TTAGGG

<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Till there is a story

d0103236_23171779.jpg

nagoya/aichi


 まず、タイトルがぼんやりと頭に浮かんでくる。
 念視するような勢いで写眞を見つめていると、なにかの弾みで最初の言葉が出てくる。
 押し出されたように、ポンッと。

 思考は幾重にも折り重なっているからなのか、出てくる言葉は、見たままの印象とは全くかけ離れたものだったりする。でもとにかく、それをノートに綴る。結末なんてまるで見えていない。
 自分の中にあって自分ではない、不思議な感覚と共に、ある人の人生が描き出されることもあるし、それは擬人化された何かだったりする。定点観測のような一方向からの視点になることもある。

 物語の登場人物の性格や、そこで語られたことが、そのまま自分の考えだと思われることがよくある。
 けれど、それは自分の考えではない。いや、自分の頭の中から出てきたものだから、ある意味間違ってはいないけど、そのままの思考をトレースしているわけではない、ということ。
 誰かが、「人生はお金が全てだ」と発言したとしても、それが筆者の意見であるとは限らないのだ。

 そうやって登場人物は自分の中で勝手に動き回り、言いたいことをいい、あるものは何も出来ず、そしてその役目を終える。


 現実の生活をどこが違うのだろう。
 先のことなど何も判らない。そこにあるのは、こうなってほしい、という期待を含む展望があるにすぎない。明日の朝も太陽が昇るだろう、という期待値とそうたいして変わらないものなのだ。
 誰も明日の朝日が必ず昇ると断言できない。期待あるいは仮定の話に過ぎないのだから。
 それでも人々は、それを信じている。
 健康な人が、明日の朝も目覚めるだろう、という予想くらいには。

 そういった無意識の予測をもとに、明日の計画を立て、半年後の旅行を企画し、ずっと先の将来設計を立てる。先が見えないことに不安を感じる。結果としてそれは成り行きにしかなっていないとしても。

 物語の結末については、それを客観的に見て幸福に終わらせるか、それとも救いのないものにするか、しばし考えることもある。創造者の立場から、登場人物に対して修正を加える、とでも言うべき作業を行うこともある。2種類、あるいはそれ以上のことなる終焉を出すときもある。いずれにしろ、最後までどうするかはまったくわからない。夕食に食べた魚の目の輝きがよかったから、という些細なことでどちらにでも転ぶ可能性がある。分岐点へのきっかけはいたるところにあるのだ。

 そういうものなのだから。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-02-28 23:44 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

I SCREAM

d0103236_2331198.jpg



 時々ボクは、とてつもなく息苦しくなる。
 それは、ボクの周りにつきまとっているこのいまいましい海水のせいかもしれないし
 流されるままになっている自分の行動に嫌気が差しているからかもしれない。

 叫びたいよ。
 でも声が出ないよ。
 脳が痛くなるよ。
 むせるよ。

 いなくなってしまったあの人のことを思うと、余計に悲しくなるのはどうして。
 何も考えずにひっぱられて、
 渦を描いて、
 季節を変えて、
 においも何も感じなくなって、
 そうやって、溶けてなくなって。

 まぶたの奥をキラキラが襲いかかる。
 何の色。
 光ってなに。
 疑問符の海に巻き込まれて、
 溺れそうになって、
 でもそれでも消えてしまえなくって。

 曖昧模糊とした水槽の中をひたすら流されていく。
 泳いでなんかいないんだ。
 何も考えたくないんだ。



 

 I SCREAM
[PR]
by telomerettaggg | 2008-02-27 23:42 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

Drifter/Cloud rack

d0103236_20162113.jpg




 「雲が流れているね」
 「ああ。煙も流れてるよ」
 寝転がって広げた左手の先にいる彼女が答える。

 「雲は、好き?」
 「どうだろう、よくわからない」
 「煙突の煙は?」
 「見てる分には、好き」
 「そうだね」

 行き先を決めていない旅に出てもう何日経つのだろうか。
 僕も彼女も時計を持っていないので何時なのかさえ判らない。

 どこかへ行きたい、そう言い出したのは彼女のほうだった。
 「いろんなことを放り出して、何も考えずにいたい」
 生活に疲れているわけでもなく、なにかのトラブルに巻き込まれているわけでもない彼女が、そう言い出すのには何かわけがあるのだろうか。
 でも、僕は何の思慮深さもなく答えた。
 「いいね、いこうか」

