TTAGGG

<   2007年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

これな~んだ?

d0103236_2003415.jpg













d0103236_2004561.jpg

2枚ともにPENTAX K100D+DA 18-55mm F3.5-5.6AL
[PR]
by telomerettaggg | 2007-03-31 20:01 | DA 18-55mm f3.5-5.6

Is it a whim or necessity?

d0103236_14345780.jpg

PENTAX K100D+DA 18-55mm F3.5-5.6AL



テロメアにとっては気まぐれかもしれないけどさ、俺、テオにとっては必然のレンズ、それがズームレンズなんだ。
やつには撮影中にズームリングまで動かす余裕がないって言うけど、やっぱり一本で広角から準望遠までを済ませることができるのは便利だし、スナップには欠かせないと思うんだよね。

このレンズはistDsにキットレンズとしてセットで付くような、スペック的にはたいしたことのない、それもDAだからデジタル専用レンズだけど、そこはペンタックス、手は抜いてないと感じたよ。廉価に仕上げるため、絞りリングは省略されてるのが玉に瑕だけどもさ。

ただ、ズームレンズは使いこなしがむつかしい、というのは、俺もテロメアと同意見なんだ。ズームは、被写体を大きく捉えるために使うんじゃなくて、画角の違いによる背景のボケ方、構図のとり方のためであって、足を使わずにズームリングを動かしてればいいから便利~なんて気軽に使えるものではないと思う。万能な道具は単機能のものよりも使いにくいのは当然のことだと思う。

 もちろん、単焦点レンズにはまたそれなりのむつかしさがあるけれど、どっちにしても、ズームレンズを初心者が使うようなカメラにセットでつけて便利ですよ~、というやり方は余り納得が行かない。まあ、それがユーザの求めるものだから、というのだから仕方ないか。

FA43mmF1.9 Limitedはテロメアに任せて、俺はしばらくこれ一本で行くつもり。
ヤツはヤツでスクリュウマウントとかいうけったいな古いレンズにまで手を出してるからな、俺はそんな沼にはまるつもりは全くないのだよ。

 でも、このレンズ、安かったわりには映りもなかなか良くて、マクロ的な使い方もできてすごく気に入ったよ。銀塩カメラ換算で80mmちょいしかない望遠側いっぱいで最短距離撮影すると、なんかソフトフォーカスがかかったような表現になるんだけど、まあ、それはそれ、わりきって使ってみよう。

 偉そうに書いてるが、俺だってズームレンズは初めてだ。これから実践あるのみ。写真に近道も練習もないのだから。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-03-31 14:53 | DA 18-55mm f3.5-5.6

素敵な出会い

d0103236_2161616.jpg







 近頃気づくと、ユウキ君は、自分より若い人たちの聡明さにびっくりすることがある。
自分はあの年齢のとき、どんなことを考えていただろう?
たぶん何も考えていなかったような気がする。
 おそらく、毎日食べて寝て、学校に行って帰って、その繰り返しだったような。
そんなことしか思い出せないのだ。
 そんな若かりし時代に、頭の回転が速くて、それなりの世界観を持っている彼や彼女たちのようであったなら、今頃自分の世界は変っていただろうな。
 そんなことを思いめぐらすのだ。

 そのことに気づいただけでもいいのかな、とも思うし、そんなことを考えるくらい歳をとったのかな、ということなのかも知れず、とはいえ、今、ユウキ君が考慮したいのはそういうことではなく、つい今しがた遭遇した、そしてユウキ君の人生を一変させることになる、ある人のことなのである。

 ノゾミさんとは、ふとしたきっかけで知り合った。
 せわしい世の中のこと、それもある程度年齢が進めば進むほど、新しい友人、ましてや恋人など、身近な半径2メートル以内で見つけるしかなくなるのだが、ノゾミさんはユウキ君が街中で立っているときに、いきなり声をかけてきたのだ。
 
 ナンパ?始めはユウキ君もそう思った。その直前に少し不思議な体験をしていたばかりだったので、身構えていた部分もあったのだろう、見知らぬ人が「あの、あなたももしかして・・・」などといわくありげに話しかけてくるなど、ナンパか宗教の勧誘かスカウト(なんの?)くらいしかないからだ。これまでのユウキ君の経験で言えば、そうだった。

