TTAGGG

<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ミクロとマクロ

d0103236_220299.jpg



 人差し指を自分に向けてどんどん近づける
 同じ形なのに 歪曲していく指
 小さなものも大きなものも大局で同じものだと知る
 違うものに見えても同じ
 同じものに見えても違う
 執着すれば変形しいずれゲシュタルト崩壊に至る
 ほんの少し 目線を変えて見るだけで
 こんなにも美しい





d0103236_225676.jpg

[PR]
by telomerettaggg | 2009-04-11 02:26 | RICOH caplio R5

少年ナイフ/a pen/

d0103236_17443075.jpg




 耳や首筋にかかる髪の毛が鬱陶しくなってきたので切りました。自分で。

 ナイフは文房具というか、アウトドア用品、ということになるのでしょうか。
 ○○と煙は高いところに昇りたがるとか、○○とはさみは使いよう、とかいろいろ言われても、昔からナイフは大好きです。キャンプをしたかったからナイフを買ったのか、はたまたナイフが欲しかったからキャンプを始めたのか、自分でも定かではありません。

 同じようなナイフ好きでもいろいろあるようですが、バタフライナイフやコンバットナイフ、はたまたスペツナズナイフなどにはまったく興味がありません。単純に、造形が美しいもので、手の中にすっぽり収まる程度の大きさのものが好きなようです。
 キャンプ生活というと、ツールナイフのような、何種類もの機能がついたものを連想してしまいますが、単純に切るだけならば、やはりただのナイフのほうがはるかに使いやすいですね。たったひとつ機能しかない製品には独特の美しさが備わっているな、と感じます。多機能製品をあまり好まない性格はこのへんから始まったような気もします。

 lovelessがいつかは欲しいものですが。カメラで言うライカのような存在です。とんでもなくお高いので、まあ買うことはないと思うのですが。あ、包丁も好きですよ。ヘンケルくらいしか持っていませんけど。


 
 
d0103236_180471.jpg

 現在のLAMY。青はEFでブルーブラック、黄はFでロイヤルブルーインクを入れています。どちらもペリカン。
しかし、どちらも字の太さはほとんど変わらず。僕の外見とは裏腹に小さな字を書くので、万年筆は細字オンリィになってしまいます。
 赤はゲルインキボールペン。見事に太字でメモ帳に殴り書きするときにしか使わないというある意味一番贅沢な使い方かも。
 万年筆は手帳に読んだ本や日々のちょっとしたことを書くのに使うのが主です。
 今年の手帳はどんなインクでもほぼにじまないのは気にいっていますが、LAMYだとインクフローがよすぎるのか、なかなか乾かないのがちょっとこまりもの。といっても30秒ほどですが、そのあいだ閉じられないわけで、結局外出時のメモにはペン習字ペンを使っています。おなじEF軸とは思えないほどの極細字ですよこれは。



 
d0103236_18123320.jpg



 ひとつ前のエントリで書いたレシピのケーキ。
 内容物はリンゴではなくミカンになっています。
 炊飯器のスイッチを入れてからふと、あったかいミカンっておいしくないよな、ということに気づきました。今冷蔵庫で冷やしているところです。さて、味はどんなものでしょう。砂糖の代わりに缶詰のシロップを入れたこともあって出来上がった釜の中はあったかいミカンの芳香でいっぱいでした、うぷ。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2009-04-09 18:21 | RICOH caplio R5

くだらないことをあれこれと

d0103236_17382620.jpg






 なんとか平常心にもどりつつあるのでなにげなく通常更新。とはいえ、写真をほとんど撮っていないので載せるべき現物がないのですが。

 寝ぼけて録画した番組を見ていて、いつの間にか眠ってしまい、そのまま惚けた頭でデータを消去してしまうことが何度もあります。あ、HDDレコーダです。続きもののアニメとかでこれをやらかすとものすごくやってしまった感はいなめないのですが、あまり確認していなかったPCのマイピクチャフォルダを見ていたら、なぜか当ブログにアップした写真のデータのみすべて消えていました。なぜだ?
 バックアップはとっているし、そもそも消えたフォルダはブログ用にリサイズしてレタッチしたもので、さらにいうならほとんどフィルム撮影したものばかりなのでまったく問題はないのですが。
 しかし、さすがに買い替え時期に来ているのかもしれません。vistaを飛ばして次の7が出るまで持たせたいんですが、さあ、どうなることやら。


 体を動かしていない今、アルコールはほとんど飲みませんが、基本的に好きです。しかし、甘いものも好き。俗に言う「両刀使い」ってやつです。しかも、酒は苦手な種類がある(芋焼酎とか)のに、甘いもの(スイーツっていう言い方は嫌い)は和洋中なんでもござれ。羊羹片手にバーボンを傾ける、という傍目にはウゲッと思われそうな組み合わせでもまったくお構いなしの嗜好を持ち合わせています。中菓子ってなんだ。月餅とか胡麻団子とか?

 今の部屋に引っ越してきてからは、オーブンがないので、そんなに凝ったものは作っていませんが(あっても作っていませんが(そもそも作れませんが))簡単な蒸しパンくらいならレンジで気軽に作ってむしゃむしゃと食べております。

 と、前々から、どうも炊飯器でケーキが作れるらしい、ということは知っていたのですが、ようやく「なら作ってみようかい」ということで、リンゴケーキみたいなものをこしらえてみました。

1 薄力粉  110g
2 ベーキングパウダ 小1
3 リンゴ   1個
4 砂糖   80g
5 卵    2個
6 サラダ油  50g

1) 1・2はふるいにかけておく
2) リンゴは芯を抜いていちょう切り
3) 砂糖と全卵をざらざらしない程度に泡だて器で混ぜる
4) 1)に油を加えて混ぜ、さらに3)をくわえてよく混ぜる
5) 炊飯器の釜に油を塗り、底にリンゴを敷く
6) 残ったリンゴを生地に入れて少しかき混ぜ、釜に流し込み、軽くしたからトントンと叩いて空気を抜く
7) 炊飯器スイッチON。炊き上がってもまだよく焼けていないようならもう一度スイッチONすればよし。

ほんとはサラダ油じゃなくて、バターを使えと指示されていたんですが、バター高いし。
サラダ油のほうが軽く仕上がるので好みです。しっとりが好きな人はバターでいくべし。
あ、香り付けにシナモン入れるとなおよし。

炊飯器をスイッチONするまでなら20分もかからずにできるので、お手軽です。
かなりの大食漢な僕でも全部食べるのはちょっと苦しい(いやなぜ一気に食べようとする?
ちなみに、回転寿司だと20皿くらい食べれます。
このケーキだと原価200円もしないので、コストパフォーマンスもかなりよさげ。いや、毎日食べるわけにもいきませんが。次はみかんの缶詰でやってみようと思っています。

あ、写真は蒸しパンのほうです。
リンゴケーキもどきは撮る前に食べてしまいましたのでまた今度お披露目しますね。
いや、見たい人いるのだろうか。

cookpad.comで「炊飯器 ケーキ」で検索するとこういうレシピが山ほど出てきますよ。






 
[PR]
by telomerettaggg | 2009-04-05 18:19 | RICOH caplio R5

のんびり

d0103236_23491980.jpg



気が向いたときにぶらぶらと。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2009-04-04 23:51 | RICOH caplio R5