 さっきからこうして土手に寝転がり、なにが好きで、なにが嫌いかをお互いに言い合っている。
 彼女は言う。
 「煙突の、あの縞模様が嫌い」
 「煙が、消えていくところ、あれが嫌だな」
 「芝生の感触はどう?」
 「悪くないね」
 「うん、嫌いじゃない」

 結局のところ僕らはなにをしたいのか、何も判っていない。
 一日中ぼっーっとして、気が向けばまた車に乗り込んでどこかへ向かう。
 地図さえ積んでいないので、路上にある標識でここがどこなのか、なんとなく見ている。
 でも、ここがどこかなんて、僕にも、彼女にも、どうでもいいことなのだ。

 「地図を読めないことを怒り出す男がいるよね。あれは嫌い」
 「迷ったからって、どうってことはないのにね」
 「私たちは、いま迷ってるのかな」
 「それはボクらが、どこへ向かってるかによる」
 「どこへ向かってるの?」
 「さあ、どこだろうね」

 夜になれば、目に入った最初のホテルに入り、ビールを飲み、適当に食事をし、抱き合って眠るのだろう。
 拠りどころはそこにしかない、とお互い気づいているのだ。
 でもきっと、心の奥底では、何も分かり合えてないことを知っている。

 目覚めたとき、部屋の中に彼女はいなかった。
 ああ、そうか。
 何も判っていなかったんだ。
 置いてきぼりにされてしまったんだな。
 寝起きのぼんやりとした頭で僕はそう思った。

 外から鍵を差し込む音がして、彼女が部屋に入ってきた。
 僕を見て、にこりと微笑む。

 
 ほら、やっぱり何も判っていなかった。
 僕も彼女に笑みを返した。





 
 
 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-02-26 20:43 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

necklace of the Her Majesty Queen

d0103236_6481961.jpg

akakura/nagano



 なにをいまさら、という気もしないではないが、レンタルDVDでマリーアントワネットを観た。
 内容はともかく、この時代のファッションは今の感覚からすると奇抜に見えるのは、やはり用途が現代とはかけ離れているからだろう。300年後の人々はもしかしたら裸かもしれないし、なぜ昔の人はあんな布きれをつけていたんだ?といぶかるのかもしれない。

 DVDを観ていて思い出したが、動物が怪我をしたとき、傷口を舐めて広げてしまわないようにつける首まわりのわっかみたいなものをエリザベスカラーというらしい。たしかに映画の中の王妃を始めとする貴婦人方は、とんでもなく幅広のカラー(詰襟学生服を思い出せばわかるか)を装着あそばされていた。あれは装飾以外に何の意味があるのだろう。水兵のセーラー服のように遠くの声を聞き取るための装置だったのだろうか。私は民衆の声をちゃんと聞いていますよ、という意思表示のような。それが形骸化したものがあのエリザベスカラーだったのかもしれない。エリザベスはイギリスの女王で、マリーアントワネットはフランス王妃だったことはこの際追及しないでいただきたい、念のため。

 セーラー服で思い出したが、最近の中学・高校では制服がブレザーやその他の服装が多く、逆にセーラー服人気が高まっているらしい。個人的には興味のない分野なので、どちらでも構わないのだが、もともと制服からセーラー服がなくなりつつあったのは、なんとなく格好悪い、変えてくれないか、という生徒や親からの要望によることであったことは予想がつくので、それがまた好ましい制服として見直されているのは、やはり流行が巡っているからなのだろうか。そのわりにはちょうちんブルマ復活を求める声はどこからも聞こえないようだ。重ねて言うが個人的な興味はない。