 しかし、ノゾミさんの話しかけてきたことは、そのどれとも違っていた。それは、ユウキ君が今ここにいる理由とも重なるのだが、ノゾミさんもまた、ついさっきまで、不思議な体験をしたのだという。
 ユウキ君がさきほど思わず口に出した、はしたない言葉を、耳の端に捉えたらしく、つい声を掛けてしまったらしいのだ。
 「知らない人に声を掛けるのもどうかと思ったのですが」
 ノゾミさんは、さも恥ずかしそうにそうユウキ君に話し出した。
「こういうことって、そうそうないことですよね。それでついあなたの言っていたことが気になってしまったんです」
「たしかに。なにが目的であの男が声を掛けてきたのか理解に苦しんでいるところだったよ」
ユウキ君の話し方はいつもそっけないのだが、別に機嫌が悪いわけではなく、だいたいこんな感じである。普段から感情をあらわにするほうではないし、喜怒哀楽が乏しい、というより、そういう行為自体がエネルギィの無駄、と考えているフシがある。
 それに比べてノゾミさんはというと、少しおどおどしていて、自分の考えを遠慮しながら伝える、もしくはじっと黙っている、そういう性格らしい。

 そういうわけなので、今失った無駄なエネルギィを取り返すため(もしかしたらもっと損するかもしれない要素ははらんでいるけれど)ユウキ君のほうからノゾミさんをお茶に誘って、今、2人に起こった不思議な体験を話し合おう、と持ちかけたのだ。あの、黒ずくめの、2人の男女を別々の場所に立たせて、ただ待たせるという、一見意味のない行動をとらせた、あの貧相な男のことを。



 それが、結城香苗くんと、その旦那さま、望弘樹さんの出会ったそもそものきっかけである。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-03-31 00:00 | CANON LENS 35/2.0

プリント用紙

d0103236_1964990.jpg

CONTAX167MT+Carl Zeiss Planar50/1.4 ACROS


時間がたくさんあることをこれ幸いと、稼働率の低いプリンタを動かして、何枚か印刷しています。
思い立ったきっかけは、カメラマガジンno.4についていたキャンソンのプリント用紙はどんなものだろう?ということだったのですが、、、

当然とは言えども、用紙が変わると写眞の印象ががらりと変わりますね。
PCとプリンタのカラープロファイルはきちんと合わせているので、純正のプリント用紙ですと、モニタで見たものとほぼ同じ階調で印刷されるのですが、アイボリィの用紙では、どこか懐かしい、しかも立体感のある仕上がりになって驚いているところです。

印刷してみたのはおもにモノクロなので、カラーだとまた違ってくるかもしれませんが、黒インクが一色しかない私のプリンタでこの階調(と言っても皆さんに説明できない)ですから、これはモノクロ専用機ならどんな色が出るのだろう?と違った方向に物欲が押し寄せそうで怖いです。

 とりあえず、A4サイズでプリントしてみようとさっそく用紙を注文しました。

 写眞印画紙で知られた 月光がプリンタ用紙として今月26日に発売されましたが、こちらも気になるところです。

 さすがに自分で暗室作業して引伸ばすのはむつかしくても、プリンタでいろいろ写眞を楽しめるのは気軽にできていいものですね。気軽にできることがいいことがどうかはどうでもいいことです。要は楽しめれば手段はなんでもいいと考えるテロメアです。




_ _ _ _ _ _ _

追記)
これだけ違いますよ。ってことで作例?と一枚アップしておきますね。

d0103236_1212427.jpg


上がCANONのプロフォトペーパー、下がCANSONのミ・タント(アイボリィ)です。
どちらも捨てがたいのですが、モノクロに限って言えばCANSONが好きです。
カラーは、いいなあと思える用紙が写眞によってその都度変わるので、試してみるしかないみたいです。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-03-30 19:20 | Planar50/1.4

カメラピープル

d0103236_1413440.jpg

PENTAX K100D+smc TAKUMAR 55/1.8


少し前から私としては初めてとなるSNSに参加しています。
とはいっても、ミクシィなどのように招待してもらわなければ入れないところではなく、誰でも参加できるSNSです。

