TTAGGG

タグ:お知らせ ( 38 ) タグの人気記事

無心で臨む

d0103236_3205936.jpg



 数ヶ月も更新しないかと思えば連日書くのもこのブログの特徴のひとつ、と言ってしまえば聞こえはいささかいいかもしれないが、実のところ面倒くさい病にかかってしまうといろんなことが瑣末に感じられてしまい、何もする気が起きなくなってしまうのだ。

 それから、急に文体が変わるのもこのブログの特色である。実は私、ですます調で文章を綴るのは非常に苦手なのだ。もともと語彙が貧弱な上に文体にこだわりがあるわけでもないから、連続して「ます」「です」「です」と連ならせてしまう。むしろ私自身がDEATHである。意味なしジョーク。

 やる気がないくせに新しい物好きで、いろんなサービスに手を出してしまう。
 現在このブログのほかにフェイスブック、ツイッターも長らく利用している。それに加えてインスタグラムもつい最近はじめることとなった。では、このブログはどういった利用方法にすればいいのか?

 ツイッターでは長文が書けない。つい昨日、どうやら140文字制限をなくし最大1万文字まで書き込めるようになる、という情報が持ち上がったが、そうなったら利用しなくなるだけのこと。ツイッターはあくまでも短文投稿が主目的である。
 フェイスブックはあくまで友人との交流プラス、日記のようなものを綴るだけになっている。いかんせん、40男の日常がそれほど変化に富んだものであるはずもなく、たまに起こった出来事を書く以外は友人のポストに「いいね」をクリックするか稀にコメントを残すのみとなりつつある。これはこれでよい利用方法なので特に異論はない。
 インスタグラムは写真を投稿するのみである。そこに芸術性もメッセージ性もなく、ただフィルム写真時代に撮り溜めたものを少しずつポストしつつ、スマホで撮ったものを織り交ぜていくようには、している。

 では、やはりこのブログは当初の目的どおり、写真と創作物語で行くべきか、との結論に達するわけだが、いずれにせよ毎日更新はない。自分にノルマを課すのが死ぬほど嫌いであるから、やりたいときにやるのが一番であろう。



 この件で急に思い出したことがある。私には3歳年下の妹がいるのだが、その影響もあって少女漫画も好きである。当時、かなりの人気を誇っていた、そしていまだに完結していない美内すずえの「ガラスの仮面」は私も相当引きつけられたものである。作者が亡くなるまでに完結するのかどうかは「王家の紋章」と並んで興味をそそる点ではあるが、それはさておき、ガラスの仮面では演劇が主題となっている。物語の主人公は少女二人であるが、サイドストーリーのひとつに忘れられないほど記憶に刻まれた話がある。

 舞台に立つにあたってサブキャラクタの青年に与えられた役柄は仏像を彫る「仏師」であった。彼は役柄をどう演じるか迷った挙句、実際の仏師のもとで生活することにより演技の糧にしようとする。仏師はどこかで修行をするわけでもなく、普段は役場に勤めている。妻と子供を愛し、数日、数十日の間全く仏像を彫ろうとはしない。ただ、一日のうちのわずかな時間、木の塊の前に座り、じっとそれを眺めるだけである。

 彼は言う。日常の中にこそ修行はあり、それは特別な場所に篭ったからといって見つかるものではない。ただじっと、優しく日々を暮らしていく中で、木の中に仏が見えるときが来る。その時が来たら、あとは余計なものをどかしていくだけです、と。

 そしてある日、こう言う。


 「仏像を彫りましょう」

 そこから仏師は一気呵成に仏像を彫り始める。
 仔細な描写はなにしろ25年以上前に読んだきりであるから違っているかもしれないが、大まかにはこのような話である。そして、なぜこんなに記憶に残っているのか、それは当時このシーンが非常に脳裏に焼きついていたため、妹と二人で「仏像を彫りましょう」ゲームをやっていたからであろう。

 ゲームと言うほど大層なものではない。ただ普段どおりの生活を送るだけである。そしてどちらかがそのことを忘れた頃になって、ふいに鹿爪らしい顔で「仏像を彫りましょう!」と宣言するのである。不意を突かれて笑ったら負けである。今思い返してもなにがそれほど面白かったのかは謎である。

