が激しいらしく、不在期間に貰われて来た若い猫は仕方ないとして、実家暮らしの時には私の部屋に入り浸っていた猫はずっとビビって近寄ろうとしなかった。新入り猫は帰省後二日目で慣れたというのに。



 5/3(土)

 5:30、家族に見送られて出発。国道3号線~飯塚~北九州を経た後、関門トンネルを抜ける。山口市付近でルートを見誤って高速道路に突入してしまう。仕方がない、Uターンするわけには行かないので一区間だけ走ろう、料金はどれだけかかるのだろうとおびえるが350円だった。しかし国道2号バイパスもたいして混雑しておらず、余計な出費してしまったと悔やむ。
 GWウイーク真っ只中のわりにそれほど混雑していないな、と思ったのは広島までで、郊外に差し掛かったあたりから渋滞が始まる。はじめのうちはすり抜けもしていたが、疲れるし、急ぐ必要もないので成り行きに任せのんびり走る。

 ときたま休憩時にツイッタで呟いたりしていたのだが、愛知在住のフォロワーさんが、付近を通る時には食事でもどうですか?と誘ってくださったので、待ち合わせることになる。結局この日は京都南区のネットカフェで宿泊する。今回最高の700キロ越え走行であった。0:00過ぎ就寝。


 5/4(日)

 8:00出発。大阪市内の北側を掠めるように走り、伊賀~甲賀を抜けて亀山市で国道23号に出る。ここから名古屋市内に入るまで断続的に渋滞する。それでも11:00には待ち合わせのコメダ珈琲に到着。0:00過ぎ、ひとしきりの会話を楽しんだ後、出発する。

 仕事は明後日の夕方から始まる。つまり、日曜の今日も含めて時間にはまだ余裕がある。東京で寄りたいところもあったのだが、国道1号線付近は軒並みかなりの渋滞が起こっていることを知り、かなりの気温上昇にもうんざりして、行きと同じ長野ルートで帰ることにする。春日井~多治見と来た道を逆戻りし、長野市内の健康センターで風呂にはいって、ネットカフェで宿泊。

 今回の旅は結果的にすべて宿泊はネットカフェ、それも全て同じチェーン店だった。料金システムに慣れていることもあってよく利用している。しかしさすがにこの日は少し疲れていたので、奮発してビジネスホテルにでも泊まろうかとスマホで検索してみた。しかし予約でいっぱいなのか1件もHITしない。金額指定を外して検索しても0件。そりゃそうだ、GWなんだから。


 5/5(月)

 8:00出発。今回一度も雨に降られなかったが、ここに来ていきなりの曇天から小雨がぱらつきだす。レインウェアを着るか迷う降りかただ。結果、ウインドブレーカでしのぎながら走ることとなる。国道18号線は順調に流れている。しかし標高が上がるにつれて気温は一桁台にまで下がる。軽井沢では5度を割り込んだ挙句大渋滞する。
 それでも昼前には碓氷峠を抜け、安中市で昼食休憩。14:00過ぎ、無事帰宅。


 結果としては、行きも帰りも何の問題もなく、チューブタイヤがパンクすることもなく、荷物になるのがわかりながら積んでいたタイヤレバーやチューブを使うことにもならず万々歳であった。さすがに尻は多少痛くなったものの、疲労感はそれほどでもない。40越えのおじさんなので翌日にどっと疲れるかと思いきや、それもなかったので、まだまだいけるじゃないか、と自信をつけた。



 走行データ

 総走行距離 2848km
給油数   13回
 消費燃料  69.16L
 燃費    41.18km/L
 燃料費   11058円








[PR]
by telomerettaggg | 2014-05-16 19:10 | E PZ 16-50mm F3.5-5.

鉄塔好き

d0103236_18391430.jpg

 会社から帰路につく途中、敷地内で「魚が!魚が!」と大声を出している人がいました。念魚でも見たのかな、と思いましたがその声に呼ばれてきた人の名札に「坂永」と書かれていました。そっちだったか。テロメアですこんにちは。普通そっちだと思うはず。


 高層ビルやタワーも好きですが、なんてことのない鉄塔も好きです。登りたいとはあまり思いません。下から見上げるのがなんとなくよくて、こういった携帯電話の基地局のような鉄塔でも見つけると撮りたくなってしまいます。電波塔なんかもいいですね。もちろん、送電鉄塔も好きです。侘しげに地面に佇立している姿が凛々しく感じられます。
 世間には工場萌え、なんて言葉もありますが、きっと鉄塔萌えの方もそれなりに存在するはず、と信じております。いなくても独りでコレクションを増やしていくんですけどね。







[PR]
by telomerettaggg | 2014-04-09 18:48 | E PZ 16-50mm F3.5-5.

B級映画がたまに見たくなる

d0103236_17560553.jpg

 キッチンには食器洗い用のスポンジと、古くなったスポンジをシンク洗い用に置いています。シンク用に移行させる目安は結構適当で、いつのまにか食器洗い用のほうがボロくなってしまっていることがあり、どっちがどっちだっけ?とまよってしまうこともあるテロメアですこんばんは。色違いのセットを買うことにします。

 
 映画は非日常を疑似体験するにはうってつけの娯楽です。
 個人的にはエンターテイメントとして楽しみたい気持ちが強いので、登場人物が徹頭徹尾悲惨な目に遭う映画はあまり見たくないほうです。名作と名高い「セブン」も気合を入れないとなかなか見ようという気になれません。ましてや、全く救いようのない映画の需要が私には全くないので、そういった作品を観てしまったときは、時間を返せ、とまことに勝手ながら感じてしまうのです。

 そんな中、B級映画と呼ばれる映画には悲惨な結果になってしまうものも少なくありませんが、許せてしまうのはなぜなのでしょう。
 この手の映画でわりと有名なのは「フライングキラートマト」あたりでしょうか。スペインだったかのトマト投げ祭りで無駄に投げられるトマトが人間に襲い掛かるという、なんともB級感漂う作品ですが、笑ってしまいます。割と最近みたのですと、「ピラニア3D」は秀逸でした。いえ、単にプールに入り込んだピラニアの集団が人を襲うだけの内容です。時たま、何も考えずにこういった映画が見たくなるのです。

 そこには教訓も、感動もなにかを考えさせるような内容は全くありません。しかし面白い。こういった作品こそエンターテイメント作品の真髄といえるのではないかとすら考えます。惜しむらくは、こういった作品はニッチな需要しかないらしく、レンタルビデオ店にはあまり置いていないことが多いんですよね……

 前から見てみたくて探しているのは「尻怪獣アスラ」「スクワーム」「スプルーフ」タイトルだけで脱力感が漂いますが、見つけたら是非とも鑑賞したいものです。
ちなみにスプルーフは「レザボアドッグス」「キルビル」などで知られるタランティーノが手がけているので、どんなものに仕上がっているか非常に興味があります。







[PR]
by telomerettaggg | 2014-04-08 18:12 | E PZ 16-50mm F3.5-5.