TTAGGG

タグ:空想写眞 ( 151 ) タグの人気記事

カササギの巣の下で

d0103236_15525098.jpg




「あの枝の固まりはなに?」
「ん?」
「ほら、あの木の途中にあるやつ」
「ああ、カササギの巣のこと?」
「そうそう。へえ、カササギって言うんだ」
「君も見たことがあるはずだけど」

 カササギは、大きさ、姿形からするとカラスのようにも見える。
外見上はっきりと識別できる印は、漆黒の羽を持つカラスとは見まごうはずもない、くっきりとはいった白のストライプだ。
いつ巣作りしているのか、注意して見たことはない。枝を運ぶ姿を見たことはないような気もする。たぶん、そんなに注意してみる鳥でもないからかも知れない。この地方では、スズメやヒヨドリとおなじくらい、そのへんにいる鳥だからだ。

「どんな鳥なのかなあ。あたし見たことある?」
「きっと見てるはず。白黒模様のカラスみたいなのだよ」
「……あっ、パンダガラスのことかあ」
「なあにそれ?」
「あたしが勝手にそう呼んでるだけ。なんか、カラスがパンダの白黒に憧れて白を加えてみましたって感じだなと思って」
「熊がシャチに憧れて出来たのがパンダ、みたいな?」
「う~ん、なんかそれズレてる気がするけど」
「そうかな」
「そうだよ」

元来、カササギは九州から中国地方に暮らしているだけだったらしい。なんでも温暖化のせいにしたくはないけれど、近年は関東近辺でも見かけることがある、と聞いたことがある。
鳴き声は、拍子木を打ち鳴らしたような音。僕が暮らす地方では、その鳴き声からの俗称だろうか、カチガラスと呼んでいる。彼女のパンダガラスと大して変わらないネーミングではある。

川沿いの遊歩道から少しそれた道を、僕と彼女は二人で歩いている。
未舗装の、ろくに整備もされていない、寂れた道。うすぐもりの、風もない暖かな日。
歩きながら、彼女は不思議な行動を取る。理解も出来ない言動は昔から数え切れないほど見てきている僕は、それについて何も言わず近況などを聞いている。
話しながら、枯れた草の茎を折り取り、同様に茶色く縮んだ葉をすべて取り除く。棒状になったそれを落とす。それから、また草を折る。それを眺めながら、なにかの儀式だろうか、と僕は考える。
久しぶりに会う彼女は、都会で暮らしてなにが変わったのか、その外見からは全く想像もつかない。環境が変われば考え方も、ファッションも、次第に変わっていくもの、という考え方は、改めたほうがいいかもしれない。なにを考えているのかは、言動から全く読めないのは昔から同じなのだけれど。

「そうそう、カササギにはね、不思議な能力があるって言われていてね」
「へえ、どんなのどんなの?」
「うん、彼らが木の高いところに巣作りする年は、台風の被害が少ないんだって。」
「え~っ、じゃあ、低い時には台風バンバン来ちゃうんだ」
「科学的に実証されてるのかは知らないけど、そうらしいよ」
「ふーん、すごいねえ、ごみを荒らすカラスとは大違いだねえ」
「カラスも結構賢いけど」

カササギの巣を二人で見上げながら、じゃあ、今年はこの高さだから多分安心だね、と安心する。
彼らの姿は見えないだろうか、と辺りを見回すが、飛ぶ姿はおろか鳴き声も聞こえない。

あの巣のように、これから先どうなるのか、どうしたいのか、なにを望んでいるのか、すべて軒先に吊るした何かでわかるようにすればいいのに、と考える。自分の未来が知りたい、ということではない。先のことにあまり興味はないと言えば嘘になるが、知ってしまってどうする、とは思う。

「あれ、あたしが撒いたやつ、なくなってるよ」
「来るときにちぎってた草のこと?」
「うん。風もないのに、どこかに吹き飛ばされたわけじゃないよね」
「なくなると家に帰れなくなる?」
「いやー、あたしヘンゼルとグレーテルじゃないから」

カチカチ、と声がした。
見上げた先に、2羽のカササギがいた。
「あ、見てみて、パンダガラスだ!」
「だねえ」
「何か咥えてるよ、なんだろう?」
「君の撒いた草じゃない?」
「ほんとうにそうかも」

なにかを考え込むように、彼女は嬉しそうに笑っていた。
僕には判らない。なにかの願掛けだったのかもしれない。草を撒くことに、深い意味があったのかもしれない。一日のうちにビートルを20台見たらなにかいいことがあるかも、と喜んだ子供の頃の僕と同じようなものかもしれない。そう彼女に話すと、なんかそれズレてる気がする、と言われた。