 横道にそれてしまったが、要するにこのブログを書くにあたっては、前もってメモしたり書くことをまとめたりはしない。仕事を終え、帰宅後PCのスリープを解除する時までに、書きたいことが思い浮かばないときは更新しない。これをルールとしたい。普段は無心で過ごすのである。書きたいことがあるならばおのずと書きたい欲求のまま綴ればよい。メモしなければ覚えていられないほどの文であるならば書かなくてもよいではないか。

 書きたいことが物語であるか、はたまた撮った写真に対する講評であるか、あるいはなにがしかの言いたいことであるかはそのときにならねば判らない。極端な話、1ポストにつき写真を必ずアップせねばならないと言う事もないだろう。なぜかいつのまにかそれをしなければいけない、といった強迫観念で更新がストップした時もあった。

 いずれにせよ、思い立ったが吉日、である。
 このブログ内においてだけは、最低限のルールを守る限りにおいて私がルールであり、自分のやりたいことをやればいいだけの話なのであった。



 

More
[PR]
by Telomerettaggg | 2016-01-07 04:10 | Zenfone5

今宵の桜

d0103236_04071130.jpg

 職場の敷地内にある桜が満開になっていました。
 今晩の雨で散ってしまうかも。
 仕事終わりで疲れた同僚たちは桜を見ることもなく足早に帰って行きました。もったいないなあ、という気持ちと、何かを愛でるためには体が疲れていても心が貧しくても難しいのだな、と再確認させられたような、そんな思いが交錯しました。





 お知らせ、というか今後の予定です。
 ブログというものはSNSと違い自分の好き勝手にできるところが気に入っています。もちろん法の許す範囲内での自由ですが、逆に不便なところは情報の一覧性に乏しい点です。

 以前から見てくださっている方には、そういえば同じことを前にもこいつ書いてなかったっけ?と思い出してくださったかもしれません。数年前に「長編の物語を発表するには不向きだ」と突然思い立ち、ホームページを立ち上げたことがあります。優先順位の選択がうまくいっていなかったそのときは途中で面倒になりやめてしまったという内部事情はさておき、物語の保管倉庫がわりに一覧性に優れたサイトの立ち上げを計画しています。SNS全盛の今、エキサイトブログにその兆候はみられませんが、いつブログサービス自体がなくなってしまうか予測できるものではありません。
 急に消えることはないにせよ、自分の中でこれは残しておきたいと思えるものの助長性を持たせる意味でも、別サイトを作っておこうかなと思います。

 できあがったらまたご報告させていただきますので、その際はよろしくお願いいたします。







[PR]
by telomerettaggg | 2014-04-03 04:18 | SO-03D

お休みします

d0103236_15012854.jpg

 インフルエンザ感染に伴う療養のため、月曜まで更新をお休みします。

 みなさんも、充分用心してくださいね。







[PR]
by telomerettaggg | 2014-03-07 15:02 | E PZ 16-50mm F3.5-5.

お知らせとお願い

下のエントリーで書きましたが、現在よんどころない事情により
福岡に引っ越してきました。
ネット環境がないのはもとより承知の上でしたが、
ついでに、調子の悪かった携帯の機種変更をしておこうと思いついたのが悲劇の始まりでした。

これまで使っていた携帯電話を、引越しの時のどさくさで無くしてしまったらしいのです。
そのため、手帳やネット上に保存していた一部の情報を除いて、
電話番号やメールアドレスがほぼすべて消えてしまいました。
それで申し訳ありませんが、またぼくと連絡をとってやってもいいぞという
奇特な方がいらっしゃいましたら、鍵コメントか、もしくは下記メールアドレスにて教えてくださいませ。
折り返しこちらからもご連絡させていただきます。

よろしくお願いいたします。


※メールアドレスは消しました。
[PR]
by telomerettaggg | 2009-09-06 20:49

Scarborough Fair


 数え切れないほど何度も各地を転々とした。200万を超える大都市であったり、2万人にも満たない、小さな街でも暮らしてみた。結果だした答えは、場所は何の変化ももたらさないということ。ほんの少し、それもはじめのうちだけ、気分転換になる程度か。


