TTAGGG

<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今年もありがとうございました

d0103236_193631100.jpg



 仕事を始めてからずっと、体調が悪いなあと思っていたのですが、めまいと高熱、関節の痛みがひどくなり、休みをもらって病院にいったところ、めでたくインフルエンザの診断が。
 職場でウイルスを広めてしまうとまずいのでお休みをいただき療養中です。今年は散々な一年でしたが、最後まで踏まれまくりのようです。まあ、ネタになるのでいいんですけど。
 こういう状況を楽しんでいる自分がどこかにいます。


 さて、近況。
 文房具が楽しいです。
 つい先日、LAMYのサファリを手に入れて、その書き味に惚れ惚れとしています。EFの極細軸のわりには太字なのがちょっと気になるところですが、インクの粘度でも出かたは変わるようなので、いろいろ試してみようと思います。ペリカンのブルーブラック・ロイヤルブルー、パイロットのブルーと青インクには事欠きません。

 で、さらにおなじサファリのFをもう一本お買い上げしました。円高還元で安くなっているお店があったのでつい・・・。黄色の本体はビビッドで気に入っています。

もう一本。仕事上、印鑑をよく使うので、シャチハタを物色していたのですが、ポケットの中で行方不明になりがちなハンコでなく、ペンタイプのもので非常にそそるデザインの物を発見。

d0103236_19542619.jpg


ネームペン サイン

一目惚れです。
すごくいいなあと思っていたら、前にほしいなあと思っていたauのinfobarなども同じデザイナでした。
深澤直人氏、さすがです。
これでキャップレスだと、使い勝手もさらに増すのですが。
ペンのほうは、全長が11.5cmと少し短く、手のひらが分厚い僕にはほんの少し小さいのですが、ずしっとくる重量感が持っている、という気にさせてくれます。

 さてノート。
 

 メモはロディアで、普段使いのノートにはツバメノートにしてみました。

 

 これは書きやすいですね。漂白剤を使っていない自然な白も目に痛くなくていい感じ。リフィルタイプのものやリングのついたノートは、左ページが手に当たってとても書きにくいので、ずっと使い続けることができずじまいになっていました。書くときの姿勢が悪いからなのですが。

 来年はこんな感じで行きます。



 さてさて、今年もたいしたことは書かずに、いろんな方向転換もしつつ適当な更新頻度でしたが、見に来てくださったみなさん、どうもありがとうございました。



 来年もよろしくお願いいたします。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-12-29 20:03 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

なるほど、そういうことか

 
d0103236_16245981.jpg



 製造系の仕事は体力的にきつい反面、大企業なので年末年始の休日も10連休など当たり前でしたが、今の仕事はそんなことお構いなし。勤務時間も不規則。
 30日は休みですが、大晦日も、元旦も仕事です。なんとか3日は休み。連休は有給休暇がもらえるようになるまで当分おあずけみたい。

 曜日の感覚がなくなりつつありますし、クリスマスもカウントダウンも初日の出も関係なし。
 いやまあ、それは前からでしたけど。
[PR]
by telomerettaggg | 2008-12-26 16:25 | M-Rokkor40/2.0

激坂

d0103236_2055388.jpg






 住んでいる町わりと平地ばかりで、自転車で走るにはもってこいの場所です。慣れてくると物足りなくなるというか、ヒルクライム大好きな人が出てくるらしいのですが、まだまだ坂は苦手。ひぃひぃ言いながら登るのです。
 通勤に自転車で行きたいのですが、ちょど行程の中ほどに、斜度15度はあろうかという激坂が。

 まだ一度も乗ってません。汗びっしょりで会社に行くわけにもいきませんよねぇ。

 しかし、仕事が思っていたより体力的には楽で、体重はまた増加傾向にあるので、自転車通勤はしたいんですけれど。





 

追記
[PR]
by telomerettaggg | 2008-12-20 21:08 | M-Rokkor40/2.0

使いまわしですみません

d0103236_19495279.jpg

というかサイズがでかいっすねこれ



 先週は引越しやあれやこれやの手続きで忙しく、更新もままなりませんでした。
 新しい部屋はレオ〇レスなんですが、インターネットは即使用可ということだったのに、実際は最初のログイン作業をしてから24時間は使えず、メールの確認をしたくてやきもきしていました。ま、携帯からできるんですが(Webメールなので)