 そうかもしれない。
[PR]
by telomerettaggg | 2010-10-04 15:55

ゼロの季節

d0103236_21144692.jpg




 生ぬるい言葉を吐き出しては、ため息をつく。
どうしてもなじめない歌や流行があるように、現実に付き従う隙をもらえなかった。行きたくはなかった旅行で、列車に乗り遅れたら、こんな微妙な感覚に襲われるのかもしれない。
 まさか、こんな、頭上から光を発しながら暮らす日々が訪れるとは、夢にも考えていなかった。
だがしかし、現実にこうなっているということは、誰かがそうなって欲しいと熱望し、それに従う人がいた、ということになる。
大半の人は現実を愚痴る、誰も望んでいない状態になるのが社会の常である、と言ってしまえばそれまでなのだが。
腹立ち紛れに、
「人でも殺したい気分だ」
と言うと彼女は
「殺せばいいんじゃない」
とこともなげに答える。ファミリーレストランでハンバーグを頬ばる彼女の頭の上には、赤い光で数字の(1)が浮かんでいる。つまり、この子は経験者なのだ。
「あなたもため息ばっかりついてないで、一度やってみたらいいのに」
つけあわせのフライドポテトにケチャップをたっぷりかけながら、付け加える。
「どうせ誰でもいいんだから」
まるでコンビニに雑誌でも買いに行けば、というくらいの緊張感のなさで言われたが、僕はまだどうしても受け入れることが出来ない。
また、何度目かのため息をつきながら席を立ち、トイレに向かう。背後からの
「あ、ついでにコーヒーお願い」
の声に追われながら男子トイレに入る。今では男性専用トイレも個室のみだ。当たり前だが、小用を足しているときは最も無防備な時間だからだ。
レーダ機能で、自分を狙ってくるものの存在はわかるものの、至近距離からしか反応しないので、気づいたときにはアウトになりかねない。不特定多数の人間が集まる飲食店や公共施設は、次々と改装して裏にも出入り口を設けたり、気の聞いた店ならトイレの出入り口も複数作ったりしている。いまや、集客の決め手はおいしさや安さにも増して、いかに逃走経路があるかというファクタも重要になっているのだ。この古い作りのレストランには、裏口がないにしては、比較的客の数は多いほうだと思う。
個室内に設けられた鏡で自分の顔を見る。頭上には緑色の(0)の表示。

客席に戻りながら周囲を見渡す。客それぞれの頭上にはめいめいの数字が浮かんでいる。座席の間を忙しそうに動くウエイトレスの上を数字もついていく。ほとんどの場合、それは(0)なのだが、中には(2)や(3)といった赤い数字を持つものもいる。法律上、彼ら彼女たちが罪に問われることはなく、あくまで合法的な行為ではあるものの、そこは人間心理として、危険なものから離れておこう、と皆が考えるらしい。近くの席は空いている。
ドリンクバーでコーヒを注いでいるとき、ひとりの客が入ってきた。と同時にすぐ横の席に座っていた(3)の男が慌てて立ち上がった。
ああ、少しでも心当たりがあるのならこんな逃げ場のない店に来なきゃいいのに。
(3)の男は転びそうになりながらもたった今入ってきた客とは反対の、店の奥へと賭けて行く。新しい客がその後を追う。
トイレ付近で悲鳴が聞こえた。追いつかれたか。
シャツを赤く染めたその「客」は唖然とした、あるいはまたか、とうんざり顔で事態を見守っていた店内の客に向かって
「お騒がせしました」
と礼儀正しくお辞儀をして、それから店を出て行った。当然、入ってきたとき(0)だった数字が、今は(1)にカウントアップしていた。