 どこに行くのですか?
 いつもあの呪文を忘れないでいてください
 そうすればあなたは私の大事な人になるのです


 たまに同じ夢を見る。
 そうやってアマデウスのように何度も何度も旅を繰り返し住む場所を変えることで、自分の才能が研ぎ澄まされ、人々の賞賛を受けている自分のことを。でも、アマデウス・モーツァルトの才能は旅をしたからではなく、元々備わっていたものなのだ、ということをすぐに知ることになる。


 ほんの少しの土地でいいのです
 そこに定住しないのですか?
 海の見える場所に住みたい
 そうすれば、あなたは私の大切な人になるのです


 逃げるようにその場を去るのか、それとも争いを避けるためにそこを離れるのか
 今となってはよくわからないことになっている。
 それでもいい。
 誰かに何かをしろ、と命令されない限り、僕はどこにでも行く。


 皮で出来た釜で収穫してください
 パセリ セージ ローズマリー タイム
 ヒースの束の中に収めることが出来るのなら
 あなたは私の恋人になるのです




 スカボローフェア
[PR]
by telomerettaggg | 2009-08-27 22:00

大波来てます




ここ数年は特に問題なかったんですが、6年ぶりくらいで、かなり大きな波が来ております。
しばらく更新できないかもしれませんがご了承ください。




 
[PR]
by telomerettaggg | 2009-01-20 12:41

使いまわしですみません

d0103236_19495279.jpg

というかサイズがでかいっすねこれ



 先週は引越しやあれやこれやの手続きで忙しく、更新もままなりませんでした。
 新しい部屋はレオ〇レスなんですが、インターネットは即使用可ということだったのに、実際は最初のログイン作業をしてから24時間は使えず、メールの確認をしたくてやきもきしていました。ま、携帯からできるんですが(Webメールなので)

 苦労したのがWiiの接続です。無線LANではなく、有線での接続を使用してるんですが、レオパ〇ス専用のネット回線「LE〇NET」(伏字にもなってませんが無視してください)はログインの際にIDとパスワードを要求してきます。しかしWiiにはそんなダイアログは表示されないので、ネットで検索しまくって裏技でなんとか使用可能になりました。

 さて、明日から仕事開始です。時間も休みも不規則な勤務時間なので、これまで以上に更新が不定期になりますがご了承くださいませ。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-12-15 19:57 | Nikkor 50/1.4 Ai-s

Bianchi Lupoの乗り心地

d0103236_1262886.jpg



 職場への通勤に使おうと思っていたのですが、工場では金属加工をしているせいで、駐輪場にも金属片が多数落ちていることに気付き、Lupoで行くのはやめにしたテロメアですこんにちは。おかげで走行距離はまだ30キロ。

 そんな短い走行距離なので、乗り心地云々についてはまだこれからなのですが、前回に引き続き、最初の感想など。
 巷でよく言われる「クロモリフレームはアルミよりも柔らかく、乗り心地がいい」という話ですが、アルミフレームのCanaff-CS2.4とでは仕様もタイヤも違いすぎるので、正直言って違いはほとんどわかりませんでした。フレームどうの、というより、タイヤのサイズとホイールの柔らかさのほうが乗り心地に影響するような気がします。

 Lupoと同時に購入したTOPEAKのサドルバッグ。
 
 
 ワンタッチで着脱できるということで選びました。リア用のLEDライトを装着するループもついているのが便利です。Mサイズにしたのですが、シートポストに干渉してしまい、強めに押し込まないと装着できないのが少し困りもの。サドルをかなり前に出しているからかもしれませんが。

 サドルバッグをつけたせいで、買ったときシートポストについていたリフレクタがつかなくなり、しかたなくリアフレームにつくものを買うことになってしまいました。わずか数百円の出費とはいえ、なんだかなあ。
 LEDライトでリフレクタも兼ねた商品はないのでしょうか。そしたらリアビュウもすっきりするのですが。


 乗車姿勢についてですが、当初かなりハンドルが遠いなあ、と感じていたのに、サドルを少し前に移動させることでかなり楽になりました。水平にするのが基本ですが、ほんの少しだけ前下がりにしたところ、さらに楽に。ペダリングもしやすいです。
 オートバイで、初めてセパレートハンドルのにまたがったときも、はじめはその前傾姿勢に慣れなかったものですが、それと一緒で、ドロップハンドルにも乗っているうちに慣れていくものなのでしょうね。まだ背筋が鍛えられてないからかも。いま軽い筋肉痛です。





