TTAGGG

<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

悲しみは地下鉄で

d0103236_05300126.jpg

 悲しいほどに人の心の機微がわからない。
 それと同時に、なぜ僕はこんなに理屈で物事を考えてしまうのだろうと鬱屈した感情に支配される。

 高校生の頃、飼っていた猫が車に轢かれて死んだ。
 僕は新聞配達をしていて、毎朝5時前に家を出る。販売所で新聞をカブに積み込み、それから家の前を東西に貫くバイパスを配達区域まで向う。
 高速道路への接続道路にもなっているので早朝でも交通量は多い。その日も大型トラックにおびえながらバイクを走らせていたのだが、家の近所に弾かれている猫を見たときも、それが自分の家の猫だとは全く思い至らなかった。まだ陽は上っておらず薄暗かったからかもしれない。
 配達が終わって同じ道を戻るとき、あれ?これってまさか……血の気が引いた。
 
 猫は外傷こそほとんどなかったもののお腹をタイヤに轢かれて長くなっていた。血はそれほど出ていなかった。僕は猫をバイクのカゴに乗せて、泣きながら家に戻った。
 家族に猫が死んだことを告げ、ひとしきり泣いた。

 高校に行く時間が迫っており、僕は涙を拭きながらも心のどこかは冷静だった。手を洗わなきゃ。死んだばかりの猫を汚いと思った意識はないのだけれど、なぜかそう考えていた。


 感情より、理性が先にたってしまう。それは今になっても変わらない。


 女の子と友達になった。
 初対面の印象は、猫みたいな子だな、だった。
 仲良くなってからそのことを言うと、自分はどっちかというと犬派だからと不本意そうではあったけれど、切れ長の目や狭い額が上品なペルシャ猫を思わせる風貌で、とてもかわいらしかった。
 最初はどちらかというととっつきにくく、一旦心を許すとずかずか僕の心に踏み込んでくるところも猫のようだと思った。踏み込まれた僕は、しかしそれを不快には感じず、むしろ心地よく思った。
 誰にでも心を開かない僕も、その子には本音で物を言う事が出来るようになった頃、ちょっとした不注意で心にもないことを告げたことで、彼女の態度は一変して冷たくなった。
 しかし、僕の言葉のどこが彼女の怒りのスイッチを押したのか、それが全く判らない。話したことをよくよく思い返して、あれだったか!と腑に落ちたときはもう遅かった。
 拒絶の一辺倒に僕はなす術もない。言いわけも、謝罪の言葉も逆効果になってしまう。時間が解決してくれるものと願いながら、悲しくなる。

 所詮、理屈は感情論に太刀打ちできない。
 判って欲しいと言葉を尽くしてもそれは意味を成さない。彼女の沈黙が怖い。恋愛感情がゼロだといってしまえば嘘になるが、別に彼女と付き合いたいとはあまり思わない。そもそも、彼女には好きな人がいる。その人を少し羨ましいとは思っても、それを奪ってどうにかするとか思ってもいなかった。
 ただ、仲のいい友人でありたい。そう願い、その関係がこのまま続くことが一番の望みだった。

 この話に結末はない。解決策もない。なぜなら彼女はもういないから。僕の前から、この世の全ての人の前から姿を消してしまったから。

 後悔のない人生を送りたい。
 そう願ってきたけれど、ただひとつ僕が後悔するのは、彼女の誤解を解くことが出来なかったこと。仲違いをしたままになってしまったこと。

 ただ、それだけ。

 でも、それはもう叶わない。

 僕が出かけるとき玄関の鍵を閉めなかったから猫は死んだ。賢かったその子は自分で戸を開けて外に出かけ、そして轢かれた。

 悲しみは理性で打ち消せるのだろうか?それらはひとつの人格の中で、はたして同居できるのものなのだろうか?そう想う時、自分が人間ではない、いびつな存在に感じられてならない。