それが、 カメラピープルです。

写眞関係のSNSということで教えていただいて、簡単な日記など書いております。
このブログとどこが違うのか、というとほとんど似たり寄ったりのことしか書いていませんが、お暇な方は是非参加してみてくださいね。

私のページは こちらになります。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-03-30 01:47 | smc TAKUMAR 55/1.8

Carl Zeiss Planar50/1.4

d0103236_0493632.jpg

CONTAX 167MT+Carl Zeiss Planar50/1.4 NEOPAN PRESTO400



 結局、今週いっぱい、会社をお休みさせていただくことになりました。半年契約で働く従業員が多い職場で、尚且つ今月は4人も辞めるので、大忙しなのはわかっているのですが、行っても使い物にならないのは明らかなので・・・。
家でおとなしくしています。痛み止めのロキソニンと、筋弛緩効果のあるお薬を飲んでいるので、痛みはずいぶんやわらぎましたが、痛くないからといって安心して仕事すると悪化しますよ、と医師に脅かされたので、ここは、会社をクビになろうが迷惑をかけようが、ゆっくり静養するしかなさそうです。


 風邪やその他の内臓疾患と違い、痛みはあるものの気分は普段と変らないので、安静に、しかしベッドに寝転がりながら腰に負担をかけない体勢でネットを閲覧したり、本を読んだり、映画を観たりしています。
 もともと家に引きこもっているのが苦にならない性格なので、経済的に許すならば数ヶ月でも大丈夫なのです。写真を撮りにいけないのが多少ストレスではありますが。できないことねだりは無理なので、とにかく部屋の中でできることを(そしてずっとやろうと思ってできなかったことを)することにしました。

 まずは、これまでに試行錯誤で繰り返してきたため、さまざまな設定で取り込んできたフィルムを、すべてとは行きませんが、一番効果的だと思える設定でスキャンしなおしています。同時に、未スキャンのフィルム取り込みも行なっています。


 CONTAX 167MTとCarl Zeiss Planar50/1.4を手に入れて、撮影を行なったのは2月の末でした。正直言って、LeicaM6を手に入れてから、これほど「撮る」行為にワクワクしたことはありませんでした。自分ではそれほど意識していなかったのですが、やはりコンタックスとプラナーには、Leicaと同じくらいの期待があったのでしょう。
 コンパクトカメラのT2を使っていた時に、万能とはいえないけれど、条件が揃うと息を呑むような仕上がりの写眞が撮れることが頭に刷込まれたのかもしれません。

 まずはテストがてらにフジのACROSとNEOPAN PRESTO400を1本づつ撮影して見ました。
 レンズとの相性、など1本くらいで判断できるはずもありませんが、第一印象としてはNEOPAN PRESTO400に軍配が挙がりました。写りはともかくとしてACROSはフィルムがカールするのでスキャンするのがとても大変で、それだけでもマイナスポイント加算です。

 ただ、167MTのシャッタスピードは1/4000secまでなので、感度400のフィルムですと、日中は絞り開放での撮影がかなり困難です。NDフィルタが必要。
 でも、最近はそれほど開放での撮影に拘っていないので、被写体の条件によって開放にしたいな、と思うときにできないことが少し残念、という程度でしょうか。フィルタを付け外しするのが面倒なので、それならば絞り込んで使うほうを選びます。NDフィルタはそのうち、と考えています。

 せっかくコンタックスを手に入れたのだから、他のレンズを使ってみたい気もしますが、まずはプラナーをもうしばらく使い込んでからにしたいと思います。最初は、コシナから新しく発売されたニコンFマウントのZFプラナーでもいいかな、と思っていましたが、ほぼ同じ値段でレンズとボディまで手に入れることができたのは、結果的に正解だったようです。いまいちニコンには愛着が湧かないのもまた事実なので。

やっぱいいわあ、コンタックス。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-03-30 01:24 | Planar50/1.4

ダウン・・・

d0103236_14252523.jpg

CONTAX 167MT+Carl Zeiss Planar50/1.4 ACROS


椎間板ヘルニアで現在ダウンしております。
だからと言ってここぞとばかりに新しいレンズで撮ったフィルムスキャンをやれる、などと喜んでいるのは何かおかしい気もしますが、腰が痛いだけで気分は普段どおりなんですよね・・・

とりあえず、どこにもいけないので(バイクに乗れないので)家でおとなしくしています。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-03-29 14:28 | Planar50/1.4