 

お知らせ
[PR]
by telomerettaggg | 2008-11-30 12:36 | RICOH caplio R5

さて、どうしますかね

今日は写真なしで。


 わりとなんにでもおおらかに構えているほうです。周りの人が「ちょっと大丈夫なの?」と心配そうに言ってくるときでも、まだまだ、なんのこれくらい(やせ我慢ではない)とどこ吹く風です。
 
 たとえば、自宅から遠く離れた旅先で思わぬトラブルが発生してしまい、財布の中身が1000円になったことがありました。や、まあ、なんとかなるでしょ、とのんきに構えていたら、本当に何とかなりました。現地でバイトして無事帰る事ができたのです。まあ、半年後になっちゃいましたけど。

 今年は、わりといろんなことが身の回りに起きました。去年からの持込でヘルニアは相変わらず続いていますし、原付バイクで車に追突してしまうし、一年で3回転職しましたし、etc・・・

 でも、年末ももうすぐのこの時期に、まだまだありましたね、おい!ってなことが。


 仕事、リストラされましたw


 厳密には、今の職場には派遣社員として入っているので、リストラというか、意味合いはほぼ同じなのですが、要するに「うちの会社も不景気なので、社内の派遣社員は今月いっぱいで全員辞めてもらうけんね」という内容の通達を派遣元を通して言われた、ということです。

 もちろん、派遣元は違う派遣先を探す、とは言ってくれていますが、顧客は同じような業種ばかりなので、正直言って見込みはあまりありません。(悪意ある考え方をするならば、派遣元は転職しにくそうな条件の派遣先を提示して、こちらが断るように仕向けることもありえます。そうすれば、クビにするときには一ヶ月前に通達するかひと月ぶんの給料を支払う、という労働基準法に定められたルールを守る必要がなくなるからです)
 更に、いま住んでいるのは会社が用意してくれた寮なので、辞めるということになれば、家も探さなくてはなりません。


 やばいですよね?
 かなり切羽詰ってますよね?


 でも、実はあんまり困っていません。
 そりゃあ、大変なことは事実ですが、派遣社員として働くってことは、いつでもいらなくなったらクビを切られるってことなので、その点についての心構えはしていました。引越し費用を貯める前にクビというのは予想外でしたけど。4ヶ月しか働いてませんから。

 それでも、最悪の場合は前に住んでいた家に戻る、という最終手段も残されています。ルームシェアしていたので、まだ友人はそこに住んでいるんです。出戻りみたいで恥ずかしいですけど、それくらいは気にしてられませんしね。
 でも、せっかく住みたいなあと思って来た町なので、奥の手だけは残して、この町で生活できる手段を考えているところです。

 これと関係して、もうひとつ、ちょっと困ったことがあるんですが、それは次回書くことにします。ある意味想像もしていなかったので、自分で墓穴を掘ったとは思いたくないんですけれど・・・

 前にも書きましたが、「人生ってそんなに甘くないよ」という人もいるけれど、わりと甘いものですよ。なりふり構わず生きていく覚悟さえできていれば、日本で生活していくことは生ぬるくて簡単なことです。仕事の先行きが見えない不安から無差別殺人を起こしたりするくらいなら、まだまだほかに打つ手はいくらでもあるんですから。でも、同時期にボクとおなじ境遇に立たされる人が多数出てくるはずなので、また自暴自棄な事件が発生することは予想できます。繁華街や、周囲の状況には充分に気をつけましょう。日本も昔ほど安全ではなくなっていますから。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-11-16 20:13

サイト開設のお知らせ


 いろいろやってみようかと考えてもいたのですが、自分にそんな高等テクニックがあるわけでもなく、
盛り込みすぎればシンプルさを欠いてしまうことにも気付き、なにもない、そのままのサイトになりました。

 いまのところ、過去の物語は直接このブログのエントリにリンクする形にしています。
 なので、いろいろと文脈上整合のつかない部分も出てくるかと思いますが、笑って許してください。


 よろしくおねがいいたします。


 10秒前の創世記
[PR]
by telomerettaggg | 2008-11-01 09:03