 苦労したのがWiiの接続です。無線LANではなく、有線での接続を使用してるんですが、レオパ〇ス専用のネット回線「LE〇NET」(伏字にもなってませんが無視してください)はログインの際にIDとパスワードを要求してきます。しかしWiiにはそんなダイアログは表示されないので、ネットで検索しまくって裏技でなんとか使用可能になりました。

 さて、明日から仕事開始です。時間も休みも不規則な勤務時間なので、これまで以上に更新が不定期になりますがご了承くださいませ。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-12-15 19:57 | Nikkor 50/1.4 Ai-s

使っている万年筆


 訪問販売というものが嫌いです。欲しくもないものを押し付けられるのは迷惑以外のなにものでもありません。こんなことを書いていながらわりと気弱なので、若い頃には押しに弱く、新聞を取ったりもしていましたが、今では「新聞?ネットで見るから必要ないです。そもそも新しいニュースを知ることに何の意味があるのですか?」と尋ねたら、販売員は言葉に詰まっておりました。浄水器の訪問販売員「この水でご飯を炊くと美味しさが全然違いますよ」僕の答え「お米はほとんど食べないのでおいしくなくてもいいです」よもやの想定外断り文句にセールスマンぐうの音も出ず。そんな、カレーのときしかご飯を炊かないテロメアですこんばんは。米アレルギィなんです。


 中学生の頃から、ノートを取るのはずっとボールペンでした。数学のノートも計算式を書くのにボールペン。間違ったら訂正線を引く。おかげで汚すぎてクラスメイトは誰も僕のノートを借りようとしませんでした。
 というのも僕は筆圧が高く、シャープペンや鉛筆ではすぐに芯が折れてしまうこと、右手の側面に黒い跡がつくのが嫌だから、というのがその理由でした。答案用紙もボールペンでした。さすがに受験のマークシートは鉛筆指定なので仕方なく使いましたが。だから、万年筆が使いたくて買っても、すぐにペン先が開いてしまったり、紙を破いてしまったりで到底無理だったのです。

 そんな僕も、20代の時に手首を傷めてからというもの(筆圧が強かったからではありません、念のため)ペンを軽く持って書くようになり、昔からの憧れだった万年筆でかけるようになりました。こ汚い文字ですけれど、文章を書くのは子供の頃から好きだったので、やはり物書きに万年筆、というのは理想、という図式があるんです。

 じゃあ、今使っているのはどんなのかというと、こんなの


 

 セーラー ヤングプロフィット

 ヤングですよヤング。
 定価5000円くらいの安物ですが、非常に使いやすく、普段の書きものはこれですべてまかなっていました。



 でも、最近のお気に入りはこれです。

 

 PILOT ペン習字ペン


 定価わずか525円。
 はじめて万年筆を使う人にも握りやすい形状で、正しい持ち方で書けるようになります。僕の書く姿勢はかなりゆがんでいて、左側がかなり下になる(右肩がまわりこんだような、といえばいいのかな)のですが
これだと力を込めなくてもきちんとかけます。
 EF軸で、しかも非常に極細です。インクフロウもパイロットにしては少なめで、手帳に小さな文字を書くときは重宝しています。なにしろ、この価格なので、壊れてもさっさと捨てることが出来ます。ある意味万年筆という名前に全くそぐわない商品ながら、取っ掛かりとしては入りやすい万年筆ではあります。こんなに安いのにコンバータにも対応しているのが素晴らしい。いや、10本入りカートリッジでもかなり長持ちするインクフロウなんですけどね。


 少し前までCROSSのATXも持っていましたが、僕にはかなり頑張って買った1万近い高級(僕にはですよ)万年筆も、そのインクの出方と書き味がどうにも気に入らず(ちゃんと試し書きもしたのにね)すぐに手放してしまいました。

 明日には届くLAMYのサファリがどのくらい使い勝手がいいのか、今から楽しみです。
 
 ローラーボール仕様にも興味があったりします。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-12-10 00:20

