TTAGGG

カテゴリ:FA43/f1.9 Limited( 35 )

ゆった

d0103236_1941501.jpg



「俺は生まれてこのかた嘘と髷はゆったことがないから」というヤツにあったことなどない、たぶん。





_ _ _ _ _ _ _

※映画(DVD)

最終兵器彼女
日本沈没


※本

猫の建築家 森博嗣・佐久間真人
都市伝説セピア 朱川湊人
失はれる物語 乙一
わにとかげぎす(2) 古谷実
BLEACH(26) 久保帯人
ホーリーランド(14) 森恒二
[PR]
by telomerettaggg | 2007-02-04 19:49 | FA43/f1.9 Limited

メモ魔ではないですが~読書の冬その3~

d0103236_21371334.jpg

PENTAX K100D+FA43mmF1.9 Limited


 この話をすると皆さん一様に驚かれるのですが、私は小学校高学年くらいから、鉛筆・ペンシルの類で字を書いたことがほとんどありません。使うのは専らボールペン(しかもインクは青)で、授業中のノートもそれでとっていました。数学の計算式ですら、書き直しを棒線で消して書いていたほどです。筆圧が異様に強かったせいで芯が折れてしまうのを嫌ったのと、右手が黒くなってしまうのが我慢できなかったからなのでしょう。

 今も字を書くのはボールペンと、あとは軽く持って書くことをようやく覚えたので、万年筆を使ったりしているテロメアですこんばんは。


 以前住んでいた町では、懇意にしている古本屋さんがありました。足繁く通っているうちに店のご主人と仲良くなり、お茶をいただきながら本や、その他世間話などをする仲になった頃、なるべく読んだ本のことを書き留めてみるといいよ、と教えてくれました。そして簡単な感想を書いておいて、一年の終わりにどの本が一番気に入ったか、挙げてみるのだそうです。

 たしかに、読んだはいいですが内容を全く覚えていない、では悲しいものがあります。それでそのときから読んだ本は手帳に書き留めることにして5年ほどになります。

 タイトルと作者名、それから感想を数行でもいいので書いて、最後に5段階で自分なりの点数をつけます。(3)なら読むに耐えうる、(5)は感動に打ち震えた、非の打ち所がない、と感じた本につけます。
 ちなみに、(1)は読む価値なし、(2)は駄作、(4)はすごく面白い、けどすべてに満足というほどでもない、といった感じでつけています。微妙な作品には3.5とか。0.5段階で採点するのなら結局10点満点では?とも思いますが、そこは見逃してくださいませ。
 
 しかし、100冊程度読んだ中で(当然自分が好きそうな本を選んでいるのですから)(2)以下が出ることはほとんどありませんし、(5)も1年で2冊出たらいいほうです。

 ちなみに、去年読んだ中で(5)をつけたのは伊坂幸太郎の「終末のフール」ただ一冊のみでした。もちろん2006年の1番です。


 読んだときにはそれほど面白く感じなかった作品があるかもしれません。でも、再読してみるとまた違った印象を持つこともあるのが不思議です。先ほどの古書店の主人が言うには、作家がその作品を書いた年齢に自分が成ってみてはじめて分かる事もあるんだよ、とのことでした。
 改めて読み返してみて、最初に読んだときに書いた本の感想をみて、「自分はこんなことを感じていたんだな」と思い返すのもまた読書の楽しみ方ですね。


 そういう具合で、買った本を捨てることがまずないので、本の増殖度が「もんじゅ」並みなんですよ・・・
[PR]
by telomerettaggg | 2007-02-02 22:07 | FA43/f1.9 Limited

繋がれていても

d0103236_22242729.jpg

PENTAX K100D+FA43mmF1.9 Limited kuwana/mie



 いつかは空も飛べるはずだから
[PR]
by telomerettaggg | 2007-02-01 22:35 | FA43/f1.9 Limited

はかりしれない

d0103236_4292195.jpg




 それが大切なものだったと 終わってから気づくことばかり
[PR]
by telomerettaggg | 2007-01-30 04:31 | FA43/f1.9 Limited

メモリーズ

d0103236_10344331.jpg

PENTAX K100D+FA43mmF1.9 Limited nagoya




「あの」ことを過ちだったなんて思わないでください

 足早に歩いて 遠ざかろうとしないでください

 ボクにとって それはとても素敵な思い出なのです

 たった数日間のことだったけれど

 それだけでもうなにもいらないくらい

 他のすべての記憶を消去されても構わないくらい

 鮮やかに ボクの記憶を占領しているのです

 あなたにとってそれが一瞬の気の迷いだったとしても

 それが心のゆらぎだったとしても

 ボクにとっては とても大切なあの日の思い出

 諦めも戸惑いもないまぜになった 冬の記憶
[PR]
by telomerettaggg | 2007-01-23 10:42 | FA43/f1.9 Limited

所詮只凡庸知って泣いて

d0103236_21205949.jpg




 自分がいかにたいしたことないかを受け入れてからこそ広がる世界もあるんだよ
[PR]
by telomerettaggg | 2007-01-18 21:23 | FA43/f1.9 Limited