 ちょうちんで思い出したが、個人的に好きなものとして携帯用ライトがある。いまでは電力トラブルなどによる停電など、ほとんど起きなくなってしまったため、使う機会といえばキャンプにでも出かけない限り不要のツールではあるものの、なにかしら不測の事態が起こったときに、と考えるといつでも使用できるように備えておく必要がある、と考えているわけではないのだが、家の中にいくつもある。数えたら4本もあった。いつ購入したのかさえ覚えていないまま、ときたま室内で点灯したりいていたのだが、つい先日、バイクの調子が悪くなり、それがたまたま夜だったため、これ幸いとそのライトを持ち出して不良部分をチェックしようとスイッチを入れたら電池が切れていた。まさしく宝の持ち腐れとはこのことだ。

 無用の循環思考はどこまでも続いていくので今日はこのあたりで。





 ※非常にどうでもいい話だが「携帯端末の末端価格」という言葉が頭の中をよぎって仕方がない。
[PR]
by telomerettaggg | 2008-02-25 07:28 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

world under the ground

d0103236_2555028.jpg

kawagoe/mie



 ジュール・ヴェルヌの小説に地下世界を探検するSF小説があったように思う。
 読んだのは、ずいぶん子供の頃だったので忘れてしまった。
 読後、ここがその地下への入り口ではないのか、そう考えてマンホールの蓋を開けてみようとしたことがある。でもそれはどこの世界にも繋がっておらず、ただ暗い闇と、汚臭が広がってくるだけだった。
 ソナーによる地下探索で、そんな人が生活できる空洞が地面の下にないことを知った今でも、そんな異世界にいって見たいと考える自分が存在することが不思議だ。

 世界はどこに存在するのか、といえば、それは認識している頭の中だけの存在なのかもしれないし、もしかするとなにが真実でなにが不明瞭なものなのか、その境界線はとても曖昧なものに感じられてくる。

 なにが真実かを知ることにどんな意味があるのか、それは誰にも判らないのだけれど。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-02-24 03:04 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

words are vain

d0103236_3321754.jpg

nagoya/aichi


 写真に文章は必要か、という議論は各所で数限りなく行われてきたことなので、あえてどうこう言うつもりは全くありません。必要だ、と思う人は付ければいいですし、自分で納得していることならそれでいいことでしょう。

 そうやって、あなたは自分の考えを押し付けるのですか?と言われたら、そうかもしれない、と答えるしかありません。これはけして投げやりになっているわけではないのです。むしろ、言葉にそれほどの力がないから、少なくとも私はそう思っているからにほかなりません。

 
 夜の町並み。
 木々は電飾で装い、その下を車が通過していきます。


 上の写真にこういった一文があったとします。
 単なる説明文ですが、そこにもう書き手の意思が入っています。
 絵を見れば一目瞭然でも、言葉でそれを表現するには、まず木々のことを書き、それから車のこと、といった具合に、順に表記していくしかないわけです。視覚的には同時に入ってくるはずの情報も、言葉はそれを一元に絞り込んでしまうため、そこにはなんらかの意図や書き手の思いが入ってくることは否めないのです。それが無意識であろうと、です。

 結果として写真につけられた文章を読むとき、それに誘導される形で解釈してしまうといったことも起こりえるわけですが、それでも写真に文章をつけてしまうのは、写真でしか表現できないことがあるのと同じように、言葉でしか伝えられないことがあるからです。
 そして写真と言葉、これらを同列に置こうとすること自体が間違っているのかもしれませんが、あえてそうしたい、という気持ちが強くあります。

 なぜなら、言葉は儚いから。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-02-23 03:50 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

printer

d0103236_19585530.jpg

nagoya/aichi



 しばらくぶりにフィルムを10本ほどまとめて現像しました。自分好みの現像方法を試行錯誤している段階ではありますが、100本くらい現像してもまだつかめないようです。まあ、地道にいろいろと研究してみようかと。

 現像だけでなく、プリントもやってみたいです。
 オークションなどで引伸ばし機などを見ていますが、程度と値段に見合うものがみつからないですねぇ。
 デジタル全盛のこの時勢、逆行するような趣味は比較的安価に楽しめそうな気もするのですが、やはりそれなりの投資は必要なようです。もう使わない暗室用品、いつでも引き取らせていただきますよ(笑)






※写真をあまり拡大して見ないでくださいませ。ニュートンリングが出ていますw 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-02-19 20:04 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