町へおいでよ どうぶつの森

d0103236_14493281.jpg





 今週末に予定していた引越しが都合によって早まってしまい、あと3日しか猶予がありません。慌てて荷物をダンボールに詰めつつ(でもすぐ近所だから超適当)ヤフオクの荷物発送の手配や各種手続きを平行処理しながら、なぜかどうぶつの森にはまっているテロメアですこんにちは。ハッ、警察署にいくの忘れてた・・・


 せっかくwiiをもっているのにwii fitは全く使わずじまいです。そもそも、自転車に乗ろうと思ったのも、周囲には説明が面倒なので「健康のため」などと言っていますが、本当は、単純に乗りたいから乗っているだけのことです。その結果として痩せるのは大歓迎ですが、痩せるために何かをする、というのが本末転倒に思えてしまうこのひねくれた性格。
 なのでトレーニングのためのローラー台にも全く興味がありません。
 人によっては、体を鍛えるということ自体が目的になるのでしょうけれど、ジムに通うなど僕には何のことやらさっぱりわかりません。
 そんな僕がwii fitのトレーニングを根気強く続けられるわけもなく、一月もせぬうちに、使いづらい体重計としての役割しか果たさなくなっていました。というわけで処分。

 もともとあまりゲームをするほうではありません。いちどはまるととことん集中してしまいますが、普段は他にしたいことが多すぎて、時間をとられるゲームにまで手が回らない、これが現状です。そんなある日、珍しく見たCM(テレビ番組は録画してCM飛ばしでみるのでめったに見ません)で夏帆さんがプレイしている町へおいでよ どうぶつの森を見たとたん、むしょうにやりたくなってしまいまして。

 ゲーム内容ですが、買う前には、現実世界と乖離した、動物たちの住む森で、のんびり暮らすだけのゲームだと思っていました。ときたま町に出かけたりとか(新しい機能らしいですね)
 始まるとすぐに、たぬきち商店のたぬきちくん(まうごとなき狸)が現れ、住む家を選ぶよう要求します。
 決めると、借金になるので返済するように言われます。ぉぃぉぃ、これってくれたのじゃなかったんかい、と無駄な抵抗の言葉を吐きつつ、素直に従うしかないわけで。
 このゲームは家の借金を返していくことがメインテーマのひとつになっているようです。返し終わったら即座に家を大きくしろよぉ~、と悪徳リフォーム業者のような勧誘。まさに守銭奴たぬきち。

 返済は、森になっている木の実や貝を拾ったり、川や海で釣った魚を売ることで行います。しかし、このゲームってどんな年齢層をターゲットにしているのでしょう?「イカを釣り上げた げっそー」とか「タコを釣った これでもうお墨つき」など、親父ギャグ連発のコメントが出ます。ちなみにwiiリモコンを使っての釣りはすごく簡単で、借金返済のほとんどを魚を売ったお金でまかなってしまえたほどです。少しだけ大きくなった家の中には売る前の魚の水槽がぎっちり詰まって文字通り足の踏み場もありません。

 たまに、もりの住民(カエルやら猫やら鳥やら)が欲しいものやお願いをリクエストしてくるので、かなえてあげると、お金でお礼してきます。いやー、むっちゃリアル。設定がファンタジーなだけに余計現実的すぎて、のんびりしている、という感覚がありません。ひねくれた性格なのでそういうところも気に入ったんですけどね。

 ところで、このゲームはWi-Fi通信でよその村へ遊びに行くことが出来ます。
 が、村の外へ外出しようとすると門番に「テロメアさんにはまだ友達が一人もいないので、どこにもいけませんです、はい」などとこれまた現実と同じ境遇を思い知らされる言葉に多少凹みがちです。

 お暇な方は、友達になってください(これが言いたいがための長文)

 ともだちコードは 4940-9184-2469 ビアンキ村のテロメアです。なんちゅう村の名前(笑)
 鍵コメで友達コードとお名前を教えてくだされば僕も即座に登録いたしますです、はい。

 登録すると他のゲームでも有効なのかな。いま、マリオカートにも興味があります。

 絶交しないでくださいね(21世紀少年的な意味で)