MEDIA SKIN

d0103236_18405336.jpg

ノイズをキャンセルしてくれることと、静寂さは似て非なるものでした
PENTAX K100D+smc TAKUMAR 55/1.8



土曜日に、auの新携帯電話、MEDIA SKINを手に入れました。
それまで使用していたPENCKの卵のような形状とは異なりほぼ直線だけで構成されたデザインですが、
こういうの、好きなんです。

フラップ付きのストレート携帯で、モニタ面を裏返しにしてテーブルに置くと、携帯電話にはあまり見えないところも気に入っています。

d0103236_18453217.jpg

(偶然ですが、ほぼ実物大の大きさです)

フラップを閉じた状態では、ボタン類がひとつも押せないので、誤操作防止とデザイン面では一役買っていますが、時計の確認すらできないのは少し困ります。
表面の塗装ですが、薄い革を貼ったような質感があります。汚れが目立ちそうですが、消しゴムで軽くこすってあげれば綺麗になりそうな予感。
モニタ部分は当然むき出しです。傷には強いとのことでしたが、永く使うのと、持ち歩くときはジーンズの前ポケットに入れることを考えて、保護フィルムを貼りました。バックライトが消灯すると鏡のようになるものです。


d0103236_1845542.jpg

それから、覚悟していましたが、やはりボタンは小さくて、押しにくいです。
隣との間隔が狭く、横に細長い形状なので、私の太い親指ですと3つくらい同時に押してしまうこともあります。僅かにボタン中央が膨らんでいるので、そこを指の爪で押して操作しています。
何事も慣れなので、しばらく使っていればそう不便は感じなくなるかもしれません。


元々、操作面では全く期待していませんでしたし、デザインにとことん気に入って手に入れたのですから、今度の携帯電話も当分使うことになるでしょう。

more...
[PR]
by telomerettaggg | 2007-03-28 19:05 | smc TAKUMAR 55/1.8

各駅停車

d0103236_23302954.jpg

PENTAX K100D+FA43/1.9 Limited


 じっくり進むことが悪いことだとは思ってすらいないのに。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-03-27 23:32 | FA43/f1.9 Limited

グリップ

d0103236_22355449.jpg

ROLLEI CORD 3型+RVP shinsaibashi/osaka



LeicaM6をメインに使っています。
とても大好きなカメラで、愛着もあるのですが、難点が一つだけありまして、それはホールディングがあまりよくない、ということでした。持ちにくいわけではないのですが、ストラップを手に巻きつけて、数時間右手に持ち続ける撮影スタイルですと、当然ですが手が疲れてしまうのです。それで、これまでは長めのストラップで肩からたすきがけにしていましたが、これだとどうしてもシャッタチャンスを逃してしまうこともあります。

Leica純正のグリップを購入しようかとも思ったのですが、どうみてもプラスティッキーな質感と、それにそぐわない価格で、ためらっていたところ、 ディスカバーフォトでLeica用のMグリップが発売されていることを知って、注文することにしました。




d0103236_22435169.jpg

au MEDIA SKIN


黒いボディに黒い金属製のグリップはかなりしっくりくるデザインです。



d0103236_22461919.jpg

au MEDIA SKIN

持ったときの感触も上々。日曜日に数時間ほど街中でスナップしてきましたが、私が持っているレンズの中では比較的重いsummicron 50/2.0でも、あまり疲れを感じませんでした。
このグリップ、重さが110gもあるので、軽量コンパクトなLeicaの魅力をスポイルするのでは、との危惧からしばらく購入するかどうか迷っていましたが、持ちやすくなった分、あまり気にならなかったです。


 ただ、ここはちょっとなあ、と感じた点もあります。
 製品自体の精密度はあまり高くないです。底部とグリップ部分は2本のビスで留められていますが、削り出した跡がはっきり見えます。送られてきた時点では少しぐらつきもありました。(これは六角レンチで締めたらましになりました)塗装ですが、しばらく使用しているうちに剥げてくるような気もします。
 このあたりは、価格と考え合わせれば仕方のないことかもしれません。

 全体的には、非常に撮り心地が良くなったので、私は充分満足しています。撮る意欲が増加すれば、それだけで私は「買い」だと思います。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-03-26 22:59