人を殺しても罪に問われなくなったのは、いつからだったか。
殺すことに関して、特に理由は求められない。殺したい人が出来たとして、そのときは一本の電話をかければいい。受付に殺したいものの名前と識別番号を告げ、その人間がこの国の国民であり、健康な成人である限り、ほとんどの場合申請は受理される。
許可を受けたものは、周囲を巻き込まない方法でのみ、相手を殺害することが可能になる。もちろん狙われる側の人間も反撃することが出来る。さっきのように、ほとんど無抵抗で殺されることは珍しい。よほど油断していたのか、死にたかったのか、今となってはどうでもいいことであるし、知りたくもない。
が、この法律が出来てから、たしかに国内の凶悪犯罪は確実に減った。殺されそうな身に覚えのあるものは震えながらどこかに身を隠したし、家族や恋人同士であってもいつ殺されるか判らない恐怖もありつつ、お互いの絆がより深まるケースも多々あるらしく、円満な家庭が増えつつあるという。
国内の成人の人口は文字通り半減してしまったけれど。
そうして、皆が所持を義務付けられた特殊な装置により、各人はその所在を監視され、合法的に殺したものの頭上には殺した数がホログラフで浮かび上がる。
つい先ほど、そこで殺人が行われたにもかかわらず、皆はもうそのことを忘れてしまったかのように食事を再開している。僕の向かいに座る彼女も、鮮血のように真っ赤なケチャップつきポテトをほおばりながら携帯をいじっている。ほら、こんな世界に僕は到底なじめないし、心底うんざりする。
彼女のほうへコーヒーカップを押しやりながら、僕は電話をかける。
「相手の名前と番号をお知らせください」
事務的なその問いかけに対し、向かいに座る彼女の名前を告げた。
どうやら、僕たちは、増えすぎたみたいだ。
[PR]
by telomerettaggg | 2010-04-08 21:16

記憶の記録の威力

d0103236_1931076.jpg




 記憶とはなんと曖昧で朦朧としたものなのか。
 フィルムかデジタルか、といえばデジタルそのものの記録方式で脳は記憶している。事実とは裏腹に、こうであったらいいのに、こんな過去はなくなればいいのに、と願う方向へと改ざんしてしまうことなどしょっちゅうなのだ。
 写真が記憶の手助けをしてくれる、とはよく言われる。たしかにある意味ではそうだ。一枚の写真を見て、そこから、そのときになにをしていたのか、どんなことを考えていたのか、思い出すことが出来る。
 上の写真を撮ったとき。今からほんの2年前のこと。
 短い夏休みを利用して、バイクで旅に出たときのこと。あいかわらずの無計画で、どのルートが走りやすいかも知らず、天城越えをしてしまったこと。休むタイミングを失って走り続け、数時間の仮眠ののち、未明の国道を走り続けたこと。

 突然バイクのエンジンが甲高い悲鳴をあげ、その場に止まってしまったこと。バイク屋が開いている時間であるはずもなく、営業中のコンビニや喫茶店もなく、途方にくれて、ただの金属の塊と化したバイクにまたがり、夜明けを待ったこと。猛スピードで走り抜けるトラックに向かってシャッタを切ったこと。
 蘇る記憶の列に巻き込まれて、その前の年に走ったことまで思い出したりもした。

 たぶん今もまだ実家に残っている一枚の写真には、幼いころの自分と弟が一緒に写ったものがある。
 写真の中では、ふたりともそれぞれ別の球団の野球帽をかぶっている。
 「そういえば、子供の頃は○○が好きだったよな?」と、今は違うチームが贔屓になった大人の弟に話しかけると、そんなことはない、ずっと昔からこの球団が好きだ、と言い張る。おそらく彼は、昔に撮った写真のことなどすっかり忘れているに違いない。そう思い、ほら、これを見てみなよ、と促しても、これは親が買ってくれたもので、別に好きだったわけじゃない、その頃から同じチームが好きだったんだ、とあくまで主張するのである。
 弟の中では、ファンを乗り換える、ということは自らの沽券に関わる問題だったのかもしれない。そのためか、自分の記憶すらも捻じ曲げている。

 あのね、弟よ、君がずっと好きだという地元球団は、子供の頃は「南海ホークス」という別の球団だったんだよ。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-10-04 19:54 | CANON LENS 50/1.4

夢で逢えたら

d0103236_13511292.jpg



 その夢を見たとき、少女はいつも泣いている。
 目が醒めると、目尻から頬に伝う涙に気づき、ああ、またあの夢を見たとわかるのだ。
 夢の中では、いつも同じ少年に出会う。実際の生活では会った事もない、見知らぬ顔。
 毎回同じシチュエーションというわけではなく、いろんなところへ顔を見せる。
 思春期独特の、愁いを帯びた目をこちらに向ける。白い、つるんとした肌。
 登校中のバスの中、帰りに立ち寄った本屋、ファーストフード。少年が見ている、と気付くたびに、少女の顔は紅くなる。
 これが実際のことだったなら、ストーカかと疑ってしまうところだ。しかし夢の中の少女は、これは夢なのだから、ということを自覚している。
 現実ではないのだから、安全。そう感じながらも、いやだからこそ、本当にあの少年がいてくれたらいいのに、と少女は切望しているのだ。
 悲しそうな目。友達はいないんだろうか。私が友達になれるだろうか。
 夢の中で、少女と少年は一度も言葉を交わしたことがない。いつだったか、冬の風が強い日に、雑踏の中でふと隣を見ると、並んで歩く少年の白い顔があった。
 背はそんなに高くないんだ。そう思ったのを覚えている。幾度となく繰り返した少年との遭遇としては一番の再接近だったにもかかわらず、お互いに一言も発することなく、夢から醒めてしまったのだ。
 
