TTAGGG

<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Something being new

d0103236_23538100.jpg




 何か新しいことを始めるときにはいつだってわくわくしてしまう。
 それが、自分ひとりでは出来ないことだったりすれば特に、そう。
 誘ってくれてありがとう。
 心の安定がはかれているのはこちらのほうです。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-04-27 23:55 | CANON LENS 50/1.4

From a government signpost

d0103236_23555475.jpg




 見上げてよじ登って 吊られてゆらゆら

 揺れてひらひら あたりを見渡して

 そこから笑ってあげる

 何もなかったんだってことを





 





  
[PR]
by telomerettaggg | 2008-04-27 00:01 | RICOH caplio R5

In dim light

d0103236_18472377.jpg




 薄暗いとみんな美男美女に見えることもあるらしいけれど

 もとからの美男子を薄光に置いたらどうなるのかといえば

 やっぱり格好よかった





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-04-24 18:49 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

I am crazy about it

d0103236_2391223.jpg

nara



 夢中になれるってことと 周りが見えていないってことは

 近い意味のような

 引いて見てみること 俯瞰で眺めること よそ見することも

 たまには必要なのだと

 のめりこみすぎる自分に言い聞かせる





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-04-13 23:22 | RICOH caplio R5

I have possibility

d0103236_1241641.jpg




 期待抱えてのたうっている 恥らっている

 うねっている 頭抱えてる ずぶっている

 静寂と喧騒が交互によぎって 切断された思考回路

 有名無実の罪に溺れて 深く潜っている

 浮かぼうとしている 押しこめられている

 本当は何も考えていない





 


 

 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-04-12 12:09 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

Memory or art

d0103236_20583885.jpg



 つまりは、皆が並んでいっせいにカメラ目線で、はい、撮りますよ~の声とともにパシャ。

 そういう写眞しか撮っていなかった時期もあるわけで。

 それが悪いとか、そういうことではなくて、そうやって並んで撮った写眞と、

 その直前の気を抜いた自然な表情のギャップが、また面白かったりもする。

 そして、その直前写眞はフィルムでテロメアが、記念写真は俺がコンパクトデジカメで撮影。

 つまり、彼の中での優先順位はそういうことになっているようだ。






 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-04-09 21:02 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

deer

d0103236_22294312.jpg

nara



 この話を作ろうと思った原因になった写眞です。
 
 そんなに好きじゃないんだけど、くれるって言うんなら食べてやろうかい、といわんばかりのこの態度。

 嫌いじゃないです。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-04-08 22:35 | RICOH caplio R5

Limit of the age

d0103236_20375977.jpg




 限界は自分で決めてしまうものとはいうけれど

 もうそろそろ辛いかも そう感じる瞬間は確かにあって

 たとえば 若者のノリについていけないなあ と思うときとか





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-04-07 20:43 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

dispute outbreak

d0103236_19402762.jpg

nara


「次は大仏を見に行こうぜ」
「いや、五重塔がいいなあ~。お前はどうよ」
 腕組みしながら考えていた男は、ひとり悩みまくっている。
「ん、どうした?」
「いや……」
男はそこらじゅうを闊歩している鹿を眺め回しながら、
「あの、鹿がもらって食べてるせんべいあるよな。あれって果たしておいしいんだろうか」
「いや、うまくはないだろ。鹿はおいしいのかもしれないけれどさ」
「でも、あれ見ろよ」
後ろの男が指差す先には、観光客が差し出すせんべいに見向きもせずに座り込んでいる鹿がいた。
「食傷気味なんじゃないの。これだけ客がいるわけだし、たくさんもらって飽き飽きしてるとか」
「いやいや」これまで発言していなかった男が意外な事実を指摘した。
「そこかしこに鹿せんべいを売っているおじさんおばさんがいるよね。でも、無造作に並べられているせんべいを鹿が奪わないのはなぜだ。まさか、そう躾けているわけじゃないだろう」
「だから~。実はそんなに好きなわけじゃないんだって」
 いやいや、あーだこーだ、喧々諤々の論争が繰り広げられた結果、話は最初に戻った。
 一人が、150円でしかせんべいをひと束買い求め、全員でいっせいに食べてみることにした。

 せーの。

「味がしねえ~」




「で、鹿はこれがうまいと思ってるわけ」
論争はまたはじめに戻る。 




 

  
[PR]
by telomerettaggg | 2008-04-06 20:15 | RICOH caplio R5

childish sleeping face

d0103236_21372677.jpg




 
 生まれたときから時が過ぎると 自動的に大人になるシステム

 強がったり 知ったかぶりしたり お酒を飲めるようになったりすることが

 大人になることなら あなたは充分その資格を満たしている

 
 でもでも 寝顔はまだまだ子供みたい





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-04-05 21:43 | Nikkor50/f1.2 Ai-s