最近見た映画(DVD)

d0103236_21325154.jpg

PENTAX K100D+FA43mmF1.9 Limited oasis21/nagoya




 今は全くといっていいほどやっていませんが、学生時代はわりとスポーツをしていました。
 とはいっても、部活は入っていませんでしたが、なにしろ田舎の高校でしたので、どのクラブも人数不足、大会があるたびにスポット契約(ラーメンとか)で陸上部や野球部のメンバとして参加していました。
 ただ、私の身長は160そこそこなので、野球などのチームプレイならばさほど影響はなくても、陸上競技ではかなりのハンデになっていました。
 100mのタイムが11秒フラットとはいえ、横を見れば170センチ以上の選手ばかり、できればボクシングや柔道のように階級別にしてもらえないかなあ、でも、そんなことを言うと年齢も加味する必要があるし、もっと突き詰めていけばそのうち「右足の小指に魚の目があるひと別」とか細かくなりすぎるからダメか、などと下らぬことをその当時考えていたことをふと思い出したテロメアですこんばんは。ちなみに今は右膝靭帯断裂で走ることすら出来ませぬ。



 マクラが長くなってしまいましたが、最近は映画館に行ってまで見たいと思う映画が少なくなりました。
 なぜ観にいかなくなったかというと、お金を払って観にいっているのに、映画と何の関係もないCMを延々と見せられるのが我慢ならないからなんです。
 一番近いところで去年の7月に公開された「ハチミツとクローバー」通称ハチクロを観に行ったのが最後です。どうしても見たいと思っていたので初日、しかも10時からの初演でした。

 今月12日にハチクロのDVDが発売されたので、さっそく購入しました。自室に100インチ程度で見ることの出来るプロジェクタがあるので、鑑賞しましたが、やっぱり自宅はいいな、、、ではなく、内容は一度観ているものの、最後のシーンではジーンと来てしまいました。

 一時期ハリウッド映画ばかり観ていた時期もあったのですが、あの故意ではないかと思える過剰な演出、アクションの数々というものは、あまり立て続けに観るものではないですね。食傷気味になってしまい、今はその反動か、邦画ばかり見ております。

 エリ エリ レマ サバクタニは浅野忠信や宮崎葵が出ているわりに、あまり宣伝もされず知らない方が多いのですが、かなり強烈です。ラスト付近の空の青さに「これぞ映像美」とうならせるものがありました。

 それから、待望の映画「笑う大天使(ミカエル)」がDVD化したのでこちらもすかさず手に入れました。
 私が好きな漫画家の一人、川原泉の原作なので楽しみにしていたんです。のだめカンタービレやスイングガールズで有名になった上野樹里も出ていますし^^
 内容は、というと、まだ観ていません。

 映画はやっぱり、休日ゆったりとくつろぎながら観るものだなあと思っていますが、皆さんはいかがですか?

 
[PR]
by telomerettaggg | 2007-01-17 22:18 | FA43/f1.9 Limited

届くかな?繋がるかな?

d0103236_20444995.jpg



 もう知っていると思うけど ボクはキミのことが好きだよ

 キミの優しいまなざしにずっと晒されていたくて

 その柔らかい手に触れていたくて 

 こうしてボクはここに立っている

 時々 ちょっと不安になるんだ

 キミから与えられてばかりで ボクは何も返せていなかったんじゃないかって

 そう言うとキミは 

 ただ傍にいてくれさえすればいいの

 そう答えてくれたね

 滑らかな夜の虹の中で

 光を待ちわびながら

 誰もいない世界で

 ボクを待っている

 明かりはすぐそこまで

 足元まで 

 ボクの道しるべを

 君のもとへと続く道を

 照らし出そうとしている




d0103236_20553924.jpg


 

More
[PR]
by telomerettaggg | 2007-01-15 21:05 | FA43/f1.9 Limited

あと2年待つのだ

d0103236_1057121.jpg



 人通りから少しだけ離れた場所に鎮座していたその牛さんは

 角の上に5円玉を乗せられたりしてちょっとだけユーモラスだったけど

 ほんとはね 心の中でちょっとだけ

 俺の干支は来ないかと 待ち遠しくて寂しそう

 もうちょっとだけ 待っててね

 その前にズルして一番乗りに神様の前に出たネズミさんの年が来るからさ
[PR]
by telomerettaggg | 2007-01-10 11:03 | FA43/f1.9 Limited

同居人

d0103236_0303121.jpg

PENTAX K100D+FA43mmF1.9 Limited nagoya


 11連休も終わり、明日というより今日から仕事です。とはいっても夜勤から始めるのでこれから朝まで起きていますし、気分的には明日のような気がするテロメアです。なにがなんだか。

 私が現在暮らしているのは借家です。住み始めて1年と少しになりますが、何件も不動産屋巡りをして探しただけあって、築年数は30年と古いものの、周りは閑静で部屋数も4部屋ある一人暮らしには充分すぎるほどの広さがある家なのです。

 とは言っても、一人でここに住んでいるわけではありません。友人とホームシェアという形で借りているので、当初は2人で暮らし始めました。友人=男性です。(仮にK君としておきます)
 それから半年ほど経ってから、私の友人が住む場所を探しているということで、半年の期間限定で一緒に住むことになりました。私の友人=男性です。(仮にIさんとしておきます)
 
 その彼も年末に約束どおり出ていき、元の2人に戻ったと思いきや、現在3人。
 そのわけは、K君に彼女ができて、その彼女も一緒に暮らし始めたからなのです。
 彼女=女性です、当然。

 もちろ彼らは同じ部屋で暮らしているので、年末までの男3人よりかは部屋も空いて物理的には暮らしやすくなったのですが、精神面では、やはり。それなりに気を使ってしまいますしね。
 当の2人はほとんど気にしていないようなので、まあいいのかな、とは思いますけれど。

 頭の中では3人の仮想人格がひしめいている中で、 
 ちょっと不思議な同居生活が現実でも始まっています。




 
[PR]
by telomerettaggg | 2007-01-08 00:47 | FA43/f1.9 Limited