 夢の中で出合った少年に、現実でも逢いたいと思うなんて、自分でもどうかしている、とは思う。いるはずのない、幻想に胸を焦がすなんて、もうとっくになくなったと思っていたのに。





 

More
[PR]
by telomerettaggg | 2008-09-30 13:55 | summicron 50/2.0

回転

d0103236_19384197.jpg







 右か 左か





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-07-09 19:39 | RICOH caplio R5

七夕

d0103236_182444100.jpg







 「ねえ、今日はどこにもいかないの?」
 少しけだるそうな口調で彼女は尋ねる。
 震える指でタバコをふかしながら、そういえば今夜は七夕だったな、と思い出す。
 「べつに、どこにも行くつもりはないよ」と、無理にそっけなく答えて彼女の反応をうかがう。やはり不満そうだ。
 「あたしの浴衣姿見たくないのぉ?」
 それは見たい。けれど、七夕にはあまりいい思い出がない。夜店を歩いていて不良に絡まれたり(俺は喧嘩がからきし弱い)痴漢に間違われたり、走ってきた子供が狙いを定めたように手に持ったわたあめごと俺の胸に飛び込んできたり、毎回散々な目に遭っている。
 「どこか人のいない場所ならいいんだけど」こんな日はどこだって人ごみで溢れかえっているはず、そう予測して答えてみる。
 「ああ、それならうちのマンションの屋上で花火を見に行こうよ」
 乗り気な彼女の熱意に押されて、出かけることになった。

 ところで、部屋から屋上に上がるだけの行為は、外出といえるのだろうか。

 ビールや食べ物を買出しに出かけた先で、数々のイベントが待ち構えていることを、俺はまだ予測しきれていなかった。





 
 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-07-07 18:37 | Nikkor35-70/3.3-4.5

見守ってゆく

d0103236_2444878.jpg








 棒切れを振りまわして草花を倒していたころよりも

 水の中をじゃぶじゃぶとはしゃぎまわっていたころよりも

 じっと静かにあたりを見渡して

 夏の匂いをかみしめる今

 雨雲の渡る音が聞こえてきて
 
 もうすぐこのあたりも濡れてしまうだろう

 あと少しだけ見守ってみる

 草原へ行こう

 草むらはおいしげって すぐにあなたの姿を隠してしまう

 むんとくる香りに 一瞬ひるんでしまうけれど

 あとちょっとすれば そこはもうなにも邪魔できない

 二人だけの国

 




 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-07-06 02:53 | ADOX POLO1

毛利元就

d0103236_13471184.jpg







 いいか、お前達一人一人は、もろくて切れやすい一本のワイヤだ。こうやって引っ張ればかんたんに、

 むう、かんた、、、

 現代版三本の矢は、一本がもし折れたとしても、他の二本で支えるためのシステムなのだ。






 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-06-30 13:50 | Nikkor50/f1.2 Ai-s

ゆらう

d0103236_16502675.jpg






 影の中で樹は揺れ動いていた。
 どこかしこかで伝わる風のゆらう様は、まさしくその頭上まで伸び、針の一本にいたるまで微細な振動をもたらしている。尖り、突き刺さり、そして、ゆらう。
 自縄自縛するような、どこか、はたから見ればいやいやをするような身もだえに、必至になってそれを押さえ込もうとしたけれど、樹の蠕動は収まることを知らず、共鳴かはたまた同期か、ますますそのうねりは大きくなっていく。
 こらえきれない、そう感じて飛び跳ねた直後、樹はその根を自ら引き抜き、歩き始めた。
 限界まで揺らし続けたその幹には、無数の亀裂が走り、その腕の葉はことごとく地に舞い落ちている。そうまでしてその場所から、ここではないどこかへ向かいたかったというのか。
 
 自分の足で歩くことの出来る人には、わからない、彼らの感情。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-06-28 16:59 | Nikkor35-70/3.3-4.5

若葉のころ

d0103236_186269.jpg






 若葉芽吹く 草の葉茂る
 
 華奢な骨組み 透けて覗き見

 明日はいるのか 打たれて散るか

 鳥も毛虫も みえぬぞいるか

 やがて立ち消え 知る人もなく

 寄らば大樹の 陰いずこ






 

 
[PR]
by telomerettaggg | 2008-06-26 18:12 | Nikkor50/f1.2 Ai-s