The present condition

d0103236_2593861.jpg

kurohime/nagano


 スキー場へ行って来ました。
 
 本当に、ただ「行って来た」だけで、ゲレンデを目の前にしながら全く滑っていないんですが。
 というのも、相変わらず腰痛は続いていますので、滑って転んで腰痛悪化、という事態だけは避けたかったものですから。ゆっくり温泉に浸かって療養してまいりました。

 滑りたくて仕方ない、といった欲求はほとんどないですね。
 というのも、北海道に住んでいたころ、せっかくウインタスポーツの盛んな土地に住んでいるのだから、という妙な強迫観念に駆られてスノーボードをやってみたことがあるのです。
 が、そこそこ転びはしたものの10数分練習していたら、どうにか滑ることはできるようになったんです。

 でも、楽しくない。
 どうやら私にとって、足元が不安定なスポーツ(スケートや波乗りなど)はあまり向いていないようで。
 では、なにが向いているんだ?と聞かれても、さあ?としか答えようがないのですけれど。
 スポーツは嫌いではないんですけどね。




*************************

少し前からタイトルだけ横文字になっていますが、特別意味があるわけでもなく、この言葉はどういう意味なんだろうなあ、と調べるつもりでやっています。
 翻訳サイトを利用して、「近況」と打ち込んでみたら出たのが今日のタイトル。
 プレゼントコンディション・・・本当にこれで合っているのか不安になることもあるのですが。
 なにか変だよその英語、と思われた語学堪能な方はご一報ください。あとでこそっと直しておきますので。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-02-17 03:10 | RICOH caplio R5

A smell of the winter

d0103236_0163776.jpg




 基本的に物語の中で書いていることはフィクションなのですが、事実が一部含まれることもあります。
 下のエントリの中では、私の嗅覚が少し弱い、という部分がそれです。

 といっても、子供の頃に比べればかなり改善されていて、全くわからない、というほどではないのですが。

 友人の家を訪ねたときに感じる独特の、その家の香りというか、染み付いた空気のようなものはよく感じます。そとでその友人に会っているときには全く判らないのに、どこでこんな?という各家庭オリジナルの雰囲気、とでも言えばいいのでしょうか。

 それから、季節の変わり目に感じられる香り。
 これも匂いというよりは、なんとなく湿度があるな、とか、ほんのちょっと爽やかに感じられるな、といった微妙な空気感でしかないのですが、そういったものを嗅ぎとると、なんだか少しだけ嬉しい気持ちになるのです。

 冬の、凛と締まって乾燥した匂いが好きです。




 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-02-16 00:23 | RICOH caplio R5

Smells Like Teenspirit

d0103236_19402598.jpg




 これは文字通りなのだけれど、私の嗅覚は生まれた時から人よりもかなり弱いらしい。
 体調によっても左右されるようで、酷いときにはガスの臭いさえもわからず、皆でカセットコンロを囲んで鍋をしているとき、あたり一面に漏れたガスにさえ気づかなかった。
 ほとほと困り果てた鼻ではあるが、実生活を送る上で一番なくても困らない器官は?と尋ねられれば、やはりそれは嗅覚ということになるのかもしれない。
 窓辺に飾られた花の香りがわからなかったり、食卓を彩る料理の匂いが感じられない、といった程度の不便さはあるにしても、それは生活を楽しむ上でのエッセンスでしかないわけだ、文字通り。


 人がガンに罹っていることを嗅ぎ分ける犬がいるという。
 ガン患者の呼気に含まれる微量な成分によってそれが判るらしいのだが、人間の数万倍といわれる嗅覚を持つ犬だからこそなしうる業なのだろう。
 しかし、人にもそれと似たような能力があると聞いたことがある。
 たとえば、異性の放つフェロモンに無意識に反応して好意を持ったり、あるいは愛情を抱いたりすることが挙げられるだろう。一説によると「一目惚れ」などはフェロモンのもたらす効果である、とさえ考えられているようだ。もちろん、生理的に受け付けない人の存在も見逃せないが。

