TTAGGG

タグ:LeicaM6 ( 83 ) タグの人気記事

見あげて

d0103236_0574810.jpg

neopan400presto


 そこに作為はなかった。いや、ボクにはそんなことをするつもりはなかった、と言っておきたい。

 日差しの強い夏の午後、一緒に歩いていた彼女をふと見ると、なにかにおびえるようにして俯いている。

 「どうしたの?」

 聞いても、「あれ、あれが、、、」と上のほうを指差すばかりで要領を得ない。
 そこになにかあったっけ、といぶかしがりながら指差すほうを見上げると、そこには、大きなボウリングのピンがあった。屋根の上にそびえるピンは、そこがボウリング場なのだからあって当然なのだけれど、なぜ、それにおびえるのかボクにはさっぱり判らなかった。

 「ああいうね、普段ありえないような大きなものを見ると、ゾッとしてしまうの」
 「大きなもの、、、たとえば、○○屋の上に乗っかっている熊の張りぼてとか?」
 「そう、あれは、もう、だめ」

 そんなものが怖いだなんて、今まで全く知らなかったボクは、彼女が冗談を言ってるのだろうと思い込んだ。それで、ほんの少し意地悪を思いついた。
 「じゃあ、あれは?」
 ボクが指差した方をつい見てしまった彼女は、今まで聴いたこともなかった悲鳴を上げると、その場にうずくまってしまった。

 指差した方向には、高さ5mはあるマネキンが鎮座していた。

 それが原因で、その後1週間口を聞いてもらえなかった。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-08-09 00:58 | M-Rokkor40/2.0

陽は射しこむ 時は流れぬとも

d0103236_22544327.jpg

kodak T-MAX100

 
 いっぱいに流し込まれた液体のほとりに立つ

 射光がそれを照らし 空の模様を描きたてる

 なぜだろう どこかで見た景色なのか

 雲の流れる様に目を奪われて その中に沈みそうになる

 夏の気配はもうそこまで押し寄せて

 気づいたときには蝉の共鳴と鈴虫の合唱に心奪われている

 時を溜め込んで それを飲み込んで

 時は流れぬとも それを忘れることは出来ないことに

 気づいている 目を背けられずにいる
[PR]
by telomerettaggg | 2007-08-04 23:01 | summaron 35/3.5

方向

d0103236_1241956.jpg

neopan400presto nagoya


 指示されると逆らいたくなる気分

 由縁?無限?叱られちゃった?

 不合理な社会にさいなまれたゆえ?

 最悪の事態はそこから始まることに

 まだボクも気づいていないけれど

 なにかに歯向かうことでしか

 存在意義を認められない性分処分

 きっとそこに救いはないよ?

 そんなものを求めちゃいない

 半否定しつつ裏腹の事態

 自分で達した答えにNOを出す

 吊り下げられて あらわな姿さらして

 それを鏡で見て初めてどんな

 みっともないことしでかしたか知ってなお

 その状況にほくそ笑むんだ
[PR]
by telomerettaggg | 2007-08-01 01:30 | M-Rokkor40/2.0

魔方陣

d0103236_065225.jpg

kodak T-MAX100 kyoto


 そこに祈っても なにも呼び戻せはしないのに





=======================

※映画

ライアー

※本

ロミオとロミオは永遠に  恩田陸

太陽と毒ぐも  角田光代

ヒストリエ(4)  岩明均

鉄腕バーディ(16)  ゆうきまさみ

おかわり飯蔵(1)~(10) 原作・魚柄仁之助/作画・大谷じろう
[PR]
by telomerettaggg | 2007-07-30 00:16 | summaron 35/3.5

やぶれ

d0103236_17333011.jpg

neopan400presto nagoya


 破れた傘の綻びは なおせても



 
[PR]
by telomerettaggg | 2007-07-28 17:35 | M-Rokkor40/2.0

新旧同居

d0103236_1426749.jpg

kodak T-MAX100 kyoto

 新しいものと古いものが一体になっているところも、京都のいいところ。



=================


 少し前に書いていた、専門学校の試験を先週受けてきて、昨日通知が来ました。

 結果は、不合格。

 ちょっと悔しいのは事実ですが、これもまた現実と割り切るしかないですね。
 すでに就職に向けて気持ちを切り替えています。アルバイトの話もいただきましたし。





 
[PR]
by telomerettaggg | 2007-07-27 14:32 | summaron 35/3.5

部長の足

d0103236_0362749.jpg

kodak T-MAX100



 部活動やってます





 
[PR]
by telomerettaggg | 2007-07-26 00:37 | summaron 35/3.5

近くて遠い~向こう岸(3)~

d0103236_2403252.jpg

neopan400presto


 ずいぶん昔に見たドラマの話をしよう。

 悪魔の子、と呼ばれるその少年は、考え付く限りの策略を張り巡らして、同級生達を苦しめることを生きがいにしている。ボクが一番印象に残ってる場面は、こうだ。
 クラスメイトがすごく欲しがっているメダルを掲げたその少年は、交通量の激しい道の向こう側から、その同級生に向かって「欲しかったらここを渡って来いよ」と言う。どうしてもそれが欲しい同級生は、恐る恐る道を渡り始める・・・

 それからどうなったのか、それは記憶から抜け落ちているのでよくわからない。車に轢かれたのかもしれないし、後戻りしたかもしれない。

 ただ、自分だったら、どうするだろうか?と今でもふと自問してしまうのだ。
 それほどの危険を被ったとしても、欲しいものがボクにあるだろうか。
 一度渡りだしたら最後、もう後戻りすら出来なかったら。

 取捨選択を迫りながら対岸の灯火はボクの前に横たわる。
 それは近いようで遠く、遠いようで決して手の届かない場所にあるわけでもない。微妙な間隔を伴いながら見せるそれは、光る果実のごとく甘美な芳香を撒き散らしながら、こっちへおいでと手招きしている。 
 道は人生のようだとか、川の流れのように、などと使い古された言葉を語る気は毛頭ないけれど、そうやって選ばなければならないものが眼前にあるとしたならば、ボクは迷わず欲しいものに向かって一気に走りこみたい。たどり着けるかどうかは、まったくもってわからないのだけれど。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-07-21 03:07 | M-Rokkor40/2.0

そこに見えるもの ~向こう岸(2)~

d0103236_10494589.jpg

neopan400presto


 それはどこか、甘く、苦い思慕の感情にも似ている。

 はるか彼方にあるようにも思え、歩いていけばすぐじゃないか、とも思える。

 こうやって、私が立ち尽くして向こう岸を眺めるのは、それが過去に渡ってきた情景だからなのか、
 
 それとも、これから行きたいと強く願う憧憬からなのか、自分でもよくわからない。

 確かなこととして言えるのは、それははっきりと私の目の前に見えているものであり、

 近づけばスッと遠ざかる逃げ水のようなものではない、ということ。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-07-20 11:01 | M-Rokkor40/2.0

螺旋と月

d0103236_121318.jpg

neopan400presto


そびえ建つ塔と月の組み合わせは なぜか人の心を狂わす


=======================





 いつも眺めている月は、空のかなたにあるように見えるのですが、時たま大きく見えるときがありますね。
空気の屈折のせいだとか、目の錯覚で、地上近くにある月はほかのものと比較してしまうので大きく見えるとか、いろいろ言われていますが、どちらにしろこの日の月は、とても大きく見えました。

 少し先になりますが、8月28日は皆既月食が見られるそうです。
 今から楽しみにしています。
[PR]
by telomerettaggg | 2007-07-18 01:25 | M-Rokkor40/2.0