人気ブログランキング |

TTAGGG

(再掲)温泉苦手

d0103236_18503036.jpg


 現在住んでいる町は古くから温泉地として栄えた歴史ある土地です。
 逆に言うと、売りとしては温泉しかないという地方都市にはありがちな鄙びたありふれた場所ではあります。そういうところは嫌いじゃないですし、このままでいいと思っています。
 変に売りになるものを作って一過性の観光客が来たとしても、街のよさが引き立つわけでもないでしょうし、住みにくくなる可能性もあります。人口が減少している状態で、どの街も栄えるなんて都合のいいことが怒るわけもなく、過疎地として廃村になるか、合併して生き延びるか、そういった方法でしか街は残らないでしょう。

 都会に住んでいた夫婦が老後は田舎で暮らしたい、と考えて引っ越すケースもあるそうですが、よほど事前に調査しておかないと酷い目に遭います。車がなければ生活できませんし、重病にかかれば都市の大病院に行かねばなりません。
 若いうちに田舎に住んで、歳をとってからは都会に住むほうが理にかなっていると思うのですが、現実にはその逆になっています。不思議なものです。
 僕は若いとも年寄りともいえない中年に差し掛かりましたが、田舎に住むことについてはなんら異存はありません。でも、熱いお風呂が苦手なので、温泉に一度も入ったことがありません。
 それだけが、もったないないところではあります。
by telomerettaggg | 2012-08-20 19:01