 無意識のこういった行為を「能力」とするならば、という前提で話を進めるけれど、私にはある特殊な能力がある。

 そのことに気づいたのは今から1年ほど前のある出来事がきっかけだった。
 たいていの人が目的もなく町をぶらついているような場所がどこにでもひとつはあるものだけれど、私もその中の1人として意味もなく歩いていた冬の午後。
 特になにかを買い求めるでもなく電気屋や家具店をのぞき、なにかご入用なものは?と尋ねてきそうな空気になったらまた次の店に行き、歩きつかれたら喫茶店でコーヒーをすすりながら街行く人を眺めていた。風邪が流行しているのか、マスクを装着した人が目立つ。
 喫茶店独特のコーヒー豆とそれを蒸らすしっとりとした空気の香りなど、私には感じられるべくもなく、無臭に近いアメリカンコーヒーを覗き込みながら、ふと向かいの席に目をやると、そこには学校帰りなのだろうか、近くの私立校の制服を着た女の子が一人で座っていた。
 
 待ち合わせなのか、それともただの時間潰しなのかはわからないが、彼女は手持ち無沙汰に携帯電話を片手に持ち、ほとんどテーブルに寝そべるような姿勢で肩肘をついていた。
 これといって珍しい風景ではない、と思う。
 女子高生など隣の席にも数人がたむろして、今日学校であったこと、数学の教師がムカつく、誰それが別れた、といったたわいもない話を繰り広げていたし、別段私が制服マニアであるといった、特殊な性癖の持ち主であるというわけでもないので、普段なら日常の風景の一部分として流してしまう光景であったはずだ。もちろん、特別私の好みの容姿だった、というわけでもない。
 所在なげに携帯電話をいじるその子の顔だちは、どちらかというと幼くて、それを隠すために化粧を濃くしている、といった感じだった。学校は化粧してもいいんだっけ、まあ、どうでもいいか、などと考えながら、なぜか視線をなかなかはずすことが出来ずにいた。


 ふと、その女の子が顔を上げて私のほうを見た。
 しまった、あまり見つめすぎたか、という思いと同時に、今まで感じたことのないような情景が見えた。
 幻視、といえばそうなるのかもしれないが、そのとき見えたのは、その女の子と仲良く公園を散歩し、寝転んでいるネコを一緒になで、共にコーヒーを飲んでいる、そんな情景だった。
 公園も、コーヒーを飲んでいるのも、私には見覚えのない場所で、それが通常思い描く妄想の類とは異種であることを強く感じさせた。
 
 一目惚れ?そうとは思えない。
 恋愛経験がそう多いとは言えない私でも、人を好きになったときに感じる高揚感、心臓の鼓動が聞こえてきそうな感情には経験がある、だいぶ昔のこととはいえ。
 今回のそれは、そういった高ぶる気持ちといったものがまったくなく、ただ、流れる映画のシーンを見ているような、奇妙な冷静さがあったのだ。

 自分の見たこの情景がなんなのか、それを解明する方法はひとつしかない。
 私は、その手段に踏み切ることにした。






 要するにそれは、数ある選択肢の中から私が選ぶはずだった将来のビジョンだった、というしかないだろう。私に対して好意(愛情)を持つであろう相手の前でだけ、それは見えるらしい、のだ。


 成人式で若者に向かって挨拶する市長のコメントではないけれど「あななたたちには数多くの輝かしい未来が待ち受けています」というのは嘘だと思う。
 ある選択を要する時点に到達したとき、どちらを選ぶか、というのは個人の判断というより、それまでに積み重ねてきた経験や知識に基づくものであって、なにを選ぶか?ではなくなにを選んだか、という結果でしかないのかもしれない。
 まったく対等な二つの道があって、どちらに進むか?
 実際にはそういうことはほぼないと言い切ってしまうが、そんなとき、どちらがいいのかを判断するのは、意思というよりもむしろ本能に近い感情によるものなのかもしれないのだ。


 今、私の隣にはあのとき出合った女の子がいて、一緒にコーヒーを飲んでいる。

 それが唯一の真実。
 私がにおいを感じた、唯一の証。




 まあ、彼女には「あなたに好意を持つ人ってどれだけ少ないのよ?」と笑われてはいるのだけれど。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-02-14 20:29 | RICOH caplio R5