人気ブログランキング |

TTAGGG

(再掲)オリンピック

d0103236_1815034.jpg


 リアルタイムに起こっている事象についてはめったに触れないことでおなじみの当ブログですが、オリンピックのことなど少し触れてみます。
 書いたかどうか忘れましたが、僕の部屋にはテレビがありません。転居前の部屋にあったものは会社の寮としての備品だったので、そのまま買うこともなくすでに4ヶ月が過ぎようとしています。ちなみに洗濯機もありません。
 テレビがなくて、深夜アニメやタモリ倶楽部など、マニアックな番組が見られなくなることに対する残念な気持ちはありました。やはり見たくなるのだろうなとも思っていましたが、あにはからんや、ないならないで特に困ることもありません。
 特に、先月末にようやく光回線が開通したので、動画もスムーズに見られるようになってからは、テレビ不要と相成りました。
 狙ったわけでもなく、光回線の開通日が7/28だったのですが、ちょうどその日からオリンピックの主要競技が始まるということで、自分の好きな自転車競技を観戦しました。
 ネットストリーミング放送は、日本語での解説や字幕などはいっさいなく、現地の国際映像のみなのでナレーションやテロップに慣れた人ならもの寂しく感じるかもしれません。
 僕は逆にこっちのほうが新鮮に感じました。解説はなくても充分楽しめます。
 というより、民放の(最近はNHKもですが)声を張り上げる解説者、あれがどうも好きになれないのです。古くは古館一郎のマシンガントークF1中継にはじまり、世界陸上で妙に熱くなってる人など、自分の感動や興奮をこっちに押し付けないでくれよ、と思わせる圧迫感が苦手です。
 稲中卓球部で前野だったかな、ドミノを並べる生徒に向かって「お前らそれ並べて、並べ終わったら感動するんだろ?無事成功したら泣くんだろ?」と言うシーンがありますが、それに近い感覚です。
 酒飲むんなら騒がなきゃ、みたいな考え方にも通ずるのかもしれません。
 
 僕は、酒は静かに飲むのも好きだし、スポーツ観戦は待ったり見ながら、自分の好きなタイミングで興奮したいし声を出したい。
 その点で、ある意味淡々と中継されるストリーミング放送は僕好みであり、あ、もうこれならテレビはいらねえや、と結論づけるしかないわけです。

 あれ、オリンピックの内容についてはほとんど語ってないや。
by telomerettaggg | 2012-08-08 18:26