 
 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-12-08 15:45 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

本とか手帳とか筆記具とか

d0103236_1905025.jpg



今日は長文です。



 あとわずかの余暇を利用して猛烈な勢いで読書しているテロメアですこんばんは。というかいつでも本(マンガも)読みますし、だいたい去年は半年も働いてなかったし。

 友人に借りた海外本、アレックス・シアラーの「チョコレートアンダーグラウンド」が面白かったです。
 題名どおり、チョコレートについての物語なのですが、表紙はチョコレート色、そして文字も微妙にチョコレートっぽいインクというこだわりよう。むしょうにチョコレートが食べたくなります。
 翻訳されてまで海外で売られる本は、どれも名作だからこそ、そこまで手間をかけて出版するわけですが、じゃあ読んでみようか、と目を通しても、なにが面白いのかさっぱりわからないものが多すぎて、このごろではあまり読まなくなっていました。
 もちろん原作の国との文化の違いに違和感を覚えるからかもしれませんが、一番の原因は、翻訳者に尽きると思います。サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」の翻訳家、野崎孝氏の訳はすばらしく読みやすくてお気に入りなのですが、これが村上春樹の新翻訳版になると一転します。文章が村上春樹調になっとる。あの人が翻訳するとフィッツジェラルドもサリンジャーも同一人物かと思ってしまいます。それがいいところなのかもしれませんが。

 一応書いておきますが、村上春樹の作品は好きですよ。ストーリィは好みですが、あの文体も大好きです。昼間からビール飲んでのんびりしている主人公がやたら出てくるところとかも。ねじまき鳥クロニクルがまた読みたくなってきたぞ。

 話を戻しますが、チョコレートアンダーグラウンドの翻訳者は金原瑞人(かなはらみずと)です。初めてこの人の翻訳ものを読みましたが、素晴らしい。平易なで、明快で、誤読しようのない文章には引き込まれてしまいます。主人公が子供なのにくわえて、文章が読みやすいのでジュブナイル版かと思ってしまったほどです。ちなみに、「蛇にピアス」の作者、金原ひとみはこの方の娘ですね。

 海外本は翻訳家で選ぶ。これもひとつの選択肢だと思います。

 内容については書きません。僕は評論家ではないし、あらすじを見てしまったがために読むときの新鮮さを薄れさせてしまうかもしれないからです。
 僕は、読んだことのない作家の本を買うとき、表紙のイメージとタイトルだけで決めてしまいます。いわゆるCDとかのジャケ買いみたいなものです。
 なので、海のものか山のものかもわからぬ全く新しい作家の本に新刊で数百円も出す気にはなれないので、もっぱら古本屋です。こういうときはアマゾンよりもブックオフオンラインが便利です。1500円以上買えば送料いらないし。





 d0103236_19185163.jpg



 しかしというか当然ながら、ネットオーダでは読みたい当日に手に入るわけでもなく、そういう時は書店に行くしかありません。今日は自転車雑誌や、マンガを数冊買いました。

 そういえば、新しい職場で使うメモが必要だったので、あれこれ物色していました。手にしっくり来るもの、といえばモレスキンくらいしか思いつかず、でもこの紙は万年筆のインクがにじむんだよなあ、どうしようかなあ、などと悩んでおりました。今使っている万年筆はSALORやPILOTの安物ですし、インクも決して高級なものではありませんが、安いインクだからといってにじむのでは使えません。ペンの試し書きはあっても、紙の試し書きはないみたいなので、博打みたいなものです。
 今年は我慢しながらモレスキンの手帳を使っていましたが、来年は何の変哲もない能率手帳です。牛革カバーはモレスキンですが。

 そんな時に見つけたのがロディアのメモパッド。NO.12サイズで一冊231円。インクがにじんでもこの値段なら諦めてボールペン用として使えます(電話しながらの落書き用とか) 
 帰ってからいそいそと試し書きしてみたのですが、これがまったく滲まない。お買い得でした。というか、多分100円とかで売っている紙でもインクの滲まないものなど探せばあるのでしょうが、このオレンジの表紙にやられました。はい、デザイン優先セレクトの法則はここでも有効です。だいたい好きな色といえばまずはオレンジ、次は黒か赤ばかりなのです。