More
[PR]
by Telomerettaggg | 2014-10-28 06:28 | SIGMA 30mmF2.8DN

いつもギリギリまで寝ます

d0103236_22215510.jpg

 こんな人生もありだと思えるころ 声が聞きたくなるでしょ


モーモールルギャバン~goodbye thank you~





[PR]
by Telomerettaggg | 2014-10-26 22:24 | SO-03D

SUZUKI GSR250S

d0103236_16155966.jpg

 1ヵ月半待ったオートバイが納車されました。
 およそ1年乗ったFTRは下取りに出したのでこれでお別れです。軽くて乗りやすくてとてもいいオートバイでした。もっと歳を取ってからでも気軽に乗れそうなので、いつかまた出会う日が来るかもしれません。

 スズキの250はこれが始めてで、しかも二気筒バイクも初。ハーフカウルモデルも始めてで、しかも新車購入はおおよそ20年ぶりとあって、興奮さめやらぬまま購入したバイク店から乗り出しました。

 の、乗りやすい!
 下からトルクがあるので適当にアクセルを開けてクラッチを繋げば簡単に走り出します。ハンドルも高くて切れ角もあるのでUターンもしやすい。

 気がかりだったのはFTRより70キロ以上アップした車重と、シートの高さでした。たしかに片足が地面に着くくらいなのですが、親指の付け根、いわゆる拇指球が地面に届くのでそう不安感はありません。重さも走り出せばなにも気になりませんし、押して歩くときも1歩目の踏み出しこそそれなりに重量はあるものの、取り回しに不安を覚えるほどではありませんでした。

 なにより、2気筒エンジンのスムーズさに驚きました。
 1000kmまでは慣らし運転なのでまだ6000rpm以上回していませんが、静かに加速していきます。


 正直、デザインについては最初「なんだこの変なスタイルは?」と思っていたのですが、実車をみるとそんなに変ではない、いやむしろ個性的で格好いいとすら感じるようになっています。メタリックブルーの塗装も非常に美しいのです。ほとんど親馬鹿のような贔屓目だとは思うのですが、長く付き合っていけそうなオートバイになりそうです。







[PR]
by telomerettaggg | 2014-10-19 16:28 | SO-03D

もうすぐGSR250Sが納車されます


d0103236_13150991.jpg


 注文したのがお盆過ぎで、当初の予定では9月末納車予定だったGSR250S。

 配送の都合などもあって2週間ほどずれ込み、ようやく納車されることになりました。バイクカバーやリアボックスなどの用品を揃えて待ち構えていましたが、ほぼ2ヶ月も待つのはつらいものですね。人気のラーメン店に並んで15分待つのも面倒くさがるくらいなのですが、こちらはじゃあ別にいいや、とはいかないものですから。

 オートバイで走って気持ちいい季節はあと少ししかありませんが、今年中に慣らしを終わらせたいものです。

 ……真冬でも走るんですけどね。






[PR]
by telomerettaggg | 2014-10-12 13:21 | SIGMA 30mmF2.8DN

20年ぶり

d0103236_16465178.jpg


 ほぼ20年以上ぶりにゴルフ練習場へ行ってきました。
 100球ほど打って空振りは最初の一球だけだったので、久しぶりのわりにはまずまずではないかと。そのかわり、まともに飛んだのは半分以下で、会心の当たりだったのはわずか3球ほど・・・
 椎間板ヘルニアの持病があるのでゴルフは難しいと思っていましたが、正しくスイングできれば痛みはないことも判って一安心です。

 そして今、猛烈な腰と腕の筋肉痛になっております。鍛え方が足りませんね。






[PR]
by telomerettaggg | 2014-10-05 17:02 | SIGMA 30mmF2.8DN

虚空を見つめる

d0103236_04244883.jpg

 視線の先を追ってもなにもない、そんな虚空を見つめる猫には一体何が見えているのだろう?







[PR]
by telomerettaggg | 2014-10-02 04:26 | SIGMA 30mmF2.8DN