 今使っている万年筆のペン先もかなりへたってきたので、急な思いつきですが、新しいのを買うことにしました。それこそあれこれ試し書きさせてもらって、ラミーのサファリ(一番安い)、ペン軸はEF(極細)に決定。
 極細といっても、今使っているセーラーのFくらいの細さです。たぶん僕の筆圧のせいだとは思うのですが。色は、オレンジがなく、黒もEF軸のものがなかったので、青にしました。インクは青しか使わないので、まあいいかなあと。

d0103236_206753.jpg

 しかし、レジに持っていって、カートリッジも一緒に買おうとしたら、一本もないと店員は言います。あまり売れないのでどうも在庫をおいていないぽいのです。カートリッジがすぐに手に入らない万年筆など使い勝手が良くないので、結局時間をかけて吟味して買わずじまい。50本くらい取り寄せておけば当分持つのでしょうが、本体よりも高くついてしまうのはなんだかなあ。

 帰宅してからネットで調べると、この万年筆はカートリッジインクだけではなく、コンバータにも対応していることがわかりました。インク瓶から吸い出して使えるのなら、取り寄せてもよかったのに。
 店員めえ、そういうことは一言もいわなかったじゃないか。おそらく知らなかったのでしょうけれど。
 厳しいこといいますが、商品知識もない人が客の応対に立ってはいけません。新商品ならともかく(それでもアウトですが)ラミーのサファリなんて定番ど真ん中ですよ。筆記具には詳しくない僕が知ってるくらいなのですから。

 結局、一度買う気になった購買欲は薄れることなく、ネットで注文。書き味もわかっているし、そう考えれば、お店であれこれ悩んだのも無駄にはならないというものです。もちろんコンバータも一緒に買いましたよ。





 
 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-12-07 20:10 | RICOH caplio R5

なにやら忙しくなりそう

d0103236_0521463.jpg

かなり前に撮ったホルガ。既出かも。




 数々の転職を繰り返し、製造業や一次産業、サービス業や営業、はては警備員といろんなジャンルの仕事をやってきたテロメアですが、今回の就職はこれまでとは少し意味合いが違います。
 それまでは、資格がなくても(あったほうがいいものもあったけど)できる仕事ばかりでしたが、次はそうはいかないのです。バイト扱いで決まった、と書いたのは、資格(正確には国家資格ではなくそれに順ずるもの)がないからで、それまでは専門学校に通いながら働かなくてはなりません。おそらく数ヶ月間は休みが全くないでしょう。
 気軽に初めて気に入らなかったら辞めるというわけにはいきません。それでもこの仕事を選んだのは、やはり昔からやってみたかったから、という気持ちにつきます。大変なことは判っていますし、それに加えてこの業界自体の給与が少ないこともわかった上で、自分がどこまでやれるのか、試してみたくなったのです。

 甘やかしてばかりの日々でここまでやってきましたが、間違いなく人生の半分を超えたであろうこの年齢になって(うちの家系の平均寿命による概算)、そろそろ自分を鍛えなおしてもいいんじゃないかな、と考えました。
 ブログやHP上で、何の仕事をしているのか、その内容は明かしませんが、陰ながら応援していただけると嬉しいです。



 就職のこと・転居のことなど、やらなければいけないことをノートに書き出したら、10項目ほどありました。役所や銀行、病院にも行かなければならず、後一週間ほど余裕があるとはいえ、忙しくなりそうです。あと少しの休息・・・とりあえずマンガ読んでいました。だめだなあ。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-12-07 01:07

ポートレイト撮影とか

d0103236_1835655.jpg



 あまり人から天然とか言われたことはないです。自分ではしっかりしている性格だと思うのですが、先日、昼寝していたらチャイムが鳴り、慌てて出ると宅配便が届いていました。
 荷物を受け取り「ここにサインお願いします」といわれるがまま紙片にサインし、なぜか荷物のほうを渡してしまいました。「いや、あの・・・寝ぼけてたので」としどろもどろで弁解しつつも、二人で大笑いしていたテロメアですこんばんは。あると思います。

 撮影する、といえば街中や路地裏をあるきまわり、人がいるいないに関わらずこれは!と思ったものにカメラを向けてシャッタを切る、それが普段の撮影スタイルです。ときたま声を掛けて街行く人を撮らせてもらうこともありますが、たいてい許可を得る前に数枚は撮っています。よほど遠い距離からならともかく、近距離の場合は、了解が得られるならブログに載せてもいいですか、と聞くようにはしています。無許可もありますけれど。(本人が見ておられて削除要請があればすぐに消します)

 写真サイトを通じて知り合った友達がいます。かれこれ一年以上仲良くさせてもらっていて、少し前に冗談みたいに、モデルになってくれない?とお願いしたら、あっさりOK。撮らせてもらうことになりました。

 いままできちんとポートレートを撮った経験もないので、ほとんどぶっつけといった状態で臨み、終ってから思ったのは、やはり照明をきちんとやらなければ難しいな、ということでした。屋外ならまだレフ板がわりに白い紙を持ったりすることである程度しのげますが、今回は室内。35ミリ一本。蛍光灯のみ。
 よほど淫靡な空気を出したいならともかく、爽やかに撮ろうと思ってもできない、おおよそポートレイト舐めてんのかといわんばかりの撮影でした。サイトのほうに一枚載せていますのでどうぞ。ネットで顔をだすのはNGなので、撮った大半のカットは公開しませんがあしからず。


 それにともなって現像したのですが、現像自体が5ヶ月ぶりでした。ほかにも数本、いつ撮ったのかわからないフィルムがあったのですが、なんか一昨年の写真展のころのカットとかありました。どんだけ撮ってないんだよわいは。
 しかも、すべて感度100だと思っていたのに、一本だけNEOPAN400prestoが。図らずもハイキーな仕上がりになっておりました。スキャンする気も起きません。
 フィルムは100フィートの長巻を使っていますが、これだけ撮影頻度が落ちると、わざわざデイロールで手巻きするより市販の36コマフィルムで充分じゃないかな、とも思ってしまいます。まあ、デイロールは中古で500円の品ですけども。パトローネ24本のほうがよほど高くついています。


*************************************************

 引越し先は今とおなじワンルームなのですが、キッチンとリビングが扉で仕切られているので、実質のスペースはかなり狭くなっています。しかも僕の苦手なロフトつき。天井が高いのは閉塞感がなくていいんですが、夏は暑くて冬は暖房が効かないので好きではないのです。ロフトは布で仕切って物置にするとして、自転車を2台も室内に保管することは物理的に不可能な状態。

 泣く泣く、Chodaa Bloom Canaff-CS2.4を処分することにしました。ヤフオクに出品していますので、興味のある方はごらんになってください。singさんいかがですか?





 
 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-12-05 19:06 | RICOH caplio R5

サイクルコンピュータとか

d0103236_18432951.jpg



 まずは、仕事も決まって一安心のテロメアですこんばんは。バイト採用みたいなものなんですけどね。


 Bianchi Lupoと同時にこんなものを買っていました。

 
 cateye CC-RD200 [STRADA CADENCE](ストラーダ ケイデンス)

 Chodaa Bloom Canaff-CS2.4-26を手に入れたときも、サイクルコンピュータは同時に買ったのですが、簡単なスピード表示だけではなんだかつまらなくなり、ケイデンス表示できるものを探していて見つけたのがこれです。コラムとハンドル、どちらにも取り付け可能で、スリムなデザイン(これが重要)だったのが決め手でした。
 ケイデンスの最高表示が記録されないのがちょっと不満ですが、あとは何も問題なく、使いやすいです。


 あと、先日のエントリの写真に写っているペダルですが、やはりSPDペダルだろ、ということで購入したのです。


シマノ SPD-M520


 シューズも揃えて購入して、近場を走り回ってみました。が、気軽に街乗りするのに、足が固定されている状態というのは非常に不便。これも慣れなのでしょうが、心理的に縛り付けられている気がして落ち着かないのです。なのですぐに取り外して元に戻してしまいました。そのうちまた使いたくなると思うので、決して無駄にはなっていませんええそう思いたい。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-12-03 19:15 | RICOH caplio R5